2021年06月03日

!東京ヤクルト 2-4 東北楽天

E 000 210 001 4
S 002 000 000 2
●サイスニード(1-1)5,今野1,大西1,石山2−中村
塩見7号@(瀧中)青木1号@(瀧中)

▼データ
 ・対東北楽天戦全日程終了(1勝2敗):2季連続5度目負け越し,通算33勝28敗1分
 ・木曜日初黒星

◆ポイント
 ・4回裏2死一二塁元山中安(二走サンタナ三塁オーバーラン憤死)

塩見青木の連続本塁打でいい感じのムードの先制も,逆転負け。木曜日初黒星。

勝負を分けた4回表裏の攻防。これが全て。
2点の援護を貰ったサイスニード。神宮初登板ながら3回までは初回鈴木大地に許した二塁打のみと完璧なピッチング。しかし大事なイニングで先頭鈴木大地さらに浅村と連続四球。島内にタイムリーでリードは1点。なお0死一二塁から岡島ヒットで満塁。黒川に押し出し死球であっという間にリードを吐き出し同点に。なお1死満塁で一気に崩れるかと思われたが,辰己のスクイズ失敗に救われ,なんとか同点でこのピンチを乗り切った。

その裏。簡単に2アウトとなったが,そこからサンタナ中村の連打で一二塁。昨日犠打失敗がありながら今日もスタメンとこれからの時代を託されるんだとある意味で感じさせられたスタメン元山も続いてセンター前。福地コーチ制止もサンタナに勢いがついており三塁戻り切れずタッチアウト。次はサイスニード。2死満塁となったら代打を起用したのか否か。

結局打順が回らなかったサイスニードはそのまま5回表もマウンドへ。しかし9番瀧中で1つアウトを奪ってから,小深田ヒットと盗塁で二塁に進まれ鈴木大地タイムリーであっさり勝ち越され,なお浅村にもヒットを打たれ一二塁。それでもここから島内を三振。さらに岡島の打席でも気合の投球で,最後はバウンドしたボールで三塁を狙った鈴木大地を中村が刺して,雄叫びのサイスニキ。

中2週間空けて80球でアップアップ。正直これでは先発としては心もとない。それでもランナー出してからギア上げたり,アメリカでの経験を鑑みるならば近藤の穴を埋めるブルペン要員への配置転換はアリなのでは?!その分先発はスアレスバンデンで1枠になるのは承知の上で。

6回以降パタリと止まってしまったゲーム。古巣相手に初登板今野。プロ初勝利で一皮向けた大西。試行錯誤の石山。それぞれの立場なりのピッチング。

打線は指揮官動いて,2番を中村から青木に。オスナサンタナをくつけて,7番に中村を入れた。2番青木が本塁打ヒット二塁打と猛打賞で調子を取り戻したのに対し,今日も3番4番5番が11打数0安打。
中村は読みが外れるのか目立つ見逃し三振。一発の怖さもないだけに,どうも下位打線が弱く感じてしまう。正直今日の打順は最適解なのかは分からない。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)ー埼玉西武(橋)1回戦 神宮 17:30
 ・過去22勝36敗1分埼玉西武戦
 ・石川さん今季2試合目&神宮初先発
 ・しかし”警報級大雨”予報。横浜と甲子園は月曜日に予備日設けられているが,神宮は予備日無し
 ・西武は広島戦が2試合延期となっており,さらに広島が今日ノーゲームと日程的な問題も。どうなるやら?!
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:38 | 更新情報をチェックする