2011年05月28日

+東京ヤクルト 2-3 埼玉西武

S 200 000 000 2
L 000 002 10x 3
●石川(3-2)7,押本1−川本

ゲーム差0ながら勝率の差で単独首位キープ!!
ブログで何度か言ってきたように,引き分けの数がこうして大きく影響を及ぼしてくるようになってきた。

2008年5月21日にあの伝説の大投手リ●スで勝って以来勝てない西武ドーム・・

畠の盗塁にバレの三塁打にと珍しいものも飛び出したが,石川に開幕戦以来となる黒星をつけてしまった打線。

最終回の駆け引きにツキの無さを感じた。
何かが起こる西武の中継ぎ劇場。9回も先頭宮本が四球で出塁し,さぁ開演!!という所で,ベンチで最も足の計算出来る三輪を代走に起用。

定石ならば森岡が送って,最低でも2死二塁で青木に回すシナリオを描いたが・・森岡が二度にわたり犠打を失敗し,エンドランに切り替え。
捉えた打球は完全にセンター前でもおかしくなかったのに,1走・三輪を走らせたがばかりに,セカンドベースカバーに入った中島の真正面で最悪の6−6−3。
走らせていなければセンター前で0死一三塁となって,西武劇になっていたのかも・・・


まぁこういう紙一重な部分なんだよね。野球は。

5月はまだ2試合あるんだなぁ。早くジューン(JUNE)ジになって欲しい気持ちもある。ツキを変えたい。
コメント
埼玉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | SWALLOWS | at 22:41 | 更新情報をチェックする