2017年05月18日

[東京ヤクルト 1-0 巨人

S 001 000 000 1
G 000 000 000 0
○石川(4-3)51/3,H近藤2/3,Hルーキ1,H石山1,S秋吉(6)1−中村

▼データ
 ・今季初ビジターカード勝ち越し
 ・2012年3月30日-4月1日以来東京ドームカード勝ち越し
 ・2015年8月25-26日巨人戦(神宮)以来2試合連続零封勝利
 ・1997年9月18-19日以来東京ドーム2試合連続零封勝利

◆ポイント
 ・3回表0死二塁大引右飛
 ・4回裏2死一塁長野左2(坂口本塁生還許さず)
 ・6回裏1死二塁P石川→近藤長野実松連続三振

まさか1-0のまま勝てるとは・・・
サンスポよりも早く調べてたぞ!



1997年以来の東京ドーム2試合連続零封勝ち。2015年以来の2試合連続零封勝ち。優勝イヤーの記録が2つ並びました!!

本日唯一の得点となった石川のサードゴロ。これは大引の右方向の意識の賜物でしょう。果たして西浦谷内だったらこれが出来たかと考えると。再三の守備も然り。やはり大引の存在は大きい。

石川が前回東京ドームで白星を挙げたあの2015年9月27日。石川を受けた秋吉−ロマン−久古−オンドルセク−バーネットリレーを想い出させずにはいられなかった近藤−ルーキ−石山−秋吉の2017ver勝利の方程式。

特に近藤一樹の存在。6回裏1死二塁で石川を97球でスパッとスイッチ。これは来週の日程を睨んでのもの。本人ももう少し投げたい気持ちも顔に表れていたようにも映ったが,結果的にこうして2週続けて勝ちがついている。これも近藤の存在のお蔭。自分の投球の軌道に合わせるかのような指の動き。美しい。

マギーに4安打。立岡に3安打。長野に2安打。しかしそれ以外は無安打。上手く打線を寸断出来た。
4回裏2死一塁。長野の二塁打。一走マギーの足で本塁は無理だったか?!コーチは制止で二三塁。8番を歩かせ投手との勝負を選択出来たのも巡りあわせ。

「昨日の由規の勝利が力を与えてくれました」とは石川のコメント。そう!昨日の勝利で何かが変わった感じがします!!

■NEXT GAME
 ヤクルト(原樹理)−阪神(岩貞)7回戦 神宮 18:00
 ・首位阪神との対戦
 ・山中にアクシデントで原樹理が5月10日広島戦(神宮)以来の登板で4月27日中日戦(ナゴヤドーム)以来の先発。
 ・白星となれば2016年5月8日阪神戦(甲子園)以来プロ通算3勝目
東京 ☁ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:30 | 更新情報をチェックする