2024年04月12日

'東京ヤクルト 1-3 横浜DeNA

S 010 000 000 1
B 001 110 00x 3
●サイスニード(0-1)5,嘉弥真1,大西1,星1−松本直,西田

▼データ
 ・今季2度目3連敗

◆ポイント
 ・3回裏2死一塁石上二盗2死一三塁牧二盗
 ・6回表0死一二塁オスナ二併
 ・9回表1死満塁赤羽三振

11試合終えて,昨年と正反対となる3勝7敗1分。

移動ゲーム&ナイターデーデー&先発東。中村悠平のコンディション考慮するなら今日しかないと思ったし,撤退戦はある程度止むを得なかったと思う。
古賀壮真という1試合を任せられる捕手がコン不で消去法的に第2捕手となる松本直。この松本直にも2019〜20年あたりは中村が不甲斐無く映り正捕手候補という期待があった時期もあった。ただそこでレギュラーを奪えず年月だけが経過するとこうなってしまうという時の流れの無惨さを感じずを得られなかったというか。

肩はフリーパスで石上と山本にプロ初盗塁を献上し,サイスニも信頼感というか苛立ちを隠せなかったというか,満塁になった方が思い切ったピッチング出来ていた気がしたというか。
あとは8番打者としての最低限。1点先制した2回裏2死無走者でサイスニードまでなんとか回せればまた巡りも変わったかも知れない。

攻撃では赤羽。3打数1安打1打点とチームの全打点を挙げたが,9回表1死満塁の打席で初球2球目とど真ん中のストレートを見逃して追い込まれて落ちるボールを空振りで三振。人生を変えるかもしれない打席を不意にした。こういう内容だと過去の松本直同様というか中途半端な成績で野球人生終わってしまう典型だと思う。守備でも同点となった佐野のヒット然り度会のヒット然り,おそらくポジショニングの問題なのだろうけど,もし山田ならと思ったもの。

両者は鈴木叶増田珠と入れ替えられるポジションになってしまいますよ。

采配面としては仕掛け所。6回表0死一二塁オスナ。確かに打つしかないんだけど結果最悪の併殺。一三塁の形が作れれば村上の飛球は犠飛には十分だった。最終回も先頭オスナが出て代走岩田送って盗塁なり仕掛けられなかったのか。実際昨日も今日も相手に二盗を決められた直後にタイムリーで失点しているのだから。もしくは二塁に行った時点で代走岩田で青木のヒットでギャンブル出来たか。

昨年は7勝3敗1分から3勝11敗。では今年はどうか。11勝3敗なら当然+となる。そういう逆噴射を起こせるのか。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(ケイ)−東京ヤクルト(吉村)2回戦 横浜 14:00
 ・ただ今日は2番手以降失点しなかったし,最終回見せ場は作ったからそこは悲観してない。問題は明日明後日。中村の休養日が吉と出ればトータルとして+になるから。
神奈川 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:26 | 更新情報をチェックする

2024年04月11日

'東京ヤクルト 0-5 巨人

G 000 001 013 5
S 000 000 000 0
●高橋圭(0-1)6,山本1,木澤1,宮川1−中村

▼データ

◆ポイント
 ・6回表2死二塁小林左安
 ・7回裏1死一二塁代打北村拓三振塩見三振

16イニング連続無得点では勝てません。3カード連続負け越し。10試合3勝6敗1分で最下位。唯一強がりは昨年は4カード終えて7勝3敗1分 勝率.700で首位だったこと。昨年はこの時期までは明らかに心にも余裕があった。だが今年は悲壮感が漂う。でもまだ取り戻せる時期。メンタル。

高橋奎と菅野の投げ合い。初回3者連続三振と最高の立ち上がり高橋は2回以降ランナー背負いながらも粘りの投球。一方菅野も今年はキレを取り戻した感。

日曜日全6試合行われてオスナの本塁打1本のみと徐々にファンの間でも騒がれ始めた飛ばなくなったボール。有識者はオープン戦から気づかれていましたよね。そういう意味で一発の怖さというよりもいかにつなぐかがどうやら今年の野球のキーを握りそう。

0−0で6回表。一発のある岡本和坂本を抑えてホッとしたところで佐々木に四球。二盗決められ小林に詰まったレフト前ヒットで先制点。この1点が重く圧し掛かる。

菅野が降りた7回裏。中川から先頭長岡ヒットから中村犠打川端四球で1死一二塁。ここで巨人は左から左へバルドナードにスイッチ。投手の打順で北村拓を送るも,粘った末に三振。塩見も三振で追いつけず。

あとは昨年のように8回9回と失点を重ねて試合が壊れる。もしボールが変わって村上の一発は易々期待出来なくなったら猶のこと野球を変えないとまずいのかも。

斎藤雅樹解説員担当試合はこれで2022年7月18日から日本シリーズ含めて8連敗。公式戦7試合中6試合が巨人戦。神宮球場でキラーぶりを令和になっても発揮されております。

■NEXT GAME
 横浜DeNA(東)−東京ヤクルト(サイスニード)1回戦 横浜 18:00
 ・カード1巡目となるDeNA戦。昨年このいわゆる5カード目マツダスタジアム広島戦の同一カード3連敗から歯車が狂い始めました。そういう意味でまだまだ転機にもなりうるのだから,なんかこう・・2024年型の荒治療。村上を3番に置くとか中村悠平の休養兼ねて鈴木叶くんを抜擢してみるとか・・そういったモノを見たい。そうでないと有識者が危惧するようにズルズル行ってしまいそう。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:40 | 更新情報をチェックする

2024年04月09日

'東京ヤクルト 1-3 巨人

G 000 020 100 3
S 010 000 000 1
●小澤(0-1)5,宮川1,エスパーダ1,星1,木澤1−中村,松本直

▼データ

◆ポイント
 ・1回裏1死満塁サンタナ二直
 ・2回裏1死二三塁塩見投ゴ西川二ゴ
 ・3回裏1死一二塁長岡(村上三盗失敗)三振
 ・4回裏1死三塁小澤二ゴ塩見三振
 ・6回裏2死満塁西川二ゴ
 ・7回裏0死一二塁サンタナ中飛長岡中飛川端遊ゴ

まぁこれだけ残塁を重ねたら・・・計13残塁の拙攻で勝率.500復帰ならず。勝てば勝率.500復帰の地方球場での巨人戦での逆転負けから始まった悪夢が昨年あったような。。

ポイントに挙げただけでもこれだけ得点圏を賑わせながら得点は僅か1。どうにも先制直後なお1死二三塁で追加点を取れなかったところから嫌な予感がした。

投手と野手の信頼関係という意味では小澤も得意だった巨人戦でこちらも4回以外毎回走者を2人以上背負って5回90球と攻撃にリズムを生む投球は出来なかったか。

物議を醸すは村上の三盗失敗。サインだったのか村上自身の判断か。3四球今季奎2四球。真向勝負を避けられがちという苛立ちもあるのだろうか。大谷同様開幕から9試合,41打席連続ノーアーチという活字が躍るのだから大したもの。九州の空気を吸っての蘇生に期待したいとことだが・・

そしてとうとう中日が2016年5月10日以来8年の単独首位浮上。令和以降単独首位がなかったのも両リーグで中日だけだったということで長いこと低迷していたチームが一気に復活。昨年まで団栗の背比べしていたのに差がついてきています・・

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高橋)−巨人(菅野)2回戦 神宮 18:00
 ・1日移動日挟んで神宮の菅野というところで打線に期待したい
 【メモ】実況中村アナ[昨季2-2 .500]×高木解説員[昨季3-4 .429]斎藤雅解説員[昨季0-4 .000]
鹿児島 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:48 | 更新情報をチェックする

2024年04月07日

'東京ヤクルト 3-1 阪神

T 001 000 000 1
S 200 000 01x 3
○ヤフーレ(2-0)52/3,H石山11/3,H大西1,S清水(1)1−中村
オスナ1号A(才木)

▼データ
 ・ヤフーレ:新外国人投手として開幕カードから2戦連続先発登板で勝利投手(1995年ブロス以来29年振り2人目)
 ・清水:2021年4月23日中日戦(神宮)以来自身2セーブ目

◆ポイント
 ・3回表1死三塁中野二ゴ(前進守備が功を奏し三走進塁を防ぐ)2死三塁前川二ゴ
 ・6回表2死一二塁Pヤフーレ→石山木浪三振
 ・8回表2死一塁佐藤輝一ゴ

4連敗でストップ。最下位脱出。4月初勝利。個人的には昨年燕市DAY以来となる現地勝利。招待券1枚目はネットにも阻害されず日光も十分で大満足でした☆
DSC08582.JPG

先発の勝利投手の権利をリリーフ陣が消さなかった。そして昨日のファームの試合を受けて清水の配置転換という決断が下され,新たな2024年の勝利の方手式が確立された。ズルズル行かなかった!これなら大丈夫!!確信できた!!!

DSC08128.JPG
つば九郎今日のひとこと
いどうげーむのないたーでーげーむおつかれさまです!!
ちーむはかようかごしまもくようじんぐうらいしゅうまつはよこはまですががんばりましょう!!
えーおーきーくんにちべいつうさん2706あんだにほんつうさんあんだ5いごいすーです。
あと80でせかいのおうさんにならびます。あと68でNPB2000あんだです。
まだまだやんすわです!!きたいしてます。さちあれ!!
きゅうじょうしゅうへんもさくらがさいて,ちょいさむだけどはるをかんじます。
にゅうがくしきにゅうしゃしきもきょうまでかな…。
こんなにゅうがくしきはいやだ。
にゅーがくばーてぃーにゅうしゃぱーてぃーとなづけぱーけんをかわされる。
しかもそれをきっくばっくうけているひとがいる。
さらにぱーけんをかったにもかかわらずばかやろーといわれる。
ぱーてぃーけんをくちうつしでわたされる。
ぱーてぃーにおどーあがいる。
DSC08143.JPG
あたらしいせいかつがんばってたのくいきましょう!!
ほんじつG1おうかしょう!A−HでまずどかんとAH→6,8,12,13,18へ3れんまるちだ!!
じゃっきーちぇんたんじょうびおめでとうございます。
DSC08237.JPG

と本日25歳の誕生日妹のつばみには一切触れない兄の九郎さん。。
DSC08474.JPG

スタメン
DSC08210.JPG
G塩見H西川BオスナD村上FサンタナE長岡A中村C宮本@ヤフーレ
DSC08278.JPG

1回裏。西川がレフトノイジー頭上を超える二塁打を放ち出塁すると,オスナがレフトへ今季第1号2ランで幸先よく2点を先制。このリードを守る展開になろうとはこの時点では想像できなった。
DSC08368.JPG

DSC08317.JPG
ヤフーレ。3回表先頭木浪に初安打を許すと才木の犠打で1死二塁。近本に右中間を破られる三塁打で1点を返され,迎えるは中野。ここで内野は前進守備を敷く。中野の打球はセカンド宮本の正面。三塁走者を牽制し一塁へ送球で2死。通常の守備体系に戻って前川もセカンドゴロで同点は阻んだ。あの頃なら前進守備が裏目に出て同点に追いつかれ,なおランナー背負ってという悪循環。今日は違うんだ!そう思えた。

才木は2回以降立ち上がり投手戦の様相で前半5回を終了。空中くるりんぱTIME。
DSC08495.JPG
DSC08503.JPG

ポイントに挙げたいのは6回。ヤフーレが投じたちょうど100球目が梅野への四球となり投手交代を決断した津監督。
2死一二塁でマウンドを託されたのは石山。迎えるは木浪。その木浪を三振に打ち取ってヤフーレの勝ちの権利を守り,さらに元守護神の実績ある石山はイニング跨いで7回表もマウンドへ。代打の小幡から1番近本2番中野を3人で斬ってくれた。
DSC08523.JPG

DSC08545.JPG
8回表は清水でなく大西がマウンドへ。2死無走者からノイジーにヒットを許し,この3連戦2戦連続決勝弾の佐藤輝との対戦。左の山本嘉弥真を投入せず大西に託した津監督。一発出れば逆転という最悪の事態を覚悟したが,ここをファーストゴロに打ち取った大西。

DSC08578.JPG
最終回は清水。昨日のエコスタのファームの試合を受けて正式に配置転換を決断した証。何より清水がマウンドに上がったことで,ひとまずブルペンは誰も準備させなかった。
LAST3
DSC08565.JPG

LAST2
DSC08567.JPG
LAST1
DSC08573.JPG
代打森下に二塁打を許したところで星が準備を始めたが,9回表の登板と同時に作るのとは意味合いが全く異なる。今週足りなかったのは最終回を任せる投手への”信頼”。これを解決してのVICTORYとなった。

ヒロインは来日2戦2勝と1995年テリー・ブロス以来の快挙を成し遂げたヤフーレ&今日全2オスナ。
DSC08623.JPG
ヤフーレに至っては先週最大の課題だった一塁ベースカバーを早速克服してくるあたりが適応力の高さ。1995年以来のデータまたきましたよ!!

今季初の現地関東一本締め
DSC08626.JPG

最終スコア
DSC08635.JPG

昨日は完売御礼。今日は満員御礼。けれど日曜日デーゲーム阪神戦にも関わらず「ちょこっと応援チケット」が販売されてしまうというダイナミックプライシングの弊害。高騰しても決して価格は下がらない。当日券の扱いについてもう少し考えるべきではないのでしょうか。
DSC08527.JPG

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小澤)−巨人(山崎伊織)1回戦 平和リース(鹿児島鴨池)18:00
 【メモ】実況竹下アナ[1-0 1.00]×平松解説員[昨季2-0 1.00]
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:50 | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

'東京ヤクルト 3-4 阪神

T 000 200 200 4
S 002 000 100 3
●吉村(0-1)60/3,山本2/3,エスパーダ11/3,宮川1−中村

▼データ
 ・青木:日米通算2706安打(歴代5位)
ヤクルトの青木、安打「歴代5位」 プロ野球
 ヤクルトの青木が2安打を放ち、松井稼頭央(西武、アストロズなど)を超える日米通算2706安打を記録した。
 非公式の日米通算とはいえ、日本選手ではイチロー、張本勲、野村克也、王貞治に次ぐ「歴代5位」に。青木は「すごく光栄なこと」と語った。
 今季初めての先発出場。「青木」の名前がアナウンスされるだけで、本拠地のファンから大きな歓声が上がった。五回の左前打で松井稼の2705安打に並び、七回には外角低めの速球を巧みに左翼線へはじき返す二塁打。起用に結果で応え、42歳の大ベテランは「とにかく自分のプレー機会に集中した。結果が出てよかった」と振り返った。[ 4/6(土) 19:13配信 時事通信 ]


◆ポイント
 ・3回裏2死一三塁赤羽三振
 ・7回裏2死三塁村上一ゴ

早くも5月のような雰囲気。2試合連続逆転負けで4連敗。首位と3.0差の最下位。

DSC07704.JPG
今季初めて先発に負けがついたわけだが,これは後ろが定まらないから先発を引っ張ってというものではない。吉村は6回で代えるような投手じゃないし,打順の兼ね合いで継投に入った訳でもない。そこはハッキリ指摘しておかないと。

ただ結果は連日の佐藤輝への決勝弾。完璧に運ばれた。2点を先制した直後のイニングも,先頭近本にソロ本塁打。これは事故と割り切りたかったが,中野ヒット森下四球で無死一二塁から大山にタイムリーと,試合の流れを作れなかった。ただそれ以外のイニングはいずれも打者3人で片づけていただけに悔やまれる。

まさか新潟でのファームの試合に守護神が登板するなど想像もしなかった。当初の予定通り今季神宮公式戦初観戦。
つば九郎きょうのひとこと
DSC07551.JPG
さいきんまためーわくめーるだとおもいますがへんなめーるがたてつづけにきます。
ひろせすずです。ともだちのかんなからきいてめーるしました。またあいましょう。と。
これってひろせすずちゃん!?かんなってはしもとかんなちゃん!?またあいましょう??
だまされてもふたりにあえるならめーるかえそうかな〜。
なんてね。とうきょうでしんせいかつをするかた。このたぐいのめーるにだまされるなよ!!
DSC07558.JPG
そのうちあどーあです。かえります。ってめーるきたらへんしんしてあげます。
きょうはすぽると!Dayです。ばずーかではすぽるとTしゃつをうちます。
しきゅうしきはもとたっきゅうにほんだいひょういしかわかすみさんです
せんじつNHKのつるべのかぞくにかんぱいみました。すてきなじょうせいになりました。
こんないしかわかすみちゃんはいやだ。
ふくはらあい2せいとよばれるのがうざかった。
ふくはらあいさんの『さぁ〜』がうるさい。
はりもとともかずくんの『ちょれ〜い!』はもっとうるさい。
いしかわかすみさんしきゅうしきがんばってください。
すとらいくはいらなかったらはりもとくんにちょれいはひかえめにとつたえてください。
ちょれ〜い!やりかえせ!!!

どうにもオドーアが大好物のようです。
DSC07670.JPG
DSC07677.JPG

8年ぶり復活フジテレビすぽると!DAYで始球式は石川佳純さん。サウスポーの石川さんの振りかぶり方がびっくりするほど石川さんにそっくり!!
DSC07685.JPG

スタメン
DSC07622.JPG
G塩見H青木BオスナD村上FサンタナE長岡C赤羽A中村@吉村

今日は西川が休養日で青木が今季初スタメン。しかもNPB初のライトの守備。左腕大竹ということでセカンドは赤羽が今季初スタメン。対照的な二人。
なんとかしようという気迫を見せてくれた青木。一方でアピール出来なかった赤羽。特に4回裏の第2打席。長岡があわや満塁本塁打の大きな犠飛放ってなお一三塁というところで一本出れば人生変わったかもしれないのに・・。山田がかつて不動のレギュラー田中浩康のポジションを一瞬で奪ったように,今度は山田のポジションを奪うべく選手たちが完全に譲り合い。武岡北村拓赤羽のセカンドスタメン時打率は.100切ってるでしょう。

そしてもっとショックだったのは吉村が佐藤輝に被弾したとほぼ同じタイミングで,ファーム調整中の元守護神がオイシックス打線に打たれて負け投手に。現地の方によればコントロール云々ではなくて明らかに球速が出ておらず,完璧に捉えられいたと。これは最短10日どころの話じゃ済まなそうで深刻です。

よってブルペンの役割がさらに不透明に。エスパーダがベールを脱ぎ始めたので固定してみるのも策か。どうにもチームがフワフワ宙に浮いてしまった。ちょっとまずい傾向。

追伸)
5回表終了時のインターバル。バズーカTIME。
DSC07745.JPG
明後日の方向にしか行かないからカメラ向けていたら,まさにフライが飛んでくる外野手のように自分の方に放たれたものが飛んでくるのが分かった。落下点は真正面。一生無いチャンス到来!と思い両手でキャッチに行くも空振り身体に当たって地面に落下。隣2席空席でその隣に座っていた方の足元へ・・・(お察しください)。見事キャッチ出来ずに終わったことが今日一番悔しい!!!!

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(ヤフーレ)−阪神(才木)3回戦 神宮 13:30
DSC07765.JPG
 【メモ】実況今湊アナ[昨季4-4 .500]×坂口解説員[1-0 1.00]
 ・NHK地上波全国中継日
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:47 | 更新情報をチェックする

2024年04月05日

'東京ヤクルト 6-7 阪神

T 020 010 012 1 7
S 021 000 210 0 6
サイスニード7,H石山2/3,H山本1/3,星1/3,大西2/3,●木澤(0-1)1−中村
長岡1号@(浜地)

▼データ
 ・岩田プロ初安打[青柳]・プロ初盗塁[桐敷−坂本]・プロ初得点

◆ポイント
 ・田口の穴

2試合連続リリーフ陣がリードを保てず単独首位から僅か2日で単独最下位転落・・

ベンチとしては最終回2点リードで9回迎えたのだからもう尽くせる手は尽くした。ただ守護神不在で誰かしらがブルペンで肩を作らなければならない。これは良い循環とは言えない。経験もそうだけど何より強心臓。2点リードあるなら1点取られたって抑えればいい。そういう強いメンタルをもってこそ守護神。

先制はされたが,名手近本まさかの落球から追いつく。勝ち越したものの追いつかれて同点のまま7回裏。先頭代打北村拓の三振振り逃げというラッキーな形の出塁から,四球絡んで2死満塁となってサンタナのセンターへの勝ち越し2点タイムリー。

ただここからがとてつもなく長く感じた。清水ベンチ外で8回は石山。先頭中野今日3本目となるヒットから1死二三塁と局面変わってノイジーに犠飛で1点差。なお2死二塁で佐藤輝を迎えたところで申告敬遠して次の坂本勝負も考える中で,左対左山本投入したベンチ。その起用に応え山本が抑え,8回裏長岡にホームラン。長岡が本塁打を放った試合はここまで公式戦12連勝(クライマックス含めると13連勝)と不敗神話。貴重なダメ押し点となるのが定石なのだが・・・


最終回を託された星。ストレートの伸びはあるがコースが決まらず。2つの四球とヒットで1死満塁のピンチを招いて大西にスイッチ。しかし大西も押し出し四球とタイムリーで顔面蒼白。昨日の高橋奎二に続いてサイスニードの勝利投手の権利を消してしまったブルペン。

なお1死満塁と絶対絶命のピンチも村上の好フィールディングで5−2−3併殺完成。サヨナラに望みを託したが,雨も降りだし観衆26,682と満員には遠く空席目立つライトスタンドからその気運は作れなかった。さすがに悪意しかない価格変動制が出した答えじゃなかろうか。

最後は木澤が一発を浴びてこれが決勝点。9回は木澤で行くべきという声もあるが・・。結果的に一発による1失点なら勝っていたわけで,最後はやっぱり守護神不在に戻る。

3/30に抹消されたので,最短なら4/9巨人戦(鹿児島)から登録可能にはなるが,雨やらビハインドでファームで登板してないのでね。

先発陣はこれで5試合連続QSクリア。率にすると83.3%。先発防御率は1.89。これは12球団トップの数字。しかしリリーフ陣崩壊と噛み合わない。危惧されるはズルズル。でも歯車が噛み合えば動けるはず。とにかく今は耐えるしかない。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(吉村)−阪神(大竹)2回戦 神宮 14:00
 【メモ】実況大川アナ[1-0 1.00]×大矢解説員[昨季2-2 .500]
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:25 | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

'東京ヤクルト 3-6 広島

S 000 003 000 3
C 000 000 24x 6
高橋奎7,●清水(0-2)2/3,嘉弥真0/3,エスパーダ1/3−中村

▼データ

◆ポイント
 ・7回裏1死一塁上本遊失
 ・7回裏2死二三塁曾澤右2

う〜んマツダスタジアム。2試合連続敗戦投手清水というなんとも言い表せない敗戦で勝率.500に戻って神宮へ。

大瀬良と高橋奎二の互いに譲らない投手戦。試合が目まぐるしく動いた後半。

6回表先頭塩見の死球に大野豊解説員が熱視線。まさに予感的中。西川送ってオスナ村上連続四球で満塁。ここでサンタナタイムリーで先制。さらに中村のショートゴロ併殺コースかと思われた打球をショート小園がファンブルでさらに1点。長岡の打球にはセンター久保がダイビング及ばずで計3点。

このイニング打者一巡で高橋まで回ったこともあり,6回裏さらに7回裏もマウンドへ。そして野球の怖さを知った7回裏。1死一塁で上本の打球。完全な併殺コースと思われたショートへの打球を今日好守連発の長岡がまさかのファンブル。チェンジのはずが1死二三塁とピンチに。堂林浅いセンターライナーで三走還れず2死二三塁。曾澤追い込んでから打球がライト丸山和の頭の上を越されて1点差に。それでも後続は断ってこの回投げ切って勝利投手の権利を得たままマウンドを降りた高橋奎には昨年無かった風格が漂っていた。

負けた試合なんて全部たらればになるが,上本で終わっていればもう1イニング行けたと思う。でも長岡については責められない。ただ解せない曾澤を迎えての前進守備。1点を怖がって2点献上した典型的なパターン。通常の守備体系ならライトフライでチェンジ。無失点だったはず。3点リードがあったので果たして前進の意味はあったのか。もうあとの祭り。

そして清水がリードを守れず嘉弥真は火に油を注いでしまった。
オープン戦では先発は足りないが後ろは272/3回連続無失点で鉄壁と思い込んでいたが,いざ開幕したら先発陣はサイスニード・吉村・ヤフーレ・小澤・高橋奎で現在4試合連続QS。吉村高橋奎はHQS。ここに雨で流れた石川がいて,小川が明日ファームで登板。さらに好調戸田軍は高梨ロドリゲス松本健沼田というローテーション投手が組めており,秘密兵器奥川と実はなんとかなりそうという布陣に。

今日丸山翔を抹消したので誰かしらの登録はあるはず(宮川?)だが・・清水・嘉弥真の見極めという課題を突き付けられた。ただ2カード目+マツダという早い段階で露呈したのは幸いか。守護神さんも新潟で美味しいもの食べてる場合じゃないですよ!!早く仕上げてくださいよ!!!

ちなみに次のマツダスタジアムは交流戦明け。そこまでに立て直せますように。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(サイスニード)−阪神(青柳)1回戦 神宮 18:00
 ・広島からの当日移動試合で青柳先発。セカンド宮本は確定として塩見中村あたりにも休養日があるのか。
 【メモ】実況田淵アナ[昨季4-3 .571]×真中解説員[1-0 1.00]館山解説員[昨季3-2 .600]
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:16 | 更新情報をチェックする