2017年04月05日

[東京ヤクルト 1-4 阪神

S 000 100 000 1
T 100 000 30x 4
山中6,●ルーキ(0-1)2/3,中澤0/3,杉浦11/3−中村

▼データ
 ・ルーキ:2016年7月26日から対阪神戦3連敗

◆ポイント
 ・3回表0死一二塁山中犠打失敗
 ・6回裏0死一二塁原口犠打失敗
 ・7回表0死一二塁中村犠打成功1死二三塁代打大松鵜久森
 ・7回裏2死一塁上本四球
 ・杉浦11/3回無安打3奪三振

山中と秋山の息詰まる投手戦。
立ち上がりの山中はいきなり0死満塁のピンチを招きどうなるかと思われたが,福留の併殺間の最少失点に留めると3回以外は毎回先頭打者を出しながらも文字通り要所を締める投球で6回を投げ切る。
対する秋山もルーキーイヤーの輝きを取り戻したかのような投球で打ちあぐねた。

互いに動いた7回表の攻防。0死一二塁となったところで秋山から桑原にスイッチ。中村が犠打を見事に決め1死二三塁。その直前6回裏同じように0死一二塁とされたが原口が犠打失敗し得点を許さなかったこともあり,流れ的にも勝負のイニングだった。
ベンチも谷内に代打大松,山中に代打鵜久森と左右の代打攻勢をかけるも不発。必然的に山中からルーキへ継投。

2死一塁から上本。カウント1−2と追い込んでから最後は根負け。そして糸井に回してしまった。
2戦連発。オープン戦でも打たれている。筒香並みに警戒し,無理して勝負しないという選択肢も考えていかないとか。

集中力のキレたルーキは残念。それでも副作用で杉浦が今季初登板で見事なまでの結果を残した。どっしりと落ち着いたフォーム。ストレートに勢い。結婚というものはここまで人間を変えるのかと思うほど見違えるような投球だった。
今日の内容次第では明日登録の館山と入れ替わりだったはず。今度は競った場面で起用されてセットアッパーの位置を掴み取るくらいの飛躍の一年期待したい!

■NEXT GAME
 阪神(メッセンジャー)−ヤクルト(館山)3回戦 京セラドーム大阪 18:00
 ・2009年開幕カード以来の阪神主催京セラドーム3連戦カード勝ち越しなるか?
 ・これまで先発5人全員が5回を投げ切り3失点以内。6番手館山も続けるか。
 ・藤浪と当たったことで打撃陣が崩されていないか懸念も。
大阪 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:52 | 更新情報をチェックする