2008年11月16日

巨人2軍内野守備走塁コーチに勝呂氏招聘

「育成の巨人」(笑)からこんなニュースが
 若手育成に力を入れる巨人が2軍内野守備走塁コーチに四国IL・香川オリーブガイナーズでコーチを務めている勝呂寿統氏(45)を招聘(しょうへい)することが14日、確実となった。勝呂氏は88年にドラフト5位で巨人に入団。主に遊撃手として活躍し、守備力の高さに定評があった。92年にオリックスに移籍し、近鉄を経て99年に引退した。引退後は近鉄で00年から2軍内野守備コーチを担当、03年からはダイエーの1軍内野守備コーチに就任し、チームの優勝に貢献した。
 巨人は今季、2年目の坂本らが1軍に定着し、フル出場。次なる若手ホープの育成に期待が懸かる。福王コーチが退団し、空席になっている1軍内野守備走塁コーチは伊原ヘッドコーチが兼務する予定。日本一奪回を目指す来季スタッフの陣容が固まった。

信濃GS初年度野手コーチ勝呂氏が,な,なんと巨人軍の二軍守備走塁コーチに招聘とのこと。ここでもその力量を褒めましたが,まさか「育成の巨人」(笑)からお声がかかるとは・・・
これほどまでに素晴らしい技量をもったコーチが信濃に居たというのに,反りが合わなかったと言われる木田前監督も(笑)モノです。

で,そもこれを記事にしようと思ったのは,今日絶妙なタイミングで,深澤さんのFMで話題になったのが小谷正勝コーチの話だったからなんです。

内海を筆頭に,山口・越智・東野の台頭は,本人は謙遜するものの,この小谷二軍投手コーチの指導が大きいとのこと。
原監督を筆頭に40代〜50代前半の若いスタッフが中心なのに,一人だけ年齢が60を超えている小谷コーチを,巨人が手離さなかったということは,巨人のフロントは「分かっている」と深澤さんは分析されてました。
足の上げ方やグラブの位置といった姿勢を,工学力学的観点を理解させ指導しているそうです。

で,この小谷コーチ。1996年から2002年まで野村監督・若松監督体制の下,巡回投手コーチとして石井弘・五十嵐らを一人前に育てたと言われてます。
調べたら関根監督時代にも3年間投手コーチをされてたんですね。知りませんでした。横浜時代は盛田・佐々木をダブルストッパーに育てたとされてます。

巨人のスタッフの名前見ると,伊原を除けば,尾花・小谷・内藤・中本,西山・玉木と何故かヤクルト・広島ブランドが目を引くのは気のせいか?!

とはいえ,勝呂氏にとっては,いくら古巣とはいえども,他球団でコーチとしての実績が長けていない限り,そうは簡単に巨人に招聘されるもんではありませんからね。。

信濃の野手は勝呂コーチに指導されて忠実に守ってきたことを,竜太郎に「矯正」されたなんて話も聞きましたが。改めて選手にとっても,どっちが正しいかなんて。ねぇ???

辻内の例もありますし,まだまだ「育成の巨人」なんて到底言えないとは思いますが,
“育成の巨人”FA戦線飛び込みま宣言
 巨人はFA戦線には飛び込まない姿勢だ。90年代は清原、江藤(現西武)、工藤(現横浜)、06年にも小笠原、門倉をFAで獲得。昨年はラミレス、グライシンガー、クルーンら外国人を大型補強したが、読売首脳は「FA補強は0%ではないが、限りなく0%に近い」と横浜・三浦、中日・川上に無関心であることを強調した。
 背景にあるのは若手の成長だ。今季は高卒2年目の坂本が遊撃に定着し、中継ぎも越智、山口、東野らが台頭。来季以降を見据えて育成部を新設するなど、今後も若手の育成に力を入れていく。10月30日に4年ぶりに一括開催されたドラフトでも6人中、東海大相模・大田を筆頭に5人の高校生を指名。現場、フロントが一体となって“育成の巨人”を目指す。

モナ岡・清水・小坂とベテランを放出して,FA宣戦にも参戦せず,どうやら生え抜きの育成に本腰を上げたような感も受ける讀賣。
勝呂コーチが大田を育てたなんて事になったら,本当に「育成の巨人」になっちゃいます・・


西武・渡辺監督,オリックス・大石監督,ソフトバンク・秋山監督,阪神・岡田前監督と,何年か二軍コーチ・監督を経験し(ヘッド格を経て)一軍監督に就任するというチーム作りが脚光を浴びてきたような印象を受けます。巨人の吉村もその意味があるのでしょう。

考えてみればスワローズの首脳陣も荒木さん以外は全員二軍スタッフ上がりですもんね。真中・度会両コーチにも相当期待懸かります!!
あと!
現在の戸田メンバーの近況を独特の大阪弁でユーモラスに紹介して下さる新加入の古久保健二バッテリーコーチのブログ。
http://ameblo.jp/kenji-furukubo/
「つばくろうブログ」に匹敵するお気に入りとして急上昇中です↑↑↑
| Comment(2) | TrackBack(0) | NPB | at 21:41 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさです。

改めて過去エントリーをみたけど、あなたの分析は凄いね。信濃への懸念材料も地区順位もホントそのとおりになったよ。
スワローズに対しても客観的に冷静な分析、お願いしますよ〜(汗)


信濃側から考えると、やっぱ凄い人に来てもらってたんだなって思うね。2年目の野手は軒並み成績落としたから、やっぱ勝呂さんの指導は偉大だったんだなって。
「信濃のコーチを務めていた・・・」って書かれない事実が残念でなりません。
去年のファン感でトスバッティングのトスアップをしてもらったこと、今となっては良い思い出です。

そんな勝呂さんが加入するジャイアンツ、若返りも図って今季以上に大変ですよ、きっと。
Posted by やっち at 2008年11月21日 17:01
>やっちゃん
我ながら改めて読み返してみると,見事な分析だったと感心してます・・・
ただスワローズに関しては主観的で情熱的になってしまうんです。。。

「信濃のコーチを務めていた・・・」確かに不思議でした!
二年続けて独立リーグでコーチを務めた・・みたいな紹介の仕方だってあるだろうに!とね。

P.S
来季の信濃も「客観的」「冷静に」分析できたらと思いますが,如何せん「GM上がりの監督はあんまりいい成績残せ」「ない」なので(笑)
Posted by マーサ at 2008年11月21日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック