2021年06月18日

!東京ヤクルト 5-2 中日

D 001 100 000 2
S 200 003 00x 5
○石川(3-1)6,H今野1,H清水1,Sマクガフ(12)1−中村
村上21号A(柳)オスナ4号B(柳)

▼データ
 ・石川:294試合連続先発:2002年〜2016年三浦大輔(横浜DeNA)に並ぶセ・リーグ記録タイ
 ・貯金7:令和最多更新
 ・神宮中日戦4戦4勝
 ・4月26日以来2位浮上

◆ポイント
 ・6回裏2死一二塁オスナ左本

4日間空いても好調維持!交流戦から続く連勝を4に伸ばし,令和史上最も多い貯金7となり,4月26日以来の2位浮上!!

得点はすべて本塁打。初回村上先制2ラン。3回表交流戦を終えてトレードが成立した加藤翔に移籍後初打席初球本塁打。4回表やくせん堂上本塁打。2−2で迎えた6回裏にオスナが4号3ラン。これが決勝打に。

石川が昨年の勝利数を超える3勝目。石川の後を受けたリリーフ陣は今野ー清水ーマクガフいずれも仲良く11球で3者凡退ピッチだった。

終わってみれば今日も石川の許した失点は本塁打2本。今季の失点は藤浪の2ラン。スパンジェンバークのソロ。そして今日の加藤翔・堂上のソロと全部本塁打。本塁打は事故。ランナー出しても得点を許さない。これが田口くんにとってもいい投球の組み立てのお手本になっているはずという贔屓目を感じずにはいられない。むふふのふ。

対柳。ナゴヤドームでは無理ゲーに感じるが,神宮なら”なんとかなる”感。
初回先頭塩見ヒット。青木いい当たりのライトへの飛球も移籍の加藤翔に捕られ,山田は捕邪飛。ここで村上。ライトスタンドへ21号本塁打で石川に援護点。
しかし2回以降はさすが柳というべきか。出した走者はミスター二塁打中村の二塁打のみで5回終了。

6回裏。先頭青木が粘って”なんとかしてくてた”ヒットで出塁。1死から村上も粘って四球を選んで一二塁でオスナ。3−2フルカウントからの6球目。打った瞬間それを確信できる会心の当たり。
ドラキラー襲名か?サヨナラタイムリーに続き決勝本塁打。これで7試合28打数10安打打率.357。2本塁打8打点。

これで石川に勝利投手の権利が確定し,7回からは継投。4日間休んで休養十分か。仲良く11球締め。気になる石山は抹消も無く,髭を整えたという現地の方からのツイッター情報も。

猛虎が両リーグ最速で40勝到達してしまいましたが,私の学生時代の学籍番号下二桁が「31」だったということもあって,31勝到達時の比較をしてみました。

2021年6月18日 62試合目(貯金7)
2020年9月25日 82試合目(借金14)
2019年7月04日 79試合目(借金15)
2018年6月26日 66試合目(借金3)
2017年7月26日 90試合目(借金26)
2016年6月24日 73試合目(借金10)
2015年6月23日 68試合目(借金5)
2014年7月08日 73試合目(借金9)
2013年7月12日 77試合目(借金14)
2012年6月27日 64試合目(貯金2)
2011年7月05日 59試合目(貯金10)
2010年7月10日 77試合目(借金13)

直近では2011年に次ぐ速さ。あの2017年と比較すれば28試合も早い。そして貯金があるのも2012年以来9年ぶり。読者の皆様。こういうデータからしても歴史的なシーズンを今目の前にしているんですよ!!!!!?

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)ー中日(小笠原)10回戦 神宮 14:00
 ・3本の川。2本目は小川。
 ・生憎の雨予報も現地神が”なんとかしてくれる”はずだから!
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:16 | 更新情報をチェックする