2016年12月28日

総括2016―昨年の自分を超えられずBクラス転落

はじめに
チーム23年ぶりとなるセ・リーグ連覇を目指し真中満監督は「燕進化」をスローガンに掲げディフェンディングチャンピオンとして挑んだ2016年シーズンであったが,開幕4連敗とつまずくと,結局一年通して一度も貯金を作ることができなかった。シーズン終盤は横浜DeNAとのクライマックスシリーズ争いにこそ絡んだものの息切れ。143試合目に勝てば4位という試合を落とし,5位に終わった。

とにかく故障者が相次いだ。投手陣では開幕早々からカイル・デイビーズが背中に張りを訴え,館山昌平は右肘関節の手術に踏み切ることに。小川泰弘が腰の張りで1ヶ月,石川雅規は左脹脛痛で2ヶ月の戦線離脱。そんな中孤軍奮闘していたルーキ―の原樹理もまた右肩甲下筋の肉離れ。杉浦稔大は6試合,石山泰稚は8試合の登板に終わった。

野手では昨年打撃3部門のタイトルを独占した3人までも怪我に泣かされた。打点王・畠山和洋は6月に左有鉤骨の骨挫傷で離脱すると,2軍調整中に古傷の右アキレス腱痛が再発し,そのまま復帰できなかった。首位打者・川端慎吾は7月に右足舟状骨骨折。8月には本塁打王・山田哲人までも試合中に受けた死球の影響で左第8肋骨骨挫傷が判明し,10試合の欠場を余儀なくされた。時期を同じくするように高井雄平も左側腹部筋挫傷で1ヶ月半,大引啓次も腰痛の影響で後半以降控えに回ることが多くなり,一時期ではあったが昨年の優勝メンバーの半数を欠くという状況にまで陥った。

そしてもう一つ忘れてはならない今年を象徴する出来事があった。6月26日中日戦(神宮)の9回表だった。4-1と3点リードしてマウンドには守護神のローガン・オンドルセク。しかし味方外野手のまずい守備もあって同点に追いつかれると,その苛立ちからベンチで大暴れ。仲裁に入った真中監督にも暴力的な態度を取り,そのまま試合終了を待たずにクラブハウスに引き上げてしまう。この件に関し球団はシーズン中にも関わらず自宅謹慎処分という重い処置を下した。謝罪を受け処分は解かれたものの,7月に入って有給休暇を取得し一時帰国が発表されるとその直後にオリオールズと契約するという変わり身の早さをみせた。退団後に明らかになったことは,ベンチ内での暴言は以前からあり,チームの士気を下げていたということだった。オーランド・ロマン,トニー・バーネットという相談役になりうる年長のピッチャーがいなくなった影響も多少なりともあったであろうが,後ろの計算が不明瞭となっていたことで投手陣全体にしわ寄せがいっていたという点は否めないだろう。

それでも夏場以降新たな戦力の台頭が目立つようになった。西田明央は打力に期待しての一塁起用から中村悠平を押しのけて正捕手をうかがう勢いだった。西浦直亨は大引をおしのけてショートのレギュラーポジションを奪い取った。日本ハムを戦力外となりトライアウトを経て入団した鵜久森淳志もクリーンアップを任されるまでに。オリックスを自由契約になった坂口智隆はチーム最多となる141試合に出場。昨季の大半を棒に振ったウラディミール・バレンティンが31本塁打,96打点と復活。ドラフト2位ルーキ―広岡大志は9月29日DeNA戦(横浜)で引退登板となっていた三浦大輔から球団史上初の高卒新人プロ初打席本塁打を放つ鮮烈なデビューを飾った。

オンドルセクの退団後秋吉亮が抑えに完全定着し19セーブをマーク。ジョシュ・ルーキはリーグ3位の33ホールドを挙げた。昨季一軍登板0に終わった村中恭兵が2年ぶり,開幕時は育成契約だった平井諒佐藤由規もそれぞれ3年ぶり,5年ぶりの勝利を挙げ見事復活を果たした。松岡健一も自身5年ぶりとなる50試合登板でブルペンを支え続けた。

【表1】セ・リーグ順位表
順位チーム試合勝数敗数引分勝率勝差得点失点本塁打盗塁打率防御率
1広 島14389522.631684497153118.2723.20
2巨 人14371693.50717.551954312862.2513.45
3DeNA14369713.4932.057258814067.2493.76
4阪 神14364763.4575.05065469059.2453.38
5ヤクルト14364781.4511.059469411382.2564.73
6中 日14358823.4145.05005738960.2453.65

緒方孝市監督率いる広島が1991年以来25年ぶりの優勝を飾った2016年のセ・リーグ。シーズン89勝はリーグでは1965年の巨人(90勝)に次ぐ数字で,2リーグ制となった両リーグでも9番目。2位巨人に17.5ゲーム差をつけたのも,1990年巨人(22.0差),1951年巨人(18.0差)に次ぐ数字で,文字通り独走優勝だった。
菅野智之が最優秀防御率最多奪三振,坂本勇人が首位打者と投打の主軸こそしっかりしていたものの,貯金2の2位に収まった巨人は,クライマックスシリーズファーストステージでもDeNAに敗退。3年連続V逸は許されまいとオフの大型補強に動き高橋由伸監督にプレッシャーをかけてきた。
横浜DeNAは借金2ながらも,クライマックスシリーズが導入され10年目で球団史上初のCS進出を果たし,アレックス・ラミレス監督の手腕が評価を上げている。
金本知憲監督が就任し「超変革」の名の下に大々的な世代交代を打ち出した阪神は公式戦7連勝で締め4位に食い込んだ。
8月上旬に谷繁元信監督が休養を命じられた中日は1997年以来19年ぶりにリーグ最下位に転落した【表1】


チーム成績
【表2-1】チーム月別成績
通産
試合勝数負数引分勝率順位打率本塁得点失点防御勝率順位
36141.2006.278324325.17.2006
42312110.5224.27517971165.13.4645
52612140.4624.246221231214.54.4636
6239140.3914.271221071275.52.4426
7228140.3645.23814801155.11.4246
8241590.6252.2501998943.63.4634
9187110.3895.2441664864.47.4544
101010.000-.2420133.38.4515


開幕3連戦早々からブルペンの構想は崩れた。左のセットアッパーを期待して獲得した新外国人ルイス・ペレスがインフルエンザに感染。翌々日には徳山武陽も感染していることが明らかになった。

4月6日広島戦(マツダ)では先発が予定されていたデイビーズの回避により寺田哲也がスクランブル先発を託されるも2イニングもたずにKO。昨季終了時であと4勝に迫っていた球団通算4000勝を達成したのは開幕から12試合目の8日DeNA戦(横浜)だった。19日阪神戦(甲子園)では怪我の大引に代わりにショートを任され打率.500と好調を維持していた谷内亮太が藤波晋太郎から死球を受け左尺骨骨折と波に乗れずにいた。
それでもツバメはゴールデンウィークにかけて持ち直してきた。4月30日巨人戦(神宮)で飯原誉士が自身2年ぶりとなる本塁打。翌5月1日巨人戦(神宮)では原樹がプロ初勝利。3日DeNA戦(横浜)まで5連勝で勝率を.500に戻した。10日広島戦(神宮)で新垣渚が史上144人目となる通算1000奪三振を達成した。
チームは19勝19敗1分で迎えた13日巨人戦(東京ドーム)で延長12回の末サヨナラ負けを喫するとそこから4連敗。22日には最下位に転落。25日阪神戦(神宮)で畠山が史上476人目の通算1000試合出場,27日中日戦(ナゴヤドーム)で成瀬善久が史上171人目の通算1500投球回,28日中日戦(ナゴヤドーム)には真中監督が球団史上2番目の速さで通算100勝を達成。24勝29敗1分で交流戦に突入した。

坂口が6月2日北海道日本ハム戦(札幌ドーム)で史上477人目の通算1000試合出場,8日東北楽天戦(コボスタ宮城)で史上273人目の通算1000本安打。15日ソフトバンク戦(神宮)では2014年ドラフト1位竹下真吾がよやくプロ初登板を果たした。シーズン途中に四国アイランドリーグから獲得したハ・ジェフンを起用するなど打開を図ったが6勝12敗と大きく負け越し,交流戦前に5.5差だった首位とのゲーム差は11.0にまで拡がっていた。
リーグ戦再開となった24日からの中日3連戦(神宮)で三輪正義のサヨナラタイムリーなどもあって同一カード3連勝を飾ったが,土肥寛昌がプロ初登板した29日広島戦(マツダ)に早くも自力優勝の可能性が消滅してしまう。

由規が2011年9月3日巨人戦(神宮)以来1771日ぶりに一軍復帰を果たした7月9日中日戦(神宮)に中島彰吾奥村展征がそれぞれプロ初出場。38勝49敗1分で前半戦を終えた。オールスター明けには八木亮祐を放出し,オリックスから近藤一樹を獲得した。

7月26日阪神戦(甲子園)から8月2日広島戦(神宮)にかけて7連敗。東京ドームでは開幕から3カード連続の同一カード3連敗を喫した。この時点で借金は16にまで膨れ上がっておりチームには”終戦”モードが漂ってもおかしくなかった。

しかし8月9日中日戦(ナゴヤドーム)で山田が戦線離脱したことで何かが変わった。山田がいないと勝てないとは言わせないばかりにチームが生まれ変わった。首脳陣が配慮したというバレンティンに事実上のキャプテンを託し,今浪隆博比屋根渉上田剛史荒木貴裕らが日替わりでスタメンに名を連ねた「下町スワローズ」で8月は15勝9敗と今季唯一月間で勝ち越した。
山中浩史と小川が完投勝利を2試合ずつあげるなど,24試合中15試合で先発投手が6回3失点以内のQSを記録し,先発投手がある程度試合をつくればそれなりの戦いができることも証明された。山崎晃太朗が5日阪神戦(神宮)でプロ初安打と初盗塁をマーク。27日阪神戦(甲子園)で石川が史上48人目の通算150勝を達成した。8月30日巨人戦(福井)に敗れ,連覇の可能性は完全に消滅した。

9月6日DeNA戦(横浜)で山田が30個目の盗塁を決めプロ野球史上初となる2年連続トリプルスルーを確実なものとした。昨年まで選手会長を務めた森岡良介が今季限りでの現役引退を表明し,28日DeNA戦(神宮)最後の打席に立った。
昨年は僅か1試合の登板のみに終わった風張蓮岩橋慶侍はそれぞれ6試合,14試合に登板を増やした。役割の難しい第3捕手は藤井亮太井野卓が務め,井野は自身3年ぶりヤクルト移籍後は初の一軍出場を果たした。武内晋一は25試合の出場に終わった。【表2-1】

【表2-2】チーム成績 ※()はリーグ順位
試合勝数負数引分勝率勝差順位得点失点本塁打盗塁打率防御率
201614364781.45125.55594(2)694(6)113(4)82(2).256(2)4.73(6)
201514376652.539-1.51574(1)518(4)107(2)83(3).257(1)3.31(4)
201414460813.42621.06667(1)717(6)139(3)62(5).279(1)4.62(6)
201314457834.40728.56577(3)682(5)134(2)70(4).253(4)4.26(5)
2012144686511.51120.03499(2)514(5)90(2)63(4).260(1)3.35(5)
2011144705915.5432.52484(1)504(5)86(3)43(5).244(3)3.36(5)
201014472684.5146.54617(3)621(3)124(3)66(4).268(2)3.85(2)
200914471721.49622.03548(3)606(5)116(4)106(1).259(2)3.97(5)
200814466744.47117.55583(2)569(4)83(5)148(1).266(4)3.75(4)
200714460840.41720.56596(3)623(4)139(2)66(2).269(2)4.07(5)


優勝した昨年との違い―それは防御率に著実に表れている。実際打率は1厘,盗塁も1つしか変わらず,得点と本塁打に至っては昨年よりも増えているのだ。
昨年リーグ4位の3.31だったチーム防御率が,今季はリーグワーストの4.73でこれは一昨年の4.62をも上回り,過去10年でもワースト(球団史上ワーストは1984年の4.76)だった。さらには先発陣の防御率は4.96,救援防御率は4.34で,チーム全体のQS率も12球団ワーストの41.3%。総失点は694と5位のDeNA(588失点)より100点以上多かった。先発が序盤から崩れ試合を作れず,そのしわ寄せが中継ぎに行くという悪循環に陥った。

数字に表れない精神的な面も否めないだろう。昨年はバーネットという絶対的な守護神がおり,その前にもロマン,オンドルセク,秋吉,中澤雅人久古健太郎という左右のリリーバー陣が控えていたため,先発は最初から思いっきり飛ばせたという。野球は投手と後ろ3枚ということを再認識させられた一年となった【表2-2】

【表3】チーム別対戦成績
広 島巨 人DeNA阪 神中 日日ハムソフトロッテ西 武楽 天オリク
試合2525252525333333143
勝利81111121611121064
敗戦17141412922212378
引分000100000001
得点8280112109127161310151317594
失点135107126116106172217121125694
安打1662172252182353430232728311234
本塁1616251824212414113
三振157135175178155141915142520907
四球866994116100136781114524
死球6867801021039
併殺2327231417421204117
盗塁12913231423202282
失策1571411811110160
打率.210.259.267.251.273.315.280.230.278.257.287.256
防御5.414.264.714.444.056.127.335.884.003.968.004.73


カード勝ち越したのは中日戦と西武戦の2カードのみ。オープン戦,ペナントレース,交流戦,さらにはファームまでも最下位だったオリックスに,唯一負け越したのはヤクルトだった。さらには東京ドームで1勝10敗,マツダスタジアムで2勝10敗などビジターで24勝48敗と大きく負け越した。【表3】

【表4】守備成績
チーム守備率試合守機備会刺殺補殺失策併殺捕逸
参加球団
ヤクルト.989143536037821518602821058
中 日.988143551838441608663371233
広 島.988143556238521643673571287
DeNA.9861435350382214557328310210
巨 人.985143553438471602853911425
阪 神.982143537638241455972469010

守備力は.989で2年連続リーグトップ。失策数も60でリーグ最少だった【表4】

【表5】交流戦順位表と通算成績[2005-2016]
通算[2005-2016]
試合勝数負数引分勝率順位得点失点本塁盗塁打率防御率試合勝数負数引分勝率勝差
福岡ソフトバンク181341.7651位83482312.2732.5030018010812.625
千葉ロッテ181260.6672位8556117.2822.7430015912714.55620.0
北海道日本ハム181080.5565位67541715.2652.8330016013010.5521.0
巨 人18990.5007位6478135.2624.183001561359.5364..5
中 日187110.3898位4649128.1952.3130014714310.5078.5
埼玉西武18990.5006位6965912.2623.103001481466.5031.0
阪 神187110.38910位447239.2233.8530014314710.4933.0
オリックス185130.27812位54761017.2313.863001411518.4833.0
東京ヤクルト186120.33311位841041411.2755.903001381557.4713.5
東北楽天181170.6114位67601210.2443.013001371594.4632.5
広 島181161.6473位61571520.2493.0630012516411.4338.5
横浜DeNA187110.3899位6065138.2453.513001121817.38215.0


18試合制となって2年目の交流戦。ソフトバンクが13勝4敗1分勝率.765で,2年連続6度目の勝率1位。最終成績はパ・リーグの60勝47敗1分で7年連続勝ち越し。今年もまた6位までをパ5球団が占めた。ヤクルトは2009年を最後に勝ち越しが無く,これで7年連続負け越しとなった【表5】

DATE2016〜魔の火曜日
かつてこれほどまでに曜日による偏りを感じたことがあったであろうか?というくらい今年は火曜日に勝てなかった。6月14日ソフトバンク戦(神宮)に勝ったのを最後に12連敗。4勝20敗は勝率にして.167。この数字は野球界ではあまり考えられない。余談にはなるがオープン戦も火曜日は2戦2敗だった【表6-1】

【表6-1】曜日別勝敗
試合勝数敗数引分勝率得点失点本塁盗塁打率防御率
月曜日11001.009303.3033.00
火曜日244200.167791451514.2326.14
水曜日2513120.5201101182313.2724.46
木曜日181071.58899951213.2685.12
金曜日2311120.47887911819.2283.84
土曜日2716110.5931151122211.2734.08
日曜日259160.36095130239.2554.99
14364781.45159469411382.2564.73



【表6-2】セ・リーグ各球団曜日別勝敗
球団別に着目してみたが,広島の火曜日(.826)とDeNAの土曜日(.769)が際立つが,均せば納得できる数字が並んでいるだけに,勝率.167は余計に際立つ【表6-2】
広 島巨 人横浜DeNA
試合勝数負数引分勝率試合勝数負数引分勝率試合勝数負数引分勝率
月曜日2110.5002110.5004130.250
火曜日231940.826211380.619239140.391
水曜日2313100.565251780.6802313100.565
木曜日201280.600197111.389186111.353
金曜日231490.6092511131.4582412111.522
土曜日2715111.577278181.308262060.769
日曜日251591.6252414100.583258161.333
阪 神東京ヤクルト中 日
試合勝数負数引分勝率試合勝数負数引分勝率試合勝数負数引分勝率
月曜日3210.66711001.002110.500
火曜日2312110.522244200.1672411130.458
水曜日227150.3182513120.520247170.292
木曜日181062.625181071.588175111.313
金曜日2511140.4402311120.4782412120.500
土曜日2711160.4072716110.593269161.360
日曜日2511131.458259160.3602613121.520


火曜日といえば6連戦の初戦にあたり,裏ローテとはいわれるが柱となる投手を据えることが多くなる。また連戦の初戦ということでできるだけ中継ぎをつぎ込むのは避けたいという思惑も交錯する曜日。来季は火曜日のローテーション運用にも注目したい。

おわりに〜2017シーズンに向けて
昨年9月に自身2度目となるトミージョン手術を受けた山本哲哉は9月1日イースタンロッテ戦(ロッテ浦和)で実戦復帰を果たすなど順調に回復し,来季は一軍復帰が見込めそう。廣岡の陰に隠れがちだが渡辺大樹も高卒ルーキーながらイースタンで76試合に出場,打率.254と安定した守備が評価され,台湾で行われたウィンターリーグのイースタンリーグの選抜メンバーに選出された。一方で高橋奎二日隈ジュリアスは故障に泣かされ一年をほぼ棒に振るった。ファームの捕手は主に星野雄大山川晃司が務めた。2年目の原泉も終盤は怪我で出番なく終えている。

寺田,中元勇作児山祐斗木谷良平,新垣,田中雅彦松井淳川上竜平が戦力外通告を受け,田川賢吾古野正人は来季より育成契約を結ぶことになった。コーチ転身を打診された田中浩康は出場機会を求めDeNAに移籍することになった。ペレス,デイビーズ,ジェフンの外国人選手3名も退団となり,新たにメジャー通算19試合0勝1敗のプレストン・ギルメット,同通算35試合8勝17敗のデービッド・ブキャナン,同通算209試合30勝41敗のロス・オーレンドルフの3投手と,ディーン・グリーンを獲得した。

2009年以降7年連続してドラフト1位指名の競合に敗れていたが,今年は寺島成輝(投手・履正社高)の単独指名に成功。星知弥(投手・明治大),梅野雄吾(投手・九産高),中尾輝(投手・名古屋経大),古賀優大(捕手・明徳義塾高),菊沢竜佑(投手・相双リテック)と投手を中心に6名,育成ドラフトでは大村孟(捕手・BCリーグ石川)を指名した。合同トライアウトからは前楽天・榎本葵との契約合意に達した。

来季就任3年目となる真中監督体制。2014年から一軍投手コーチを務めてきた高津臣吾コーチが二軍監督に就任することに伴い,伊藤智仁投手コーチがブルペン担当からベンチ担当となり,ファームから昇格した石井弘寿投手コーチがブルペンを担当し,押尾健一戦略担当コーチが新たに投手コーチ補佐も兼務し,3名体制で投手再建に着手することになる。野手は三木肇ヘッドコーチ以下,杉村繁チーフ打撃コーチ,宮出隆自打撃コーチ,福地寿樹外野守備走塁コーチ,野村克則バッテリーコーチと顔ぶれは変わらないが,今季限りで現役引退した森岡野手コーチ補佐として新たに加わる。

2年連続最下位と低迷を続けるファームは,宮本賢治二軍監督,成本年秀二軍投手コーチ,斉藤宜之二軍打撃コーチ,芹澤裕二二軍バッテリーコーチが退団となり,水谷新太郎二軍内野守備走塁コーチがチーフを兼ね,留任は松元ユウイチ二軍打撃コーチ,笘篠誠治二軍外野守備走塁コーチのみ。赤堀元之二軍投手コーチ,小野寺力二軍投手コーチ,北川博敏二軍打撃コーチ,野口寿浩二軍バッテリーコーチと4名を新たに招聘した。

野手は現有戦力がある程度計算でき,新たな戦力も台頭しつつある。投手は新外国人3名とルーキーに期待しないと計算が立たないため,現有戦力の底上げと後ろの確立が求められる。ここを建て直せば2年ぶりのV奪回も見えてくるだろう。もちろん大型補強の巨人を走らせないことも必須となる。

参考資料
『週刊ベースボール』第71巻 第65号 通産3426号,ベースボールマガジン社,2016.12
「ニッカンスコア速報」
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201603.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201604.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201605.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201606.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201607.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201608.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201609.html
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/schedule/2016/s201610.html
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:00 | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

右腕オーレンドルフを獲得=プロ野球・ヤクルト & つば九郎、契約交渉に遅刻 現状維持2万2000円

65人目の支配下選手はバリバリのメジャーリーガー!!似たような名前の外国人が今年6月くらいまで居たような気がするのは気のせいカナ?!
 ヤクルトは27日、米国出身のロス・オーレンドルフ投手(34)=193センチ、108キロ、右投げ右打ち=を獲得したと発表した。1年契約で、年俸150万ドル(約1億7600万円)プラス出来高払い。背番号は34。
 米大リーグでは通算209試合に登板して30勝41敗3セーブ。今季はレッズで64試合に救援で登板したが、球団は先発として期待している。
 来日1年目で4勝5敗に終わったデイビーズ投手の退団も決まった。(金額は推定)。 [ 時事通信 12/27(火) 15:56配信 ]

年俸150万ドル(約1億7600万円)がどれだけ凄いかというと,ここ10年で最も来日時の年俸が高かった順にローガン・オンドルセク(1億4400万円),次いでダニエル・リオス(1億450万円),そしてクリス・ナーブソン(9000万円)と続いていたので,この金額がヤクルト球団からすれば超破格の条件であることが分かるでしょう。

さらにメジャー通算30勝(41敗3セーブ)というのも,ナーブソン26勝(18敗),オンドルセク21勝(11敗)よりもさらに上を行く数字。

巨人や中日も獲得を検討していたという右腕にオファーが実ったのは,先発としての評価が本人の希望と一致したからとのこと。
ここ2年間はリリーフ専門の投手になぜ先発のオファーを出したのか?さらには契約に際し先発しか受け入れないという条件が盛り込まれているかどうか?は気になるところではありますが・・・

動画を見ると両腕を前後に振って反動をつける独特のワインドアップ投法。MAX153km/h。そこに縦横2種類のスライダーを織り交ぜるパワーピッチャー。

「日本でプレーできる機会を与えていただいたスワローズに対し感謝し、とても光栄に思っています。過去にスワローズでプレーした友人らからチーム、ファン、東京の良い話を伺いました。監督、コーチ、チームメートに会うことを今から楽しみにしています。ファンの皆さんがたくさん傘を振れるように全力を尽くして頑張ります」

グリーン,ギルメット,ブキャナン,オーレンドルフと皆さま傘の応援がお気に召されているのはなんで?!

背番号は34。
○高野光(1984-1993)→○クラーク(1994)→○北川哲也(1995-1999)→○ニューマン(2001-2002)→○ベバリン(2003-2004)→○ガトームソン(2005-2006)→△シコースキー(2007)→○リオス(2008)→○八木亮祐(2009-2010)→64バーネット(2011-2015)→○デイビーズ(2016)→○オーレンドルフ(2017-)
すっかりカタカナ選手の番号として定着した感があります。べバリン・ガトームソン級の活躍はしてもらわないと!

オーレンドルフの獲得に伴って正式に退団が決まったデイビーズ。カイル国に帰るなんて洒落は置いておいて惜別メッセを。

34.カイル・デイビーズ(2016)
3月31日阪神戦(神宮)で来日初登板初先発。その来日初球を阪神・高山俊にスタンドまで運ばれ,これが高山にとってプロ初本塁打となった。この試合では勝ち負けがつかず。
翌週来日2試合目のとなる広島戦(マツダ)に向けた調整の際にへ背中の張りを訴え登板を回避することに。そのまま登録抹消となる。
5月25日に再登録され,5月30日日本ハム戦(札幌ドーム)で来日初勝利。外国人枠の関係などもあり以降登録と抹消を繰り返しながらも登板試合はすべて先発を任された。
9月3日広島戦(神宮)で4勝目を挙げるまで,来日から13試合連続で最低でも5イニングを投げ切り,今季のヤクルト投手陣にあっては先発としての役目を十二分に果たしてくれていたが,9月9日巨人戦(神宮)・16日巨人戦(東京ドーム)でいずれも5回もたずKOで敗戦投手に。
翌17日に抹消されると,その後はファームでも登板するなど残留へ向けてのテスト登板も行われていたが,12月2日自由契約となっていた。


そして今年のトリを飾る話題はつば九郎。
つば九郎、契約交渉に遅刻 現状維持2万2000円
 ヤクルトの公式マスコット「つば九郎」が27日、都内の球団事務所で予定されていた契約更改交渉に遅刻し、現状維持の2万2000円でサインすることとなった。
 事務所入り口の横には「ヤクルト球団は、本年の業務は終了しました。遅刻は良くないよ」と張り紙が出されていた。
 つば九郎は「ちこくのげんいんは じてんしゃにのりおくれた」と弁明したが、交渉できずガックリ。来季の目標は「にっぽんいち」「かってにかいさんしない」と掲げた。(金額は推定)[ 日刊スポーツ 12/27(火) 16:02配信 ]

毎年社長との漫才を楽しみにしていたのですが,今年は”遅刻ネタ”で社長との絡みはなし。契約なのにハンコ押してないような気がするのは気のせいカナ?!

各紙様々なネタを抽出。
サンスポ
ヤクルト・つば九郎が遅刻で現状維持 なぜか中日・平田へ怒りが飛び火?!
 ヤクルトの球団マスコット、つば九郎が27日、契約更改交渉のため東京・港区北青山の球団事務所を訪れたが、まさかの遅刻。張り紙で現状維持を通達された。
 『本年の業務は終了しました。遅刻は良くないよ。来年は酉年なので、つば九郎の年にしてください。社会鳥として自覚を持ってパトロールに取り組んでください。って事で、現状維持です』
 自転車に乗り遅れたつば九郎は午後1時30分、事務所に到着。だが球団はこの日が仕事納めで、午前中に業務が終了していた。そのため交渉ができないまま、来季年俸は現状維持の2万2000円+ヤクルト飲み放題に決まった。
 つば九郎は「(ロシア大統領の)ぷーちんのようにちこくしたのに、こうしょうしてもらえなかった」と意気消沈。その直後、なぜか中日・平田に怒りが飛び火した。国内FA権を保有していた平田については、ヤクルトが獲得調査を行っていたが、残留。この経緯から「FAで(ヤクルトに)はいるはずの、ひらたくんがこける!!」と書き込んだ。
 来季の目標は「にっぽんいち。ますこっとしじょうはつの、3ねんれんぞくとりぷるすりーをねらいます」と宣言。2年連続トリプルスリーを達成した山田の今季成績が打率・304、38本塁打、30盗塁だったことに引っかけ「ぱとろーる304かい、まんばけん38ほん、あらたなみせをかいたく30けん」と記した。[ サンケイスポーツ 12/27(火) 18:43配信 ]

スポニチ
つば九郎 現状維持でサイン、まさかの遅刻 来季目標は「かいさんしない」
 ヤクルト・つば九郎が27日、都内の球団事務所で契約更改を行い、現状維持の2万2000円でサイン。交渉に臨むはずが「ヤクルト球団は、本年の業務は終了しました。遅刻は良くないよ」と入り口のドアに張り紙が。「ぷーちんのようにちこくしたのにこうしょうしてもらえなかった」と肩を落とした。
 来季の目標については「日本一」、「かってにかいさんしない」と書き込み、解散するSMAPの最も好きな曲を聞かれて「はじまりのうた」と即答。「(来年は)つばくろうがりゅうこうごたいしょうになる」と高らかに誓った。(金額は推定)[ スポニチアネックス 12/27(火) 14:52配信 ]

デイリー
つば九郎が契約更改に「ぷーちんのように」大遅刻 張り紙で現状維持通知される
 ヤクルトのマスコットつば九郎が、27日に都内の球団事務所で契約更改交渉に臨む予定だったが、大遅刻するハプニングが起こった。当初、正午の予定だったが3時間遅刻したため球団業務は終了。事務所の入り口付近には「遅刻は良くないよ。来年は酉年なので、つば九郎の年にしてください」などと書かれた張り紙があり、「って事で現状維持です」と通達された。
 2万2000円プラスヤクルト飲み放題の現状維持が決まり、「ぷーちんのようにちこくしたのにこうしょうしてもらえなかった」「かみってなかった」と渋々、受け入れるしかない。
 来年の野望は「にほんいち」に加えて、「かってにかいさんしない」と今年12月31日に解散するSMAPを連想させる“時事ネタ”も披露した。「つばくろうがりゅうこうごたいしょうになる」と2017年は、球界の主役?になることを高らかに宣言した。[ デイリースポーツ 12/27(火) 16:10配信 ]

報知
【ヤクルト】つば九郎「かみってなかった」3時間大遅刻で契約更改交渉できず
 ヤクルトの人気球団マスコット・つば九郎が27日、都内の球団事務所で契約更改に臨む予定だったが、約3時間の大遅刻で交渉することができなかった。
 下交渉の段階では、今オフ球団の日本人選手では史上最高額となる3億5000万円でサインした山田哲人内野手(24)と同等の「3おく5000」だったというが、来季も今季と同じ2万2000円+ヤクルト飲み放題にとどまった。
 つば九郎は「ぷーちんのようにちこくしたのに こうしょうしてもらえなかった ちこくのげんいんはじてんしゃにのりおくれた かえります かみってなかった」と寂しそうに帰路についた。
 2017年は酉(とり)年。球団からは「来年は酉年なので、つば九郎の年にしてください」とのメッセージを受け取った。来季の野望を聞かれると「にっぽんいち」に加えて「かってにかいさんしない」と年内をもって解散するSMAPをもじった回答。
 更には「ますこっとしじょうはつの3ねんれんぞくとりぷるすりーをねらいます」と最後まで山田をライバル視していた。[ スポーツ報知 12/27(火) 16:01配信 ]

これだけでも爆笑会見だったことが窺えますね♪
2017年は酉年=燕年。いい年にしましょう!つば九郎はろんもち年男になるまーくん!も!!

総括2016を年内にお届けしてブログ納めと致します。それではみなさん良いお年を!!
東京 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:00 | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

ヤクルトの山田は3億5000万円=球団の日本人最高額―プロ野球・契約更改

選手のトリは山田様。大トリはあの鳥だよね。へでで。
 ヤクルトの山田哲人内野手(24)が21日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億3000万円増の3億5000万円で更改した。日本人選手としては現在は米大リーグ、アストロズに在籍する青木宣親の3億3000万円を上回り、球団史上最高額。高卒野手で7年目の年俸が3億円を超えるのはオリックス時代のイチローに並ぶ最速で、「いい評価をいただき、非常に光栄」と喜んだ。
 山田は今季、打率3割4厘、38本塁打、30盗塁をマークし、史上初の2年連続トリプル3を達成。来季もこの記録を目標に掲げ、「3年連続で達成したい」と宣言した。
 来春のWBC日本代表にも選出されている。この日、新たに代表入りした青木と共にプレーすることを心待ちにしている様子で、「すごく楽しみ。スコアボードに山田、青木の名前が並ぶのを見たい」と話した。ヤクルトはこれで全選手が契約更改を終えた。(金額は推定)。[ 時事通信 12/21(水) 18:10配信 ]

青木超えで,球団日本人最高年俸に。
来年以降ヤクルト球団は山田様の年俸を支払うことが出来るのでしょうか・・チケット代が上がるのも山田様の年俸のためですからやむを得ませんよね。。

新旧1番のニュースも。
青木「チームの力に」=3度目のWBC出場―野球
 来春開催の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表「侍ジャパン」に選出された米大リーグ、アストロズの青木宣親外野手が21日、東京都内で記者会見し、「チームの力になることしか考えていない。自分の経験を伝えられれば」と抱負を語った。
 青木のWBC出場はヤクルト時代の2006年、09年大会に続き3度目。13年の前回大会の日本代表は国内選手のみで編成されたため、メジャー選手の参加は2大会ぶりとなる。
 小久保裕紀監督は「中心選手として世界一奪還へチームを導いてほしい」とコメントした。[ 時事通信 12/21(水) 17:25配信 ]
 
「スコアボードに山田、青木の名前が並」んだのは過去に3試合だけ。

2011/11/3 6山田 7上田 5宮本 8青木 9バレンティン 3ホワイトセル 2相川 4田中 1石川
2011/11/4 6山田 7上田 8青木 3畠山 9バレンティン 5宮本 2相川 4森岡 1村中
2011/11/5 6山田 7上田 8青木 3畠山 9バレンティン 5宮本 2相川 4森岡 1赤川

6年ぶりの夢のスタメンが組まれる春が待ち遠しいですね。でもその斜め上を行くのが小久保采配ですけど( *`ω´)

そんな青木も日米通算2000本安打まであと35本まで迫っており,来年早い段階での達成が予想されます。

そして山田と同様本日契約更改した石川。本人も「200勝」に意欲を燃やしています。
ヤクルトの石川は1億8000万円=プロ野球・契約更改
 【ヤクルト】石川は2000万円減の1億8000万円でサイン。3年契約の最終年を終え、新たに1年契約を結んだ。8勝に終わった今季は左ふくらはぎ痛の影響もあって9年ぶりに規定投球回数に届かず、「情けないシーズンだった」。通算152勝の左腕は、来年1月に37歳。「1年でも長く続けて、なんとか200勝したい」と決意を新たにした。(金額は推定)。[ 時事通信 12/21(水) 15:07配信 ] 

もし青木&石川が名球会入りを果たせば,ヤクルト史上で1試合だけスタメンに名球会メンバーが6名連ねるという伝説の試合があったことになるんですよね。

2004/10/6 8青木 6宮本 5岩村 2古田 7ラミレス 9稲葉 4土橋 3畠山 1石川
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:23 | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ヤクルト、ブキャナン投手を獲得=プロ野球

 ヤクルトは19日、米国出身のデービッド・ブキャナン投手(27)=191センチ、90キロ、右投げ右打ち=を獲得したと発表した。1年契約で、年俸75万ドル(約8800万円)プラス出来高払い。背番号は28。先発として期待している。
 米大リーグでは昨季までの2年間で通算35試合に登板して8勝17敗の成績。今季はフィリーズ傘下3Aでプレーした。(金額は推定)。[ 時事通信 12/19(月) 19:13配信 ] 


コメント
「この度、スワローズの一員になれることに大変興奮しています。チームのことのみではなく、素晴らしいスワローズファンの皆さまのこと、そして素晴らしい文化と歴史ある東京の話もたくさん聞き、スワローズでプレーすることをとても楽しみにしてます。特に、映像でもファンの皆さまの応援を見ましたが、エネルギーに溢れ、衝撃が走りました。この素晴らしい機会を与えていただいた球団に感謝し、チーム内からだけでなく、スワローズファンや東京の人々からも良い評価をいただける活躍が出来るように頑張ります」

傘の応援がお気に召されたようですね(笑

191cmの長身から巧みにボールをコーナーに操る。動画を見ると広島にいたバリントンのようなタイプでしょうかね。

背番号は「28」。
○八重樫幸雄(1970-1993)→△池田親興(1995)→38野口寿浩(1996-1998)→△城石憲之(1998-2000)→△入来智(2001-2002)→△佐藤秀樹(2003-2004)→○川本良平(2005-2013)→△田中雅彦(2013-2016)→○ブキャナン(2017-)
八重樫・野口・川本・田中雅とキャッチャーのイメージの強い番号ですが,ピッチャーがつけるのは佐藤秀以来13年ぶりとなります。

12月2日付でデイビーズが保留選手から外れたため,このブキャナンで支配下選手は64名。トライアウトからの獲得も音沙汰ないまま年を越しそうですが,少なくともあと1名どうするのでしょうか・・・
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:09 | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

2月25日から107試合=プロ野球オープン戦

 セ、パ両リーグは12日、2017年の春季オープン戦日程を発表した。2月25日から3月26日まで、今年より9試合多い107試合を行う。球団別では日本ハムと中日の20試合が最多で、西武は最も少ない13試合。
 開幕日は沖縄県内で4試合が組まれ、今年日本一の日本ハムは名護で阪神と、森新監督の中日は北谷で広島と顔を合わせる。西武とオリックスはそれぞれ3月8日に初戦を行う。
 公式戦は両リーグとも3月31日に開幕する。[ 時事通信 12/12(月) 14:45配信 ]

2017年東京ヤクルトスワローズオープン戦日程表
2/2526
ロッテ広島
浦添浦添
13:0013:00
27283/12345
ソフトバンク
鹿児島北九州
13:0013:00
6789101112
阪神東北楽天広島
甲子園倉敷福山マツダ
13:0013:0013:0013:0013:00
13141516171819
千葉ロッテオリ楽天阪神
マリン神宮神宮神宮神宮
13:0013:0013:0013:0013:00
20212223242526
巨人西武楽天日本ハム
神宮神宮神宮札幌ドーム
13:0013:0013:0014:0013:00


オープン戦の日程発表。WBCの影響で開幕が一週間遅れるものの,今年同様19試合が組まれました。そもそも今年は2月第3週から始まりましたからね。
過去3年間改修工事の影響で3試合止まりだった神宮での試合は7試合と大幅に増えました。

 ・浦添でのロッテ戦は初開催。広島戦は2年連続2回目。
 ・ソフトバンクのお膝元九州・鹿児島での主催試合。2003年3月2日にロッテと対戦がありましたが,この時はビジター。主催となるといつ以来になるのでしょうか?!主催試合で相手はソフトバンクということはBASEBALL L!VE解説は池田解説員の可能性高そう
 ・甲子園阪神戦と倉敷楽天戦はいずれも2015年以来2年ぶり。
 ・福山マツダの2連戦は2014年以来3年ぶり。
 ・ZOZOマリン(千葉)での試合は2004年3月23日以来13年ぶり。
 ・神宮ロッテ戦は2年ぶり。神宮オリックス戦と楽天戦は4年ぶり。神宮西武戦は5年ぶり。
 ・2年連続ラストは札幌ドーム。

あとはファーム関連の日程。それは来年1月末頃。それによって新入団選手発表の日が読めるはず。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:14 | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

つばめ野球クリニック2016

161210_0.jpg
春は稲刈り。夏はバスツアー。秋は稲刈り。そして冬は野球教室と四季を通じて楽しめる感のある燕市イベント。
今回は石川雅規投手と雄平外野手が来燕し,野球教室の講師を務めて下さいました。
ヤクルトスワローズ新潟支燕会「つばめ会」会員は見学自由なのですが,もう市長以下市の地域振興課の職員さんに顔バレしてるんでなんの躊躇もなく入らせてもらってる感があります笑

まずは鈴木燕市長のご挨拶から。
161210.jpg
よーく見たら「T.SUZUKI」のネームが刺繍されているじゃないですかぁぁぁ!

そして講師の石川先生と雄平先生。
161210_1.jpg
ユニフォーム姿をこれだけの至近距離で拝めるのはやっぱりいいです!

石川先生
161210_2.jpg
まずはストレッチで体を温め,ベースランニングやキャッチボールなど室内で出来る練習を。
もちろんコミュニケーションも欠かせません。「みんなどこのファン?」と訊ねると「中日」「巨人」「日本ハム」「広島」とヤクルトのヤの字も出てこない展開に「みんな今日何の教室か知ってる?」と横断幕を指さすので, 球児が「つばめ野球クリニック」と口を揃えたところで, 石川先生が「改めて訊くよ。みんなどこのファン?」 と言うと球児は口を揃えて「ヤクルトー」と答えました。約1名頑なに「日本ハム」と言っている子がいましたが笑

石川先生と雄平先生のキャッチボールも迫力ありました。
161210_3.jpg

その後投手と捕手のバッテリーは石川先生に,野手は雄平先生にそれぞれ分かれての指導。石川先生はピッチングを,雄平先生はフライの捕り方などを指導していました。
石川はピッチャーがストライクを投げなければ試合は始まらない。いくら速い球を投げられたってストライクが入らなければ意味が無い。バッテリーは試合では中心にいるのだから常に野手に見られていることを練習から意識してほしいと。
一方雄平は背面キャッチなど遊び要素を交えながら。プロなら背面キャッチくらい出来ると実演を魅せ球児たちの視線を集めていました。

再び投手野手一緒になり最後は石川が投げ雄平が打つトスバッティング。
雄平先生は実演を交えながら,タイミングを合わせること。バッターは受け身であること。肩・腰・膝が平行になると軸回転が綺麗になると。
石川先生に振られ右打席で山田哲人や畠山の真似も披露してくれましたが,廣岡大志を例にだし,廣岡も山田の真似をしているがそれはとても良いこと。みんなもYou tubeなんかで見て真似してみてと真面目にアドバイスしていました。

閉会式では質問コーナーも。
ヤクルトファンファンと思われる少年から「昨年優勝を決めた試合でサヨナラヒットを打った雄平選手はどんな気持ちであの打席に入ったのですか?」と。雄平は「投手が能見さんだったので相手は外のスライダーで空振りを取りにくるだろうから,それに手を出さないで,インコースの真っ直ぐを待とうとしっかり考えて打席に入ってあの結果になりました」と。

他には「石川投手はホームランを打ったことがありますか?」という質問に石川は「小学校中学校高校大学プロと生まれて一度もホームラン打ったことない」と暴露。「来年打てるように頑張ります」と言いつつも,「中1で137cmしかなく小さかったけどプロになれた」「何かを続けること」「継続は力なり」と自身の経験を語ってくれました。

「一番投げずらい選手は誰ですか?」という質問には「広島の菊池」と答えた石川。「どんな球も芯に当てられるし,塁に出したら走られるし,走攻守すべてにおいて投げにくい」ということでした。

「石川投手と小川投手どっちがエースですか?」という際どい質問も。石川曰く「負けたくはないがやはりエースは小川だと思うし,負けないようにやっていると」

雄平には「誰がライバルですか?」という質問がくるも,「バレンティンというのは冗談で自分自身がライバル。練習すべてにおいて妥協しない」と雄平らしさが出ていました。
161210_4.jpg

本来ならもっと技術的なことを教えたいけれど今回は参加してくれた児童全員にサインをする時間を取りたいということで,市内13チームの参加者252人全員に30分以上の長きにわたってペンを走らせてくださいました。
161210_5.jpg
子どもたちにとっては一生の思い出になることでしょう。そして子どもたちが終わったあとに大人の時間も設けて下さいました。

今季の雄平の登場曲Mr.Children「I'LL BE」。1999年5月発売の8cmシングルにサインをしていただきました♪
これにはさすがに雄平選手も”おっ!”と驚いてくれたようで,”来年も絶対ミスチル使います”って言ってくださいました。石川選手にはボールにしていただくことに成功☆
161210_6.jpg

明日も燕市で「燕戦士 プロ野球ココだけのはなし」と題したトークショーが一般向けに開催されるようですが,そちらはちょっと所用があって参加出来ませんのであしからず。
新潟 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:15 | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

寺島「新人王目指す」=ヤクルトが新入団発表―プロ野球

 ヤクルトは8日、東京都内で新人7選手(育成1人を含む)の入団発表を行い、ドラフト1位の寺島成輝投手(大阪・履正社高、背番号18)は「直球には自信がある。開幕1軍に入り、新人王を目指したい」と意気込みを語った。真中監督はルーキーたちを前に「存分に力を発揮してほしい」と期待を寄せた。[ 時事通信 12/8(木) 18:10配信 ]
 
友引に入団発表。

1位寺島と仮契約=背番号18、「負けない投手に」―プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトは29日、ドラフト1位で指名した大阪・履正社高の寺島成輝投手(18)と大阪市のホテルで入団交渉し、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1200万円で仮契約した。背番号が18に決まり、寺島は「小さい頃からプロ野球を見てきて、18番はすごい選手ばかり。重い番号をしっかりと自分のものにしていきたい」と抱負を語った。
 高校球界ナンバーワン左腕と評され、力強い速球を持ち味に完成度が高い。将来のエース候補は「自信のあるストレートを前面に出したい。負けない投手が理想」。2年連続「トリプル3」を達成した高校の先輩、山田とはチームメートになる。「球界を代表する打者なので、どんな攻められ方が嫌なのかを聞いてみたい」と話した。(金額は推定)。[ 時事通信 11/29(火) 18:33配信 ]
 
「新鮮でかっこいいユニホームに袖を通したのですごく嬉しいです。ストレートに自信があるので、力強いストレートがセールスポイントです。尊敬する選手はプロ野球選手全員です。人それぞれ長所があると思うので、選手全員が尊敬できると思います。まずは開幕一軍にいることを目指して、1年目の最後には新人王を目指したいと思います」

ドラ1に与えられた背番号はエースナンバー「18」。
○伊東昭光(1986-1998)→23藤井秀悟(2002-2007)→○バレット(2009)→○杉浦稔大(2014-2016)→○寺島成輝(2017-)
いくら怪我がちとはいえ,まさか杉浦が僅か3年で「18」を剥奪されるとは思ってもみませんでした。

2位星と仮契約=プロ野球・ヤクルト
 【ヤクルト】2位指名の星知弥投手(明大)と契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約した。これで指名全6選手と仮契約を終えた。(金額は推定)。[ 時事通信 12/1(木) 19:04配信 ]

「伝統のあるユニホームを着て、嬉しいのと同時に責任感も少し出てきたかなと思います。セールスポイントはストレートで、寺島投手とはまた違うストレートだと思うので、そこを見ていただきたいです。活躍するのももちろんですが、ファンの方々に愛される選手になりたいと思います」
 
背番号は「24」。
53内藤尚行(1989-1994)→△吉井理人(1995)→△木下文信(1996-1997)→△エーカー(1998-1999)→○花田真人(2000-2009)→○荒木貴裕(2010-2016)→○星知弥(2017-)
荒木がつけていたとはいえ,元は投手の番号ですからね。

3位梅野と仮契約=プロ野球・ヤクルト
 【ヤクルト】3位指名の梅野雄吾投手(福岡・九産大九産高)と契約金5000万円、年俸580万円で仮契約した。(金額は推定)。[ 時事通信 11/8(火) 18:35配信 ] 

「伝統のユニホームを着られて嬉しい。ピンチのときの力強いまっすぐに注目してほしいです。小さい頃から体操をしていたので、逆立ちが得意です。最初は身体を作って、少しでも早く一軍デビューしたいです」

梅ちゃん先生には「38」。
○土橋勝征(1987-1994)→67野口寿浩(1995-1996)→△野中徹博(1997-1998)→○本郷宏樹(1999-2005)→12三澤興一(2006)→○衣川篤史(2007-2011)→○中根佑二(2012-2013)→○ナーブソン(2014)→○寺田哲也(2015-2016)→○梅野雄吾(2017-)
ここ数年は定着しない番号。新入団選手発表での逆立ち披露で新たな時代を!

4位中尾と仮契約=プロ野球・ヤクルト
 【ヤクルト】4位指名の中尾輝投手(名古屋経大)と契約金4500万円、年俸700万円で仮契約した。(金額は推定)。[ 時事通信 11/16(水) 20:14配信 ]
 
「ずっとテレビで見ていたユニホームを着られて嬉しいです。右バッターのインコースに投げるストレートがセールスポイントだと思っています。開幕一軍目指してどんどんアピールしていきたいと思います」

63加藤博人(1990-2000)→△寺村友和(2001-2002)→○佐藤賢(2004-2011)→○太田裕哉(2012-2013)→00川島慶三(2014)→○ペレス(2016)→○中尾輝(2017-)
こうしてみても「13」は左腕投手が長く背負ってきている番号ですね。

5位古賀と仮契約=プロ野球・ヤクルト
 【ヤクルト】5位指名の古賀優大捕手(高知・明徳義塾高)と契約金2700万円、年俸500万円で仮契約した。(金額は推定)。[ 時事通信 11/18(金) 17:46配信 ]
 
「伝統のあるこの縦縞のユニホームを着てとても誇りに思っています。自分のセールスポイントは二塁への送球だと思うのでそこを見てもらいたいです。まず1年目はしっかりと土台を作り、早く一軍に上がれるように頑張りたいと思います」

○天野武文(1989-1993)→71鮫島秀旗(1994-2004)→○丸山貴史(2005-2009)→○松井淳(2010-2016)→○古賀優大(2017-)
鮫島ブルペン捕手以来13年ぶりに捕手に「57」が与えられました。

6位菊沢と仮契約=プロ野球・ヤクルト
 【ヤクルト】6位指名の菊沢竜佑投手(相双リテック=軟式=)と契約金1000万円、年俸600万円で仮契約した。(金額は推定)[ 時事通信 11/14(月) 18:38配信 ]

「東京ヤクルトスワローズの一員になれたことをとても光栄に思っています。こうやってプロ野球のユニホームを着ることが出来て、今まで本当に多くの方に支えていただいて今の自分があると思うので感謝の気持ちでいっぱいです。目標とする選手はスワローズの伊藤智仁さんです。小さいときにテレビで見ていて、本当に勢いのある真っ直ぐと、鋭い変化球を投げていて、強烈にイメージに残っているので、自分もファンの皆さまの記憶に残る選手になれるように頑張りたいです」

田川のために空けておくかと思われた「35」番。
○小川淳司(1982-1991)→○津川力(1992-1995)→○三木肇(1996-2007)→△橋本義隆(2008-2011)→○田川賢吾(2013-2016)→○菊沢竜佑(2017-)
小川SD,津川審判員,三木ヘッドコーチと受け継がれた歴史のある番号。

つば九郎の洗礼ポジションには育成の大村。
「このユニホームを着て野球ができることに素直に嬉しく思います。セールスポイントは、肩とキャッチャーとしての守備力だと思っています。目標とする選手は古田敦也さんで、バッティングの面でも守備の面でも本当に習うべきところが多いので目標としています。育成からスタートなので、早く支配下に上がって一軍のグラウンドに立てるように頑張ります」

「120」はスワローズ史上初めてです。

ドラフト当夜の背番号予想クイズの正解発表!どん。

寺島×「23」→「18」
星×「13」→「24」
梅野×「57」→「38」
中尾×「34」「61」→「13」
古賀×「68」→「57」
菊沢×「66」→「35」

見事全滅。色々斜め上行かれましたね。。今一度空き番号一覧を。
00・(6)・7・15・(23)・(27)・28・34・39・66・69
新外国人や田川古野が支配下登録される際はこれらの中から選択されることになりますがどうなるでしょうか。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

HP16周年

今年もこの日が。

2015.12.01から2016.11.30までの1日あたりの訪問者(IP)は234.79/day,1年間のページビュー(PV)は計660,896でした。
image16ip.jpg

image16pv.jpg

ページビューに関しては(更新頻度が低くなる)オフシーズンになると下がる傾向にあったのですが,昨年10月から今年6月まで9ヶ月連続して月間最高PVを更新しました。特に5月は月間最多の75,844PVをいただきました。

一方で訪問者数に関しては,2013年をピークに減少を続けており,8月以降は2010年とほぼ同じ数値で推移をしているのが現状です。

ブログ全体の傾向かそれとも幣ブログのマンネリか。こうして定点観測することで浮き彫りになるものもあるかと思いますが,今後ともよろしくお願い申し上げます。
東京 ☀ | Comment(0) | NOTICE | at 00:00 | 更新情報をチェックする