2021年06月01日

!東京ヤクルト 7-4 東北楽天

E 103 000 000 4
S 010 010 50x 7
金久保40/3,梅野1,○大西(1-0)2,H清水1,Sマクガフ(6)1−古賀,中村
村上15号A(森原)

▼データ
 ・大西:プロ初勝利

◆ポイント
 ・5回表0死満塁P金久保→梅野島内三振岡島三飛茂木三振
 ・6回表2死無走者黒川右安(サンタナ好返球二塁憤死チェンジ)
 ・7回裏1死一塁H川端中安

つくづく野球というのは流れのスポーツだということを実感する試合でした。我ながらツイートも自画自賛!




高津臣吾vs石井一久。黄金期を支えた投手が監督となっての初対決。

先発金久保は先頭小深田を空振り三振に奪い上々の出来かと思いきや,次の鈴木大地にライトポール際に際どい飛球。リクエストも実らず本塁打判定で先制を許し,さらに四球ヒットで一三塁と苦しいピッチング。2回は下位打線を三人で仕留めたが,味方が追いついた直後3回表ランナー2人背負って岡島に一発を浴びて勝ち越しを許す。三度1番小深田からの打順となった5回表。ヒット二塁打四球と0死満塁のピンチを招いて89球KO。今日も早々に先発がマウンドを降りる苦しい展開だった。

この絶対絶命のピンチで島内岡島茂木と左が3人続くにも関わらずマウンドを託されたのは右の梅野。この梅野が島内を三振。岡島をサードフライで2死満塁まで持ちこたえ,「流れ変えられるか分岐点」とつぶやいた茂木の打席。3−2フルカウントから6球目スライダーで空振り三振!!!里崎解説員に「0点に抑えられたら奇跡」とまで言われた無失点で切り抜ける13球ピッチ。

その裏2死無走者。今季初登板で勝利投手の権利まであと1人というところから,好調塩見ヒット2番青木のらしい左中間への二塁打で塩見生還。ビハインドは2点で後半へ。

3番手大西。大西が踏ん張ればプロ初勝利の権利が転がり込む。そんな期待を込めてのツイートだったが,サンタナの好返球もあって3人で乗り切り,次の回も先頭小深田のバントヒットと暴投で0死二塁から二塁釘づけの投球で無失点と粘りのピッチング。

そして今日もラッキー7となった7番から始まる7回裏。
マウンドには3番手酒居。先頭西浦四球。古賀に代打今日昇格真っ黒に焼けた宮本。ファームでの好調な打撃そのままに振りぬいた打球は一二塁間破るかと思われたが,セカンド浅村の好捕に遭う。抜けていれば一三塁。それがあわや併殺という紙一重なプレーで1死一塁。
大西の代打に川端。中村という選択肢もあったはずだが,首脳陣が選択したのは川端。その慎吾さまがセンター前に落として一二塁。塩見四球で1死満塁。青木押し出し四球で1点差。なお満塁で山田。ここでラッキーなパスボールで労せず同点。なお二三塁でキッチリセンターへ犠牲フライ。これで勝ち越し。そして勝負を決定づけた4番の一振り。打った瞬間それと分かるし,打った本人もそれを確信する一打は特急いなほ村上行の方向幕が掲げられたライトスタンド中段へ。

1点じゃ心許ない面もあるが,精神的にも大きい3点リード。セットアップ8回清水は僅か9球で三者凡退。マクガフは2奪三振で6セーブ目。

お立ち台はプロ初勝利の大西と本塁打の村上だったが,真のヒーローは梅野でしょう。炎の13球。梅ちゃんにも一皮脱するキッカケになればブルペンが厚くなるさ!

結果論だけどベンチワークも。左が3人続く場面で梅野でなく坂本なり宮台だったら?7回裏の代打攻勢も,仮に古賀に中村,大西に宮本だったら?見事に采配が嵌った証拠でしょう!!

追伸)里崎智也解説員。2018年1勝0敗。2019年2勝1敗。2020年3勝1敗。2021年1勝1敗。通算10試合7勝3敗。勝率.700。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(田口)ー東北楽天(則本昂)2回戦 神宮 17:30
 ・どうも好投手と当たる傾向のある田口くん。明日は則本昂大。
 ・日本ハム3連戦は1番五十幡なら楽天3連戦は1番小深田がカギか?!
 ・BS1中継日
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:38 | 更新情報をチェックする