2009年06月08日

*東京ヤクルト 4x-3 北海道日本ハム

F 000 000 300 3
S 000 003 001x4
石川60/3,松岡1,H五十嵐1,○林昌勇(1-0)1−相川

昨年6/23以来のサヨナラ勝ち!しかも同じく決めたのは武内!!勝利のミルージュも絵になるね!!!

久々のサヨナラで超興奮なんだけれども,本来ならば石川がキッチリ抑えて勝たなければならない試合!援護してもらった直後突然崩れ非常に印象を悪くした。こんなピッチングが続くようでは名実ともエースの称号は館山へ移ってしまうぞ!自身もベンチで大いに反省したことだろう。次回背水の陣に期待したい。

2−3から粘って同点タイムリー含む4安打大当たり&浩康のライト前へ抜ける当たりに飛びついてヒットを阻止された守備で魅せた田中賢介。芸術的右打ち健在の二岡。7回・8回素晴らしい投球の菊池。さすが首位を走るチーム。秋に対戦の可能性があるだけに手強い印象をもった。

さて試合序盤は昨日と全く同じ早い展開―。
対日本ハム戦連続無得点を26イニングで止めた6回裏。福地の粘りに粘っての出塁(左安)と盗塁。糸数も精神的に参ったことだろう。そして大きかった無死1,2塁からデントナの四球。併殺か三振を覚悟しただけに,よくバットを振らずにボールを見た。
無死満塁からガイエルのセンター前2点タイムリー。石川の出来からしてこの時点で勝利を確信したのだが・・・

同じく無死満塁から登板したマツケン。浅めのフライと三振というセオリー通りのピッチングで二死までこぎつけたが・・賢介の方が一枚上手だった。松岡の自責ではないし。その後のハム側の投手起用を考えると同点で止めてくれて助かった!

9回表はあのWBC決勝以来となる同点でのマウンド林昌勇。どうも良い印象はないのだが,アウトは全て武内が処理。これなら心配無用!

9回裏。代わった建山の初球。相川の打球は坪井の頭上を越えツーベース!!延長など考えない!正捕手・相川を代えてまで勝負に出た高田監督。代走にはこの人が残っていた飯原!
武内の当たりはまたもレフトへ。ホームはタイミング的にどうかな!?って感じだったが,さすが誉士!悠々セーフだった。
糸井に代打・二岡が出た関係で,森本がセンターに回っていたのも幸いしたかな?!森本・糸井・稲葉の強肩外野陣だったら・・・
ガイエルが左も苦にしなくなったということで,めっきり出番の少なくなってる飯原。そろそろ打席も見たい気もするが?

昨年は結局最初で最後だったサヨナラ勝ち。今年はこれが最後なんて止めて欲しい!そしてサヨナラ男を襲名だぁ!武内!!

なんで昨日じゃないの!?ってのは心の中に・・・
東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | SWALLOWS | at 22:50 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

決めたぜ武内!燕今季初のサヨナラだ!
Excerpt: 【 対日ハム4回戦(2勝2敗) 神宮 】北海道 0 0 0 0 0 0 3 0
Weblog: See-Saw-Game
Tracked: 2009-06-09 00:18