2024年07月13日

'東京ヤクルト 0-1x 広島

S 000 000 000 00 0
C 000 000 000 01x1
小澤2,H高橋51/3,H大西1,H山本2/3,H木澤1,●田口(0-3)0/3ー中村

▼データ
 ・今季ワースト8連敗
 ・今季ワースト借金14
 ・マツダスタジアム7戦全敗
 ・7月:1勝9敗

◆ポイント
 ・村上:5打数5三振(1997年7月2日小早川毅彦,2011年9月15日館山昌平に次いで13年ぶり3人目)

9回まで単打2本。3安打無得点ではどう足掻いたって勝てません。

オープナー小澤→2番手高橋奎二という奇策に出た試合。高橋は3回から登板し,51/3回を4安打無失点。6イニング目となる8回に息切れ。1死一二塁とピンチ招いて今最も頼れる大西へ。見事火消し成功。9回裏は大西が跨いでから山本が2死二三塁とサヨナラの大ピンチ招くもセカンドライナーでスコアレスドローのまま延長突入。
大西の次に安定感ある木澤が10回を抑えるも,11回裏やはり安定しない田口が僅か2球でゲームセット。実に呆気ない。

ただオープナー小澤→高橋奎二が機能したことは明らか。小澤のやりがいはともかくとしてもこういう形があるのも確か。

サンタナ欠いて7連敗。今月10試合で長打は9本(二塁打7・本塁打2)で1試合に1本出るか出ないかのレベル。

4番は5打席連続三振。「今もバッティングコーチとちょっと話したんだけど、僕はバッティングのことよくわからないですけどね。何かが狂ってるのかなとは思いますね。あれだけ三振する、バットに当たらないので。それはもうバッティングコーチ考えてると思いますけど。修正が必要かなと思います」と津監督もボヤキ。一体どうしたらよいのやら。。

■NEXT GAME
 広島(九里)ー東京ヤクルト(山野)13回戦 マツダスタジアム 13:30
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:28 | 更新情報をチェックする

2024年07月12日

'東京ヤクルト 3-4 広島

S 102 000 000 3
C 201 010 00x 4
●石川(1-2)5,ロドリゲス1,石山1,金久保1−松本直

▼データ
 ・今季ワースト7連敗
 ・今季ワースト借金13
 ・マツダスタジアム6戦6敗

◆ポイント
 ・1回裏2死満塁濱田二飛
 ・5回表0死武岡左飛(上本好捕)
 ・9回表1死三塁山田カウント3−1からのストライク判定

まさか5月以上の悪夢を7月に見ることになるとは・・・

苦手床田相手に左の武岡宮本のヒット。2死満塁から長岡が押し出し四球選んで先制。しかし直後に勝ち越される。それも記録失策絡み。
それでも3回表。またも武岡宮本でチャンス作って村上同点タイムリー。さらに1死一三塁から長岡犠飛で勝ち越しに成功。ところがまたも直後のイニングで追いつかれ,5回裏先頭秋山に浴びた本塁打が決勝打。1点が遠く7連敗&マツダスタジアム6連敗。

濱田。二軍落ちして髪の毛切って調子あげての昇格に納得できる部分があったのだが,初回2死満塁の押せ押せムードで初球セカンドフライでチェンジ。押し出し四球のあとの初球狙うというのはセオリーではあるものの・・。今日も3打数無安打で打率.045。

そして最終回。青木ヒット中村犠打暴投で1死三塁。山田避けたボールのストライク判定。あれのどこがストライクなのか。四球で一三塁のはずが,結局三振で2死一塁。あっけない幕切れとなった。もちろん追いついたところでその裏があるわけで結果は同じだったかも知れないが。

■NEXT GAME
 広島(大瀬良)−東京ヤクルト(小澤)11回戦 マツダスタジアム 14:00
 ・予告先発は小澤。これは昨年のこの時期の丸山翔−石川のようないわゆるショートスターターなのか。それとも高橋の間隔を空けるために本気の先発なのか。いずれにしても今季のマツダスタジアムは4月2日小澤先発試合から始まった。この試合に敗れたことで小澤もチームもマツダスタジアムで勝てていない。それをリセットするいい機会になればと願うほかない。
広島 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:20 | 更新情報をチェックする

2024年07月10日

'東京ヤクルト 1-4 阪神

S 100 000 000 1
T 000 112 00x 4
●奥川(2-1)5,嘉弥真1/3,石山2/3,星1,金久保1−松本直

▼データ
 ・6連敗
 ・今季ワースト借金12

◆ポイント
 ・4回裏1死一塁佐藤輝二ゴ(セカンド北村拓ファンブルで一塁アウトのみ)
 ・5回裏0死小幡中2(センター増田後逸で二進許す)
 ・5回裏0死二塁大竹捕犠(サード村上ベースカバー入れず)

奥川でも止められず漂う終戦感。昨日の敗戦で自分の中の悔しい気持ちが無くなってしまったのが事実。

守備の綻び。それも記録に表れないファンブルやベースカバーが失点につながる。キッチリ守るタイガースとはあまりに対照的。6月1日の最大借金11を超えてしまった。

苦手大竹相手に組んだオーダーはF宮本G増田D村上BオスナE長岡H濱田A松本直C北村拓@奥川。
サンタナベンチ外で濱田が昇格即スタメン。そして昨日の今日で北村拓に出番を与えるという親心の津監督。先頭宮本が出て増田が送って村上タイムリー。試合開始5分で先制したものの,終わってみればスミ1。ヒットを放ったのは宮本村上長岡の左打者ばかり。濱田はエレベーター。北村拓に至ってはイップスレベルか。

奥川のあとを受けた嘉弥真。復帰後3試合目の登板。先頭前川は打ち取るも大山ヒット佐藤輝ヒットで一三塁のピンチを招いて降板。この走者を石山が還したため,嘉弥真に自責2。これで防御率は14.54。この時期のこの数字。嘉弥真に突き付けられた現実があるはず。マツダにも連れていくのか否か。

スーパーサブ並木が離脱したところから始まった連敗。そこにサンタナまで居ないとなると全く迫力無くなった。目標を失ったチームでこのままただ目の前の試合を消化するだけのチームになってしまうのか。3の倍数の年のジンクスも途絶えてしまうのか・・。辛い。

■NEXT GAME
 広島(床田)−東京ヤクルト(石川)10回戦 マツダスタジアム
 ・鬼門という意識があるからダメなのか。西武の対ロッテ戦のように。
兵庫 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:03 | 更新情報をチェックする

2024年07月09日

'東京ヤクルト 1-2x 阪神

S 000 100 000 1
T 000 000 002x2
吉村51/3,H山本2/3,H大西1,H木澤1,●田口(0-2)2/3−中村

▼データ
 ・今季ワーストタイ借金11
 ・火曜日2勝11敗

◆ポイント
 ・8回裏D村上→1木澤,1大西→5北村拓
 ・9回裏2死一二塁坂本三失

マツダで見た悪夢再び。。9回裏2死一二塁坂本はサードへのゴロ。ベースを踏んでゲームセットのはずが・・・

0死一塁犠打でなく盗塁を仕掛け,吉村を3巡目86球で継投。挙句村上を8回で引っ込めて守備固めに北村拓を入れる。なんか攻めていた津監督の采配。しかし最後はそこに綻びが出ての負け。

ワースト借金11。首位と8.0差。この流れで奥川でも止められないとなるとある程度の覚悟が必要になるのかな。。

■NEXT GAME
 阪神(大竹)−東京ヤクルト(奥川)13回戦 甲子園 18:00
 ・奥川2021年10月19日以来995日のマウンドへ
兵庫 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:35 | 更新情報をチェックする

2024年07月07日

'東京ヤクルト 3-7 巨人

G 430 000 000 7
S 000 300 000 3
●サイスニード(1-4)2,小澤2,ロドリゲス3,嘉弥真1,田口1−松本直

▼データ
 ・岩田:プロ初打点
 ・6月2日以来借金10

◆ポイント
 ・1回裏1死二三塁岡本和左安(村上の守備)

本日も初回の大量失点で実質ゲームセット。
丸ヒット吉川ヒット。ライト丸山和の返球間に二三塁。ヘルナンデスは三振で1死となって岡本和。サード正面の打球。これを記録はヒットながら村上の見事な後逸。佐藤輝なら?岡本和なら?宮アなら?捕れてたんじゃないかなぁと思わずにはいられない打球。これで気落ちしたか続く大城に本塁打で計4点。

これでこの3連戦は初回4失点→2失点→4失点。もっと言えば奥川の試合を最後に7試合連続先制点許して追いかける展開に。サンタナを欠く中で,4回裏相手のエラーなども絡んで4点差に詰め寄る。七夕の神宮だけに何かが起きると期待はしたものの・・・

4連敗で借金10。しかし首位広島もお付き合いで7.0差変らず。その広島に巨人とDeNAが追いつき,首位広島と5位中日の差が3.5。その中日と3.5差。中日を射程圏に捉えればその上も見えるという状況には変わらないものの。。


来週は吉村−奥川。山野−石川エルビン−小澤。あたりでローテ大シャッフル決めてくるか。首脳陣も決断を迫られる時期になってきた気がする。

■NEXT GAME
 阪神(才木)−東京ヤクルト(吉村)12回戦 甲子園 18:00
 ・来週はビジター甲子園&マツダスタジアム。この5試合がペナントレースに踏みとどまれるか脱落するか最後の瀬戸際。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:12 | 更新情報をチェックする

2024年07月06日

'東京ヤクルト 1-4 巨人

G 200 000 200 4
S 000 001 000 1
●高橋(2-5)6,嘉弥真1/3,星2/3,山本1,木澤1−中村
北村拓1号@(グリフィン)

▼データ
 ・ホーム巨人戦1勝5敗

◆ポイント
 ・7回表P嘉弥真丸中2

ゲリラ豪雨で試合開始が1時間遅れ。初回岡本和に被弾こそしたものの以降無失点の橋奎二の代打北村拓己の移籍後初となる本塁打で1点差に迫って7回表。

2番手は山本かと思ったらコールされたのは昨日から合流で今日昇格の嘉弥真。このコールで球場がえ?となったような気がしてならないのだが…。
先頭丸に二塁打。吉川に犠打。1死三塁で星にスイッチ。そしてその星が被弾で万事休す。完全に球場のトーンが下がった。この時期の昇格は色んな意味合いが込められているはず。嘉弥真の立場的にも。ただこの場面だったのかという疑問しか残らない。

サンタナベンチ外でセンター赤羽ライト増田とグリフィンに右を起用したが,迫力不足は否めず。

4回裏2死一二塁オスナ左安で二走山田が本塁憤死。これについては映像見ても前進守備でもなんでもないし,単純に加速すると足が悲鳴あげてしまうということの裏返しか。ただ3回裏2死満塁泉口の打球は山田の守備で救われたのでね。これが抜けていたら完全に序盤で試合が壊れていたのだから。

それでも首位と7.0差は変わってないのよね。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(サイスニード)−巨人(菅野)14回戦 神宮 18:00
 ・七夕の神宮
 【メモ】実況谷岡アナ[1-0-1 1.00]×元木解説員[1-0 1.00]館山解説員[3-2 .600]
  不敗神話の元木解説員がいらっしゃってくださいます。今季巨人に神宮で唯一勝った試合も元木解説員担当試合でしたから。
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:05 | 更新情報をチェックする

2024年07月05日

'東京ヤクルト 3-10 巨人

G 401 000 203 10
S 010 001 100 3
●小川(2-4)5,石山2,清水2−中村
山田6号@(戸郷)

▼データ
 ・ホーム巨人戦1勝5敗

◆ポイント
 ・1回表2死二三塁岸田左安
 ・3回表1死一三塁岸田中犠

戸郷相手にヨーイドンで4失点。酷暑の神宮。1点返した直後にあっさり1点吐き出す。中8日と間隔空けてもピリッとしなかった小川がすべて。

先頭丸にヒット。吉川との間にエンドランで一三塁。ヘルナンデスタイムリー。1死満塁立岡セカンドゴロ間に1点。ここまでは仕方ない。ここでなんとか踏みとどまればまずまずという2死二三塁の岸田に浴びたタイムリー。これが致命的。

戸郷といえど猛暑日の神宮。18時超えても気温35℃。グランドレベルは相当なものなはず。ハマスタのようにコツコツ1点づつでも返していけば終盤分からないという中で,2回裏2死三塁から中村にタイムリーが出て1点返せた。

小川まで回ってそのまま打席に立たせた。そして直後に吐き出す悪い癖。中継ぎは石山清水とイニング跨がせて失点。この意図は。

だがこれだけ大敗しても首位広島とのゲーム差は変わっていない。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高橋)−巨人(グリフィン)13回戦 神宮 18:00
 【メモ】実況立本アナ[3-0 1.00]×清原解説員[1-0 1.00]真中解説員[2-1-1 .667]
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:19 | 更新情報をチェックする

2024年07月04日

'東京ヤクルト 0-3 横浜DeNA

S 000 000 000 0
B 010 001 01x 3
●ヤフーレ(4-7)6,ロドリゲス2−松本直

▼データ
 ・今季9度目零封負け
 ・最下位転落

◆ポイント
 ・2回表0死村上左安(二塁憤死)
 ・2回表1死一塁長岡(エンドラン二盗失敗)
 ・4回表0死西川左安(二塁憤死)
 ・7回表1死一塁宮本左飛(関根好捕)

9回2死まで二塁を踏めずの完封負け。0点では勝てません。。

二塁の壁。裏を返せばレフト関根の守備。オースティン休養日で一塁に佐野が入ったことによるこのシフトのドツボに嵌ったということ。

ベイスターズ投手事情が苦しい中で結局平良に完封を許してしまった。3点差で最終回。2点差あるいは1点差であれば三浦監督どういう判断を下したのだろうか。

ヤフーレは令和の伊藤智仁か。どうにも援護に恵まれない。2回0死二三塁から内野ゴロ間に失点も,3回以降は無失点。6回も2死無走者から三塁正面の当たりを村上が後逸。痛烈な正面の打球とはいえ上手いサードなら身体で止めてくれたはず。

2番手に今日昇格のエルビン。チーム事情で戸田でも中継ぎ調整しての昇格。よって今日は小澤がベンチ外と厚みを増しているブルペン陣。ただ8回先頭梶原死球からの連打で致命的な3点目。

明日は小川ということで土曜日高橋日曜日スニードが有力か。来週は木曜日試合無く,金曜から4連戦。2日空いて3連戦でオールスターという日程。奥川・石川・山野をどこに組み入れていくのか悩むくらい先発陣に余裕が。小澤エルビンを中におけて,ファームに阪口金久保丸山翔も控える。

一方で3番宮本が思ったほど機能せず苦しむ打線がそににはある気がする。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)−巨人(戸郷)12回戦 神宮 18:00
 【メモ】実況酒主アナ[0-2 .000]×仁志解説員[1-2 .333]
神奈川 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:07 | 更新情報をチェックする

2024年07月03日

'東京ヤクルト 5-3 横浜DeNA

S 011 000 102 5
B 300 000 000 3
山野7,○大西(5-1)1,S木澤(3)1−松本直

▼データ
 ・5位浮上
 ・首位と6.0差

◆ポイント
 ・2回表1死二塁松本直左安(13球粘って)
 ・5回裏1死ディアス→代打梶原左飛
 ・7回表2死二塁村上中安

初回ヨーイドンで3失点もコツコツ1点ずつ返して最後は偉人サンタナが決めての逆転勝ちで首位と6.0差の5位。

昨日の今日で打順組み替え。C山田G西川H宮本D村上FサンタナE長岡BオスナA松本直@山野という並びに。
3点失った直後の2回表は6番長岡から。センター前ヒットで出塁し打席にはオスナ。併殺が過る中で二盗成功させてオスナを気持ち的に楽にさせたか。1死二塁で松本直。粘って粘って13球目をレフト前で一三塁。山野犠打の構えからそのまま犠打。これが長岡の好判断もあってセーフティスクイズの形ですぐさま1点返せた。

3回表は1死から村上サンタナの連打で二三塁。ここでベイスターズは前進守備を敷かず1点OKの守備体系。長岡のセカンドゴロ間にもう1点返せた。ここから試合が硬直状態となって終盤へ。

7回表先頭山田が四球で出塁し,西川が犠打。1死二塁の形を作って,2死から村上がキッチリセンター返しで同点。3点いずれも犠牲の精神が得点につながった。

初回立ち上がり牧への3ラン被弾でどうなることかと思った山野は終わってみれば7回99球で投げ切った。1回2死以降は僅か1安打&無四球のピッチング。7回1死から暑さで足がつったが,それでも投げ切った。勝ちこそつかなかったが,すっかり頼もしい存在になった。

ベイスターズは先発M口が4回で101球というハイペース投球で5回から継投へ。そんな中2番手ディアスは9球であっさり三者凡退で斬ったのに,打順の関係で代打が送られ,3番手京山がイニング跨ぎ。坂本挟んで8回ウィック。9回は同点で森原という継投で来た。昨日36球投げた中川虎はおそらく使えないだろうから,残り投手は徳山と佐々木のみで最大延長3イニングを賄わなければならなかった。この点に優位性を感じただけに,5回から伊藤光の所にディアスを入れて,9番に山本なりでバッテリー毎入れ替えてディアスもう1イニングならもしかしたらそのまま1点差で逃げ切れられたんじゃないかなぁと。

9回表2死無走者から宮本が内野安打で出て代走にジョーカー並木。村上が打席ながら見事に二盗を決めたのも束の間・・・オーバーランしての脱臼。捕手からの送球が逸れたから良かったものの,もしベースカバー大和のグラブに収まっていたらタッチアウトでチェンジだったかも。必死のベースタッチ痛々しかった。脱臼というやつか。並木が出てくれば何かが起きそう。そんな機運が高まっていただけにこの離脱は痛手。岩田がその役目を担えるか。
村上サイレント申告敬遠で一二塁となってサンタナ。2ストライク追い込まれながら偉人の逆方向。度会が右中間を狭めていたため一走村上まで還れた。

2点差で木澤。これの意図は準備面か打順の兼ね合いか。或いは序列の変化か。一発出れば同点という状況を作ったわけだが,前述の通り最悪一発打たれても同点。ベイスターズのブルペンは最大3イニングで2人しかいないのだから正直一発OKと思えたもの。

元オリックスの中川を獲得=独立リーグ所属の捕手―プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトは3日、独立リーグ・九州アジアリーグの火の国サラマンダーズから中川拓真捕手(21)を獲得したと発表した。支配下選手契約を結び、背番号は90。年俸は500万円。昨季までオリックスに所属していた。球団を通じ「もう一度NPB(プロ野球)でプレーできることに感謝している。チームのために精いっぱい頑張る」とコメントした。(金額は推定)[ 7/03(水)15:02配信 時事通信社 ]

69人目の支配下選手。壮真と同学年の捕手。支配下登録したもの一軍に上がらない橋本。古賀の状況。来季の編成も見えてきたでしょうか。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(平良)−東京ヤクルト(ヤフーレ)14回戦 横浜 18:00
 ・京山坂本ウィック森原と明日投げれば3連投と投手事情は苦しいはず。ペコちゃん3ヶ月ぶり勝利なるか。
神奈川 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:43 | 更新情報をチェックする

2024年07月02日

'東京ヤクルト 4-6 横浜DeNA

S 000 022 000 4
B 020 400 00x 6
●吉村(5-5)4,清水1,石山1,小澤1,星1−中村

▼データ
 ・火曜日:2勝10敗
 ・最下位転落

◆ポイント
 ・4回裏2死満塁佐野右2
 ・8回表2死満塁代打松本直遊ゴ

0-6から5回以降は完全なヤクルトペースだったし,首位広島も敗れてゲーム差も変わらなかったわけだから,負け方としては悪くないと思う。しっかし勝てない火曜日。

球審の可変ゾーンというのもあったけど,苦しんだ吉村。初回の2死二三塁宮アというピンチは乗り切ったものの,2回裏2死満塁度会に2点タイムリーで先制を許し,3回こそ3者凡退も,再び4回裏1死一塁から桑原度会オースティンに3連打。ライト丸山和だったらチェンジになっていたか。それでも宮本は打つ方で全打席出塁なのでね。文句は言えまい。2死満塁となって佐野に一塁線を破られる二塁打。これが実質決勝点となったが,守りの時間が長すぎた。集中していればオスナなら捌けたはず。

それでも昨年ならこれで負けムードだったろうけど,粘ったスワローズ。2点ずつ返して2点差で終盤3イニング。結果から言うと7回9回は0死一塁でオスナが併殺村上三振で3人で攻撃終了。8回は2死満塁で代打松本直起用という見応えと考え事のあるイニングに。

3打席無安打の丸山和に代えて西川を起用。宮本は3安打2四球で全打席出塁。中村も猛打賞。組み方次第でまた違った結果になっていたか。。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(M口)−東京ヤクルト(山野)13回戦 横浜スタジアム 18:00
 ・石田裕はこれで3連勝。初物よりM口平良の方が期待できるでしょう。組み方に注目しよう。
神奈川 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:13 | 更新情報をチェックする