2019年08月21日

{東京ヤクルト 4-5 広島

S 110 200 000 4
C 002 020 01x 5
石川42/3,H平井1/3,H梅野1,H近藤1,●ハフ(1-4)1−中村
村上29号@(野村)

▼データ
 ・山田哲:32連続盗塁成功(日本記録タイ)

◆ポイント
 ・1回表2死一塁山田哲二盗失敗→リクエストで判定覆り二盗成功
 ・4回表1死一二塁中村二ゴ(フルカウントから二走バレにスタート切らせ進塁打に)
 ・9回表0死一二塁山崎投ゴ(犠打失敗)

連夜の逆転負け( *`ω´)

それでもリクエストは優位に働いた( *`ω´)
1回表2死から菊池涼のエラーで出塁した山田哲が二盗を試みるも,タッチアウトの判定。連続盗塁記録が31で途切れた。しかし小川監督リクエスト。審判団も5分の協議で東京ドームの判例に従えば判定通りかと思われたが,菊池の空タッチが証明され判定覆って二盗成功。2死二塁で試合再開。その初球をコンパクティンで先制。

2回表には村上の29号ソロ。高卒2年目以内では1987年清原和博に並んで歴代3位に。打点は84となり歴代単独2位に。

4回表は1死一二塁で中村。フルカウントから二走バレもスタートを切るエンドラン。空振りなり見逃し三振となれば三塁に送球され三振ゲッツーというリスクを背負いながらも仕掛けたベンチ。中村もファールで粘って3球目をセカンドゴロは進塁打に。一塁空いて8番大引敬遠9番まで回る。ベンチの描いた通りの展開。
そしてこの好機に石川自ら2点タイムリー。しかし2点目の生還に関して緒方監督よりリクエスト。こちらは判定変わらずセーフ。

こうしてリードした2点を,鈴木誠也絡みで追いつかれ,同点で後半へ。両軍2番手以降踏ん張るも,ハフが連夜の敗戦投手。

1点リードの最終回に中崎。先頭中村ピッチャーのグラブを弾きセンター前。大引もレフト前。0死一二塁。途中出場山崎には犠打のサイン。失敗を絵に描いたような投手正面へのゴロ。三塁封殺。1死一二塁で代打の切り札荒木がライト前。犠打が決まっていれば当然同点という当たりだった。

さらに犠打失敗が状況を変える典型は1死満塁から青木はセカンドライナーに倒れた場面。山崎が犠打を決めれば同点の1死一三塁で青木を迎えた。こうなれば広島は前進守備を敷いた可能性も。となるとあの打球は外野に抜けていただろうか。

廣岡のエラーにせよ山崎の犠打失敗にせよ,脇役が細かいプレーを出来ない状況( *`ω´)

■NEXT GAME
 広島(山口)−東京ヤクルト(小川)20回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・小川が中5日
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:10 | 更新情報をチェックする