2009年02月28日

感想「映画×連続ドラマ『赤い糸』」 最終回

最終回となったので諸々を。

映画を見てからやっぱり気になって,以下で原作「赤い糸上・下」・続編高校生編「赤い糸destiny上・下」・完結編社会人編「赤い糸precious」と読ませて頂きました。
お陰で映画×ドラマとの改変点もより鮮明になりました。
ak_akaiito.gif destiny.gif precious.gif


一番良かったなぁって感じた,芽衣が生みの親のありがたさを知るまでの葛藤と育ての親の愛。二人の結婚式に育ての父が実父を式に連れてくるってストーリー。
ドラマでは実父は亡くなってしまい,父からの手紙で出生の事実を知ることになっていました。。芽衣を束縛したタカちゃんも事故死してしまうし,
「映画を盛り上げるために,簡単に命が捨てられていく」(Mr.Children『HERO』より)

というのは残念だったかなぁと。
ナツ・優梨・沙良あたりは原作に忠実だったでしょうか。。
最初は一種在りえない世界の描写に戸惑いましたが,話が進むにつれて凄く人間味が出てくる作品だと,自分自身は感じました。

もう一方は映画×ドラマのメディア・ミックス手法。
細かい所なんだけど,真夏と真冬に撮ったから,太陽の日差しの強さと草木の緑の明らかな差が気になっちゃった。

これは数年前某局であだち充さん原作の野球アニメが1−3月期でドラマ化されましたが,夏の予選のシーンとかで,いくら効果音つけたところで,外野やスタンドの芝が枯れてるのはやっぱり無理があるって感じたのがキッカケ。

映画に合わせてドラマの第1話・第2話は撮ってあったのだから,その時点である程度ドラマの枠も決まっていたはず。
せめて登下校など野外のシーンだけでもスペックに合わせるとかで,映像技術で一工夫が出来たならば・・・というのを感じました。

でもポッキーが食べたくなったり,主演の溝端君や挿入歌「ray」を唄うlego big morlなど,新しく注目したい人達も増えました。うまくミックスされたかな(笑)

メディア・ミックスについてはまた来週追記するかも。
| Comment(0) | TrackBack(0) | COLUMN | at 23:59 | 更新情報をチェックする

*JPN 2-7 埼玉西武(強化試合)

Lio 002 010 040 7
JPN 000 100 001 2
 3月5日に開幕するワールドベースボールクラシック(WBC)の日本代表は28日、東京ドームで埼玉西武と強化試合を行い、2−7で敗れた。侍ジャパンにとってはチーム結成以来の初黒星。
 日本は先発の岩隈が3回、埼玉西武の大崎に2ラン本塁打を許し、2点を先制される。5回にも1点を失うと、8回は5番手の小松が大乱調。4安打、3四死球と制球が乱れ4失点で試合の流れを決めてしまった。
 これまでの実戦4試合で42得点を奪った打線も、埼玉西武の小刻みな継投を打ち崩すことができず、日本代表にとって課題の残る敗戦となった。
 日本代表は3月1日の巨人との強化試合(東京ドーム)を経て、同5日にWBC開幕を迎える。


中島・片岡を欠く埼玉西武が圧勝!
昨シーズン被本塁打僅か3の岩隈から本塁打を放った大崎。
ダルの落ちるフォークをよくバットに当てスクイズを成功させた原。
イチローを楽々刺した銀次朗。
若手がどんどん伸びてますねぇ〜。混戦模様のパ・リーグだが,今年も総合力で埼玉西武優位でしょうか?

さてJAPAN。
稲葉の好調さを一層際立たせる3番イチローの不振さ。今日は初めて打球が外野に飛ぶも結局4タコ・・・・

2003年アテネ五輪アジア予選の壮行試合で敗れたことで,主将・宮本が危機を感じてチームを鼓舞し,一つにまとめあげたと言われているが,このメンバーでそういう役割を担えるだけの選手は居るのだろうか???敢えて言えば城島かな。
首脳陣にも選手にも遠慮があるようでは,マリナーズのように溝が埋まりかねない。

イチロー自身も前回大会アジアラウンドでは目立たなかったが,アメリカ行ってから調子を上げている。あれだけの選手だし心配無用だとは思うが・・・

今日も41,586人と大観衆。前回優勝などと浮かれているが,本当に気を引き締めないとアジアラウンドだって楽観出来ないんだから!!!
東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAPAN | at 22:51 | 更新情報をチェックする

*東京ヤクルト 6-3 中日(オープン戦)

S 010 002 300 6
D 000 001 020 3
○館山(1-0)2,高市4,林昌勇2/3,丸山1/3,押本1,S松岡(1)1−相川,福川

オープン戦開幕白星発進!

・館山
ドラキラーとして神宮開幕戦は任せた!
・高市
やっぱりホンモノ!?6番手争い狙えそう!
・林昌勇
打球を受け降板・・・打撲とのことで一安心だが,これからの時期は怪我が怖い。
・丸山
林昌勇のアクシデントによる緊急登板も1球でアウトを取る。高田監督も認めた成長。ハワイでブレイク松岡の次は丸高(丸山高井)だ!
・押本
高田監督の仰天プランで先発転向なんて話が出ましたが,先発アピール?の自責2。実際問題適正としてはどうなの?!隔年ってデータも不安要素。
・相川
2回一死1,2塁で併殺打+6回盗塁をセンター前送球。あれれ??誰かと誰かを足して2で割ったような???ってのは冗談です。守っては7回で自責1。
・ガイエル&宮出
打撃好調。春男の匂いも?!
・ユウイチ&上田
一発でアピール!

逆に練習試合終盤から不調に陥ってるのは福地・畠・慶三・森岡か。
沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | SWALLOWS | at 21:36 | 更新情報をチェックする