2009年04月11日

*東京ヤクルト 3-0 横浜

S 300 000 000 3
B 000 000 000 0
○一場(1-0)5,H押本1,H松岡1,H五十嵐1,S林昌勇(3)1−相川

横浜先発・グリンの立ち上がりを攻めて3点を奪ったスワローズは,先発・一場から5人の継投で完封勝ちしました…よくあるニュース原稿だけでは済まされないような内容の濃い試合でした。。。

とにかく今日は移籍初登板・初先発の一場!これまで石井一・五十嵐・高井とノーコンピッチャーを見てきましたが,一場も前評判通りでしたわぁ。。

内容は以下の通り。
1回裏:中安・左安・三ゴ・三併
2回裏:四球・右安・三邪・三併
3回裏:死球・二ゴ・四球・三併
4回裏:死球・三振・一失・三振・三振
5回裏:中安・三振・四球・二ゴ・三ゴ

とまぁ先頭打者をキッチリ出して毎回セットからの投球。15秒ルールとやらがあるから集中できないの??!
そして毎回一死1,2塁のピンチを招きながらも,3イニング連続併殺!!!4回はデントナのエラー,5回は慶三の送球が逸れた為に併殺こそならなかったが,当たり的には完全な併殺コースという内容。。

昨年楽天で1つも勝てなかったのはサードがフェルナンデスだったから?!サードに名手・宮本が守っている。このことが,どれだけ一場を救ったことか。
これがデントナ・畠・飯原・宮出あたりだったら・・・考えただけでゾっとします。。

それでも4回からアウト4つが全て三振。ストレートの威力とフォークのキレはあるんですよね。

先週のファーム湘南戦は5回102球,被安打3,奪三振3,与四死球8の2失点(自責1)。そして今日の横浜戦が5回87球,被安打4,奪三振4,与四死球6で無失点。

野村監督だったらコントロールが悪すぎて話にならん!などとボヤキまくったことでしょう。それに序盤で見切って最初の打席で代えていたかもしれません。

一方高田監督は
「(初登板初勝利の一場投手は)5回をゼロだからいいんじゃないですか。台所が苦しいところで抑えてくれた。ランナーを出しても粘り強く打ちとっていた。何かをつかめばいい。可能性を感じている。次にいいものが出てくるんじゃないですか」

となんとも温かいコメント。台所事情が苦しい中チームを救ったのは紛れも無い事実!そして移籍後初登板で白星もついたのは運だけでは無いはず!!

来週は学生時代輝きを放った神宮球場での先発マウンド!今日素晴らしいピッチングをした前田健太相手というのは不安だが,神宮でどんなピッチングを魅せるか注目したい。評価はそれからでも遅くないだろう。

ヒーローインタビューでは
「(初先発初勝利で)去年ずっと勝てなかったので素直にうれしいの一言です。(今日は)特に緊張感はなかったが、先に3点取ってくれたので緊張もほぐれ、(腕を)思い切って振っていこうと思いました。(ランナーを出したが粘りの投球で)これが持ち味なんですけど(笑)、野手の方に申し訳ないと思いました。(この勝利で)去年勝てなかったぶん、最初に1勝できて、スワローズの一員になれたかなと思いますが、内容がよくなかったので次頑張りたいと思います。(次の登板では)フォアボールを出すのは昔からなんですが、もっと強気に攻めていきたいと思います。(スワローズファンに向け)ヤクルトスワローズの一場です! 今後ももっと勝っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!!」

四死球が「持ち味」とビックマウスぶりも発揮した一場。野村監督の前では口が裂けても言えないような禁句だと思いますが,それをこうしてヒロインの場で出せたというのも,一場にとって非常に意味あることだと感じます。

サードで再三の好守連発と声をかけた宮本。苦心のリード+サッカーのゴールキーパー並みのキャッチングの相川。二人が本当に一場を助けてくれたと思います。感謝です。

スミ3ながら,押本−松岡−五十嵐−林昌勇のリレーも決まり,森岡にも移籍後初安打が出るなど,6回以降は非常に満足な試合運びでした。

福地も完全にふくちょうしてきたし,今日の相川の4タコは文句言えないでしょう。

気掛かりは絶不調浩康・デントナの膝・青木の得点圏か。
特に浩康!どうした!?セカンドの守備は健在だからどこか痛めてるということは無さそうだし。。淡口・佐藤両コーチ早く治して!!
| Comment(4) | TrackBack(1) | SWALLOWS | at 22:00 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
疲れた〜〜
毎回、初回ランナーで見てるこちらが疲れましたよ。
一場。
制球が無くピンチに弱いと聞いていたのですが、そこまでではないですね。
スワローズは制球難の投手が中心ですのでこれくらいはファンは慣れています。
ピンチを背負いながら切り抜けたのはよかったのですが、先頭を出すのはいただけない。
次回登板も確約済みですし、なるべく先頭は出さないようにしていただきたいです。
Posted by hiro at 2009年04月12日 00:32
>hiroさん
先頭をヒットならまだしも四死球で出しちゃうのは,首脳陣も,守る野手も,そして見守るファンもハラハラドキドキしますね。。
でも一昨年の遠藤−木田−花田−高津リレーという注射を受けて以降,心臓や胃にしっかりと抗体がついたような気がしてます(笑)
アレに比べたら一場なんて全然痛くも痒くもありませんよ!!
Posted by マーサ at 2009年04月12日 10:54
読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
Posted by なお at 2009年04月16日 22:22
>なおさん
そう仰って頂けて嬉しいです!これからも宜しくお願いします!!
Posted by マーサ at 2009年04月17日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヤクルト一場!移籍後初登板初勝利!
Excerpt: 【 対横浜2回戦(1勝1敗) 横浜スタジアム 】東 京 3 0 0 0 0 0
Weblog: See-Saw-Game
Tracked: 2009-04-12 01:29