2020年05月25日

6月19日に無観客で開幕 史上最も遅いスタート―プロ野球

 日本野球機構(NPB)は25日、オンラインによる12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた今季公式戦開幕日を、6月19日に設定することを決めた。
 プロ野球の開幕が遅れるのは、東日本大震災が発生した2011年(4月12日開幕)以来。2リーグ制後で最も遅いシーズン開幕は1973年の4月14日だったが、これより大幅に遅れることになった。当面はプロ野球の公式戦では初めてとなる無観客試合で開催される。
 会議後の記者会見で斉藤惇プロ野球コミッショナーは「これから入念な準備を怠りなく進め、慎重に運営していくことが何より重要」と述べた。
 プロ野球は新型コロナの余波で、なかなか新たな開幕日を設定できず、既に5〜6月のセ・パ交流戦と7月のオールスターゲームの中止を決定。6月19日に開幕しても、1球団の試合数は同一リーグ内の120試合になる見込み。日本シリーズは11月21日開幕を予定している。
 各チームは自主練習から本格的なチーム練習に移行し、移動リスクを考慮しながら6月2〜14日にかけて練習試合を行って開幕に備える。
 2軍のイースタン、ウエスタン両リーグ公式戦も6月19日に始まる。[ 5/25(月) 18:05配信 時事通信 ]


緊急事態宣言の解除をもって,開幕日が決定。
3月20日の開幕延期→4月10日以降→4月24日→当面延期。さらにセ・パ交流戦とオールスターの中止。

正直婚期今季絶望かと思った時期もありました。モチベーションすら見いだせなかった頃を思えば,また野球を観られようになるだけでも感謝しなければなりません。

でも人間は喉元過ぎると熱さを忘れてしまうから,早く観客入れてくれーと次の欲求が湧いてしまいます。

選手においては,約2ヶ月間の実戦感覚を取り戻しつつ,基本6連戦×20週という過密日程を乗り切るだけの体力。さらには観客が居ない中での集中力など,全く先の読めないペナントレースとなるだけに,こればかりは本当に予想もつかない一年になりそう。

まずは一歩進めた日。野球のある日常まであと少し。
東京 ☀ | Comment(0) | NPB | at 22:09 | 更新情報をチェックする