2008年08月05日

・松商学園 4-6 慶應

松商 010 010 020 4
慶應 041 100 00X 6

重い失点だった 松商学園「2回がすべて」
 【松商学園4−6慶応】松商学園には2回の4失点が最後まで重くのしかかった。小尾監督は「2回がすべて。決してボールは悪くなかったが、コースが甘かった」とエース林の不調を嘆いた。
 ただ、2番手として4回途中から登板した2年生の伊東が無失点と好投したのは来年へ向けて明るい材料だ。「試合をつくってくれたので落ち着いて攻撃できた。それが最終回の攻撃につながった」と9回に2点差と追い上げた流れをつくった伊東を評価していた。

あぁ。。。今年も勝てない松商学園。ここ4年で3回出場も勝利なし。勝利から見放されること8年。21世紀に入って勝ち無し。
古豪対決ならまだしも,強豪対決なんて慶應さんに申し訳ないフレーズでした・・・

中学時代松本南シニアで全国制覇した主力メンバーが昨年の甲子園を経験しており期待もあったのですが・・・甘かったかななぁ。。
東海大三・甲斐や,南埼玉代表・浦和学院の背番号1・高島君もメンバー。相当強かったんだろうなぁ。。

昨年も1年生ながらマウンドに上がった2年生の伊東が今年も登板で無失点。5番・6番も2年生とこれからの新チームにも主軸が残り,また長野県内では強さを発揮するでしょうが・・・
とにかく甲子園で勝て!ってかクジ運の練習をして?!

でも腕の部分が長野から「松本市」に変更されてたのが印象的でした☆
兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | at 22:26 | 更新情報をチェックする