2021年06月25日

!東京ヤクルト 1-7 巨人

G 023 000 200 7
S 000 000 100 1
●石川(3-2)42/3,星11/3,吉田大喜2,大下1−中村,嶋

▼データ
 ・石川:石川:295試合連続先発登板(セ・リーグ新)

◆ポイント
 ・1回裏0死一塁山崎三振
 ・3回表1死一二塁岡本中本

TOKYOシリーズ初戦は完敗で3位転落。しかし首位阪神敗れゲーム差は変わらず。

広島からの当日移動ゲームということで青木休養で,2番に山崎を入れて臨んだ試合。

石川の立ち上がり先頭打者松原にいきなり二塁打を喫するも,ウィーラー丸連続三振。岡本ショートゴロで今日も無失点投球。
で,その裏。こちらも先頭塩見が初球を痛烈なサード岡本のグラブを弾く内野安打で出塁。しかし山崎は初球甘い球見逃して追い込まれて最後は中途半端なスイングで三振。せめて二塁に進めるとか,一気に一三塁とか青木なら”なんとかしてくれる”打撃を全く出来なかった。以降メルセデスには6回まで中村のヒット1本と手も足も出せず。

石川の失点は結局今日も被本塁打によるものだった。大城と岡本。大城のは神宮本塁打で止む無し。次はメルセデスという意見もあるだろうが,一塁空いていた訳でもないし序盤だしこればっかりは。ヒットは全然OKな場面なのだし。

試合を決した3回岡本の3ラン。一発を警戒して慎重になるあまりのウィーラー丸に連続四球。そして勝負に行かざるを得なくなりバックスクリーン直撃弾。メルセデスの出来を考えても絶望的な点差となった。

あとは完封を阻止するのが精一杯。7回裏ようやく山田村上オスナの3連打で1点返したが,1死一二塁から点差考えてもあまりに無謀な村上の三盗失敗(リクエストも実らず)。それでもこれに関しては積極的な盗塁と監督は評価。

見どころは大下のピッチングくらいだった。2時間34分とあっさり終了したゲーム。こんな日もあるさ。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)ー巨人(戸郷)9回戦 神宮 14:00
 ・日曜日の天気が怪しいだけに明日は勝っておきたいところ
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:15 | 更新情報をチェックする