2019年05月17日

{東京ヤクルト 3-4 横浜DeNA

B 003 100 000 4
S 000 100 200 3
●小川(1-5)7,ハフ1,五十嵐1−中村,井野
青木6号@(今永)

▼データ
 ・3連敗
 ・3位転落
 ・青木:NPB通算100号本塁打
青木が100本塁打=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの青木宣親外野手は17日、DeNA7回戦(神宮)の四回に今永から6号ソロを放ち、通算100本塁打を達成した。プロ野球292人目。初本塁打は2005年4月6日の中日2回戦(神宮)で一回に落合から。米大リーグでは12〜17年にブルワーズなどで33本塁打を記録している。[ 5/17(金) 19:59配信 時事通信 ]


◆ポイント
 ・3回表2死二塁神里右2(雄平見失う)
 ・4回裏0死一二塁雄平三併
 ・7回裏2死満塁雄平三ゴ
飲み会で観られませんでした…
雄平DAYだったか…。坂口&バレ復帰。開幕と同じ金曜日で開幕メンバー9人中ショート太田を除く8名がスタメンに名を連ねた。グッチは公式戦神宮初出場。

リーグ防御率トップの今永との対戦。3回表。2死二塁神里の飛球。薄暮の神宮で打球を見失ってしまった雄平。ここからの3失点。今永相手にこの3点は大きいかと思われた。

それでも4回裏青木のNPB通算150号本塁打で1点返し,さらに7回裏。
1死から中村の三塁線を破る二塁打。小川の代打荒木のセンター前安打で1死一三塁。復帰の坂口はセカンドへの併殺コースのゴロも,守備固めに入った柴田がセカンド悪送球で中村生還。尚1死一三塁。青木がショートへの内野安打で1点差。これで今永をKO。

山田を迎えパットンにスイッチ。山田が四球で1死満塁。しかしバレがセカンドフライ。雄平がサードへのゴロ。リクエスト要求も判定通りで追いつけず。

最終回も山崎の前に2死一三塁。一打出れば逆転サヨナラの場面で雄平を迎えるも投ゴでゲームセット。今日5タコの雄平。薄暮で打球を見失っただけに汚名返上のプレッシャーが余計重く圧し掛かってしまったか・・。

最下位DeNAに3勝4敗と負け越し。混セを抜け出すには中日DeNAにいかに勝ち越すかが鍵となりなねないだけに,これ以上取りこぼせない。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)−横浜DeNA(上茶谷)8回戦 神宮 18:00
 ・令和初神宮現地観戦となります。昭和時代に1試合だけ観戦しているので3つの年号に跨っての神宮球場。これまた感慨深いものに。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする