1995年01月24日

1995-01-24

あの日から一週間。普段の一般人なら、「ああ一週間か」と思うだけであろうが、被災者にとっては、本当に長い長い一週間だったと思う。そんな中、家の知り合いが、神戸の東なだ区にいる。一番死者が多かった場所だ。しかし、今日、向こうから電話がかかってきた。「無事」「家も全く心配ない」ということである。よかった。本当によかった。うれしかった。あったこともないんだけれど、本当にうれしかった。地震にあっても頑張っているということを知らされ、自分も、くじけずに頑張って行かなければならないと感じた。
| Comment(0) | TrackBack(0) | COLUMN | at 00:00 | 更新情報をチェックする