2009年11月22日

プロと大学、引き分け=セ、パ60周年記念試合

またも中10日のエントリー。でも今日はFM絡みで超特ダネが!
 プロ野球セ、パ両リーグ誕生60周年記念試合のNPB選抜−大学日本代表は22日、東京ドームで行われ、1−1で引き分けた。
 26歳以下のプロを中心に構成されたNPB選抜は一回、先発斎藤佑(早大)を攻め、2死三塁から新井(阪神)の右前打で先制。大学日本代表は六回1死一、三塁から多木(法大)の適時打で追い付いた。
 ともに9投手の継投で、NPB選抜は再三の好機を逃し、規定により九回で引き分けとなった。[2009/11/22-17:43 時事通信]

大学 000 001 000 1
選抜 100 000 000 1
【大学】斎藤佑(早大)、乾(東洋大)、沢村(中大)、東浜(亜大)、中後(近大)、大石(早大)、野村(明大)、西嶋(明大)、菅野(東海大)−小池(青学大)、小林(同大)、杉山(早大)
【プロ】前田(広島)、大嶺(ロッテ)、平野(西武)、金刃(巨人)、久米(ソフトバンク)、大隣(同)、唐川(ロッテ)、由規(ヤクルト)、山口(横浜)−銀二朗(西武)、嶋(楽天)

セパ誕生60周年を記念して行われた今日の試合。
深澤さんによれば,元々はオールスター休みの期間に12球団の本拠地で,各地区の大学リーグ選抜(例えば広島vs広島六・中国・四国大学連盟選抜)の試合を同時間一斉プレイボールで試合を行う計画だったものの,巨人の反対にあってこういう形での開催に至った。
東京には2球団あり,ヤクルトが神宮球場を本拠地とする以上,ヤクルトが東京六大学選抜で,巨人は(実力的には上と断りながら)東都大学選抜となってしまうからと。集客を考えると斎藤と試合がしたいがために計画は頓挫した…と。

個人的には,田中将大・坂本勇人・前田健太・大嶺翔太らと同級の昭和63年組は本当に逸材揃い!早くも来年のドラフトは超豊作と言われているのにも頷けます。中でも中央大の沢村にはまさに「名は体を表す」ような印象を受けました。

あと星野が五月蝿く喋っていたけれど,一つだけ頷けたのが,新井の打席で,代表経験を次世代に伝えるということ。
確かに向こう3年間本格的な国際大会の予定は無い。北京で苦汁を舐めた選手も代表から退いていく。
その意味で2011年オールスター開催の代わりに計画があるという日韓戦。これを秋のアジアシリーズ地元開催を懸けた真剣勝負の場にしていくってのはどうなのかな?!って。投手起用はWBC方式の球数制限で,引き分け無し無制限。これなら真剣勝負になるんじゃないかって。
秋のアジアシリーズを制した国が翌夏の日韓戦開催権を得る―。こんな事を中継見ながら考えました。

話をFMに戻しましょう。
秋から調子を落とし評価を下げつつある斎藤。これだけ逸材犇くと他の球団は戦略を変えてきそうな感も。それでも深澤さんは,今は早稲田のコーチのせいでファームがバラバラになって調子を落としているものの「ヤクルトは来年斎藤1位で行きます」と断言。

人気か実力か。過去には抽選で荒木大輔を外した巨人が斎藤雅樹を指名した年もありました。果たしてどうなるやら??

あとU-26選抜監督を務めた高田監督は明治の農学部出身で,昔は野球部ほとんどが農学部だったのに,今は一人も居ないくらい,学部のレベルが上がっているそうで,高田監督の自慢らしい。

とまぁこれも置いておいて・・・
巨人・高橋尚成のFAの話からとんでも無い方向へってのが本題。

元々尚成は原監督と反りが合わなかった。
今シーズンの防御率2点台も原監督が早めに交代させて後続が抑えたから。
かつて横浜側から多村仁と内海とのトレードを持ちかけられたが,原監督が断る。尚成となら応じると言ったら,横浜側が断り,結局ソフトバンク・寺原との交換に落ち着いた。
(メジャーで通用するかはともかく)10勝投手が抜けたのは事実で,山口鉄也を先発に回す構想がある。


その山口の穴を埋める為に名前は言えないけれど,ヤクルトとのトレード話を進めている。小谷(正勝2軍投手コーチ)に見てもらえれば,8回山口の穴は埋められそう。

マジで?????
実績からすれば石井弘寿しか有り得ないが,故障の問題があるし,何より小谷に見てもらうに該当しない。同じく賢さんも術明け。高井は野手に転向した。
となると残りは村中・加藤・岡本・八木・日高・赤川。でも2年目って実質トレード不可だったはず。
となるとあのK藤が第2の山口になれるだけの逸材ってこと?????
実現云々よりも育成出来ない首脳陣の方がショックだわ。


明日はファン感です。ぼちぼち更新します!
東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | at 19:25 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック