2017年06月25日

[東京ヤクルト 0-6 横浜DeNA

B 001 100 400 6
S 000 000 000 0
●石川(4-8)5,石山1,近藤1,松岡1,中澤1−西田

▼データ
 ・今季6度目の零敗
 ・借金15
 ・松岡:今季初登板

◆ポイント
 ・スタメン
 ・4回裏2死一三塁谷内三振
 ・6回裏1死一塁鵜久森三振併殺
 ・7回表1死一二塁ロペス左安(三塁線)

昨日は石田,今日は今永と相手左腕の前に完全に沈黙。傘を開いたのはラッキー7の攻撃前のみという現地にいたら最悪の試合展開。

B荒木G坂口C山田H雄平F鵜久森E大引D谷内A西田@石川というスタメン。
好調攻守の藤井が2試合続けてスタメンを外され,今日は上田とグリーンも外れた。

1番に起用された荒木は初回の初球を簡単に打ち上げた。

藤井に代わってサードスタメン谷内も2日間音無し。唯一のチャンスだった4回裏2死一三塁の場面もストレートに押された。何より守備。7回表1死一二塁ロペスという場面。長打警戒で三塁線を詰めていたが抜かれた。これが藤井なら横っ飛びで足の遅いロペスなら一塁はアウトに出来たような気がする。
慎吾不在,新外国人獲得に動くという中で,少なくとも結果を残してきた藤井。対左投手3打数0安打という今季のデータは当てはまったのだろうか。
真中監督自身も2001年春先までは右の飯田との併用が続いていた。慎吾や雄平も最初は左が来れば外された。誰もが通る宿命ではあるが,レギュラーを掴みかけている選手の目が摘まれてこの結果は寂しい。

谷内も西浦同様スランプに陥っている感。本来戸田は再調整するための場所であるはず。

5番に鵜久森も迫力という点では欠けることは否めない。山田との間で仕掛けたが結果は最悪の三振併殺。

見どころは今季初登板松岡健一。神宮球場に『突然』が流れ,2004年ドラフト自由枠の同期田中浩康とのプロ初対戦が実現したこと。以上。

■NEXT GAME
 ヤクルト(由規)−巨人(田口)9回戦 山形荘内銀行・日新製薬スタジアム 18:00
 ・由規が東北山形県で登板。しかし相手は田口くん。複雑。。
 ・バレンティン復帰か
 ・左腕田口に対し藤井のスタメンは?!
東京 ☁ | Comment(1) | SWALLOWS | at 16:35 | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

[東京ヤクルト 1-5 横浜DeNA

B 200 021 000 5
S 000 000 001 1
●原樹理(2-4)5,ギルメット2,中澤1,山本1−西田
▼データ
 ・リーグ最速40敗到達
 ・3ヶ月連続月間負け越し確定

◆ポイント
 ・1回表2死満塁戸柱右安
 ・5回表2死一塁ロペス左本

最終回零封阻止がやっと。
原樹理の立ち上がり。いきなりヒット・盗塁+悪送球・四球で0死一三塁。
しかし怖いロペス筒香を連続フライアウトで2死までもっていき,一塁空いた状況で宮崎を歩かせ2死満塁で戸柱。2球で追い込んでからのタイムリー。5回表も2死からのロペスの一発。

昨日と同じく5回終えて4点差だったが,今日の石田の出来では重くのしかかった。

山田がマルチ,大引が猛打賞も,坂口上田グリーン谷内西田と無安打で打線として機能するには至らず。


ヤクルト、ブルペン捕手を育成登録
 ヤクルトは24日、2014年に現役引退して今季はブルペン捕手を務めていた新田玄気捕手(34)=172センチ、80キロ、右投げ右打ち=と育成選手契約を結んだ。背番号は104。
 捕手に故障者が相次ぎ、2軍戦のメンバーが不足していた。小川シニアディレクターは「もし何かあったときのための応急措置。選手としてではない」と説明した。
 ヤクルトは15年にも故障者続出を受け、打撃投手兼スコアラーだった阿部健太投手が育成で復帰して外野手として出場したことがある。[ 2017.6.24 14:50 サンケイスポーツ]

ヤクルト2軍戦 4時間4分の超乱打戦の末に勝つ 山崎5安打
 プロ野球のファームは24日、ソフトバンク―中日戦(小郡)が雨天中止。イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。
 日本ハム―ヤクルト戦(鎌ケ谷)は4時間4分の超乱打戦の末にヤクルトが17―13で勝利。ヤクルトが山崎5安打、比屋根とバレンティンが4安打など21安打、日本ハムが岡の5安打など15安打で、両チーム合わせて36安打30得点、本塁打は計8発が飛び交った。ヤクルトは9投手の継投となり、8回の1イニングを抑えた小川が1勝目。日本ハム2番手・斎藤は3回1/3を7安打、バレンティンと大村に一発を浴びて8失点(自責7)だった。[ 6/24(土) 18:53配信 スポニチアネックス ]

ファームは野手がカツカツの人数ながら大躍進。バレンティンも夏休み貰って完全にリフレッシュできたよう。小川も復帰。

そして驚きの新外国人獲得の動き。
リベロ内野手を獲得へ=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトが今季米大リーグのダイヤモンドバックス傘下3Aでプレーした、ベネズエラ出身のカルロス・リベロ内野手(29)の獲得を目指していることが24日、明らかになった。小川シニアディレクターは「契約までの最終段階」と現状を説明した。
 リベロは昨季3Aで打率2割7分7厘、19本塁打、72打点の成績。球団は打力だけではなく、内外野をこなせる守備力も高く評価している。[ 6/24(土) 13:22配信 時事通信 ]

野手3,投手4の大所帯となるが現場はどう運用するのやらか。ただ内野を守れる野手という点で来季も見据えた編成であることも確か。

■NEXT GAME
 ヤクルト(石川)―横浜DeNA(今永)12回戦 神宮 13:00
 ・天気が心配
 ・石川:中6日と間隔は空けての登板なので信じましょう!
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:15 | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

[東京ヤクルト 8x-7 横浜DeNA

B 000 140 002 0 7
S 001 004 020 1x8
ブキャナン5,ギルメット1,H近藤1,Hルーキ1,秋吉1,久古0/3,○石山(1-3)1−井野

▼データ
 ・今季5度目のサヨナラ勝利
 ・武内:2009年6月8日日本ハム戦(神宮)以来自身3本目サヨナラ打
 ・井野:楽天時代2010年以来の打点
 ・坂口:今季5度目の猛打賞
 ・上田:2016年3月31日以来の猛打賞
 ・石山:今季初勝利

◆ポイント
 ・3回表0死一三塁一走桑原牽制死梶谷捕ゴ
 ・3回表2死一三塁筒香三ゴ(藤井好捕)
 ・6回裏0死満塁井野遊ゴ間1点代打大松捕ゴ間1点
 ・6回裏2死二塁上田右2
 ・8回表0死一塁宮崎遊併(この回から一塁に入った武内好捕)
 ・9回表1死三塁梶谷二ゴ(山田前進守備井野コリジョンブロック)
 ・10回表0死一塁代走関根牽制死

This is ヤクルトスタイル!!まさに全員野球で掴み取った勝利!!

ポイントを挙げればキリが無いし,どれを欠いても今日の勝利は無かったと思う。

交流戦明け初戦を託されたブキャ様。中6日6/30甲子園→中5日7/6ナゴヤドーム→中5日7/12東京ドームとオールスターまで4試合を投げてもらうという逆算ローテの証。
しかしそのブキャ様が筒香に3ランを浴び,5回を終えて1-5。ちょっと前までなら絶望的な点差だったはず。

でも今は違う!!

6回裏0死満塁。ちょっと前まで精神的に追い込まれていた状況。しかし井野大松と転がして最低限×2。アウトを1つずつ献上しても1つずつホームを踏む。これがじわじわと効いた。
そして上田のタイムリーで一気に追いついたというのも試合展開を考えても大きかった。仮に1点でもリードされていれば,7回以降の継投もDeNAも勝ちパターン継投となっていたはず。パットンは体調不良という後日談が出たが

ギルメット−近藤−ルーキの無失点リレー。1番から始まる打順を3者凡退に仕留めた近藤。筒香から始まる打順を結果3人で斬ったルーキ。
筒香に代走関根という勝負に出たラミレス采配。それを見事に断ち切った牽制の石山。

井野さんは一塁に出塁したら必ず還ってくる。そして延長10回裏0死一塁でキッチリと初球で決めた犠打。サヨナラタイムリーを放った同級生武内に駆け寄って抱き着いたシーンも印象的だった。

グリーンはブキャナンに声掛けで連携。牽制死を呼び込み,退いてからギルメットルーキブキャナンを携えて例の儀式。
山田は同点に追いつかれた9回表1死三塁の場面で前進守備からホームへストライク返球。勝ち越しを防ぐ好守備。これが無ければ山崎康が出てきたのだから。
藤井の忍者守備が光った3回裏2死三塁。筒香の当たりを横っ飛び。序盤のピンチを救った。
大引は6回裏0死一塁からヒットでつなぎ,ビックイニングを呼び込んだ。

坂口は3安打猛打賞。先制打に1点差に迫るタイムリー二塁打。延長10回裏一塁空いた状況で塁を埋める選択を迷わせた。
上田はあわやサイクルの猛打賞。ヒーローにこそなりそこねたが影のヒーローであることは誰もが認めるところ。バレが帰ってきてもレギュラーは渡さない。そんなメッセージを感じた。

そしてヒーロー武内。8回表の守備から一塁の守備固めで起用され,目立たないがショートバウンドの送球を処理して併殺を完成させ,8回裏は2死無走者からの安打が上田の勝ち越しタイムリーを呼び込んだ。そしてサヨナラの場面は2球で簡単に追い込まれてからの粘り。

9回表1死二三塁で外野前進守備指令。残り2イニングで山本哲と中澤しか残されていないブルペンをも救った。就任以来2度目となる真中監督自らマウンドへ行きながらリリーフ失敗という首脳陣の数多のミスをも救った。
選手としては確かにパッとしないかもしれないが,高校・大学と日本一を経験し選手会長も務めた男。20年後30年後。燕の野球伝道師として,小川SDあるいは杉村コーチのように欠かせない存在となっているはず。未来への見聞LOGとしてこれは声を大にして主張したい。

そして高卒ルーキーながら一軍体験となった古賀。廣岡,由規,増渕,川端,高井と名だたるメンバーに並んだ。これで次世代捕手として山川を一気に抜きさった感。川上−田川−児山−山川と4年連続高卒1人指名はやはり失敗だったのかと感じずもいられない。

■NEXT GAME
 ヤクルト(原樹理)−横浜DeNA(石田)11回戦 神宮 14:00
 ・今日の勢いを活かしたいCREW DAY
 ・樹理が苦手としているDeNA戦。でも菊地涌井則本と戦ったことで一回り成長した樹理ならやってくれるはず!!
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:48 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

[東京ヤクルト 3-6 北海道日本ハム

F 000 202 200 6
S 000 000 003 3
●石川(4-7)52/3,近藤1/3,ギルメット2/3,久古0/3,石山11/3,ルーキ1―井野,星野

▼データ
 ・交流戦5勝12敗1分
 ・交流戦12位(5年ぶり2度目)
 ・対北海道日本ハム戦通算24勝26敗1分
 ・星野:プロ初出場

◆ポイント
 ・4回表2死二三塁レアード左安

雨の中での交流戦最終戦。2度の中断。まさか最後まで試合を行えるとは思いもしませんでした・・
企画とか全国中継とか大人の事情も絡んだのかなあ…なんて邪推も。
DSC05721.JPG

この天候もあって,大きな意味をもった先制点。
結果論になるが4回表2死二三塁でレアードと正直に勝負する必要があったのだろうか。次の市川と天秤にかけても良かったのではないかという後悔が。

ただ37歳にして中4日登板の石川。前半3イニングはパーフェクトだった。予め70球と決められていたのだろう。
結果的に負け投手。交流戦4敗と結果が伴わないが,責められまい。。

自分が見ていると必ず打たれるギルメット。最終回追い上げただけにこの2失点も響いた。

9回裏に入るまで準ノーヒットノーランだった打線。
有原の立ち上がり1死一三塁のチャンス(山田の死球は凄い音がした)。内角投げ込めないのではないかという思惑があったが攻めきれず,そのまま完封ペース。
それでも最後まで帰らなかったファンに魅せ場を作ってくれた。

つば九郎DAY2017〜父の日〜
DSC05720.JPG
大べてらんお父さんつば九郎
DSC05716.JPG

今日のひとことはアドリブで。
DSC05722.JPG
つばくろうはけっこんしません!!
以上。

DSC05724.JPG
ローソンDAYということでローソン一日店鳥のでか焼鳥販売目標の報告も。

あるばいとのめんせつにたまたまうかった
じばらで100はかった!
売上達成ということで,でか焼鳥と黄金チキンそれぞれ28本が贈呈されさらに。

なんかたりない
もっともっと

ということでスワクルチャレンジにて,QUOカード500円分が100名様にプレゼントされる太っ腹企画となりました。ただこの雨でせっかくの当選通知も試合終了を待たずに帰った人も多かったのでは?

最後はちゃとかり
かんきんするなよ!

スタメン
DSC05742.JPG
F坂口G上田C山田H雄平BグリーンE大引D藤井A井野@石川

10連敗スタートに始まり,自力優勝消滅,7年連続負け越し,最下位フィニッシュと(今年も)散々だった交流戦。
バレンティン・中村・西田が戦線離脱。山田は再び死球を受けた。ローテーションは火の車で最終的には中4日&中5日でかろうじて回した。

グリーンが来日初出場。中尾・星野がプロ初出場。
廣岡・井野に今季初安打。久古が今季初登板。石川2500投球回など節目の記録も生まれた。

6/18現在順位表
チーム勝利敗北勝率得点失点本塁盗塁打率防御率
1広島41251.621-3472527053.2753.336
2阪神37270.5783.02632224334.2442.904
3DeNA31322.4928.52632834920.2503.923
4巨人29360.44611.52132493936.2433.533
5中日28363.43812.02172754842.2463.722
6ヤクルト25391.39115.02242713725.2393.839

交流戦前だった首位とのゲーム差は8.5→15.0。それでもクライマックス圏内の3位までは6.5差。まだ半分以上残されている。

山田筆頭に満身創痍の野手陣。4日間じっくり休んで。多少の入れ替えもあることでしょう。

戦利品
DSC05780.JPG
 ・つば九郎3Dフィギュア(お父さんVer)
 ・つば九郎DAY2017ピンバッジ
 ・ホームベース型「オリジナル応援ボード」

■NEXT GAME
 ヤクルト(ブキャナン?)―DeNA(石田?)10回戦 神宮 18:00
 ・リーグ戦再開
 ・開幕3連戦以来の神宮DeNA戦
 ・ブキャさま中心に回したいよね。。
東京 ☔ | Comment(0) | SWALLOWS | at 21:20 | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

[東京ヤクルト 5-0 北海道日本ハム

F 000 000 000 0
S 003 100 10X 5
○ブキャナン(4-4)9−井野
山田8号B(メンドーサ)大引4号@(メンドーサ)

▼データ
 ・今季2度目4連勝
 ・2カード連続勝ち越し
 ・対日本ハム戦7年ぶり3度目勝ち越し
 ・ブキャナン:来日初完投,初完封勝利(外国人では2012年8月9日ロマン以来)

◆ポイント
 ・3回裏2死一二塁山田左本
14976976259310.jpg
14976976040784.jpg

今季両リーグ最短2時間07分の省エネゲーム。
VERY GOOD LOCAL とちぎpresents 東京ヤクルトスワローズ vs 北海道日本ハム
14976976137097.jpg

試合前はびさひさにステージイベントに登場つばさま。

とちぎしゅっしんのやくるとすわろーずのせんしゅとえば
なるせくんいいはらくんと〜
どらふとかいぎでやらかしたことは〜
ですがそのかんとくの
げんえきじだいのせばんごうはいまだれがつけていますか?
14976975909720.jpg
きょうもかってれんしょうしましょう

24ねんめの大大べてらん。今日のひとこと行きます。
14976976258989.jpg

くりさんしろいしさんよしいさんおしもとくんたかいち〜きださん
きのうはありがとうです
さすがわかっていらっしゃる。ところざわのつじさんばばさんはしがみさんのところは
まったくくうきをよまない
きょうもよろしくで〜す
きょうはAKBのそうせんきょです。
すぎやく〜ん。すぎやく〜ん。
よんだだけです。
きょうあすはきたのだいちからBBがきています。
こんなBBはいやだ。
しゃうえっせんよりあるとばいえるんがすきだ。
すすきのよりかぶきちょうにしゅつぼつしたい。
じゅんほたるよりもかんちりかにあこがれる
じんぎすかんよりじょじょえんだ!

試合前のアップの時間には場内LUNA SEAやBOOWYの音楽が流れており,ご機嫌でつばマイク
14976975910741.jpg

5回のインターバルにはBBに悪事を企てるなど今日もえみふるになれました。
14976975911012.jpg

スタメン
14976976137558.jpg
F坂口G上田C山田H雄平BグリーンE大引D藤井A井野@ブキャナン

今季観戦7試合目となりますが,ローテーションは小川→オーレンドルフ→山中→石川→館山→星→ブキャナンと見事なまでに一巡してくれました。

安定感抜群のブキャ様。前半3回までノーヒットピッチ。

3回裏2死から坂口上田の連打で一二塁とし,山田の3ランでもう十分過ぎる程の援護に感じるほどでした。
4回裏大引のソロで中押し。7回裏には0死満塁から山田の最低限の犠飛でダメ押し。

8回で101球。ブルペンは開店休業状態で,9回もマウンドへ。

今年観戦成績は1勝4敗1分ですが,1勝は延長の末鵜久森のサヨナラ満塁本塁打。そして引き分けの試合も9裏に追いついてのものだったため,いわゆる9回表をリードした状態で迎えたのは今年初。
ということでひさひざの。
LAST3
14976976041115.jpg

LAST2(ピンぼけ)
14976976136866.jpg

LAST1
14976976259611.jpg

WIN!
14976976354082.jpg
完封のブキャ様はマスクを被った井野さんと熱いハグで捕手を労う紳士っぷり。

ヒーローは完封のブキャナン様と4打点山田様。
14976976354704.jpg

でも影のヒーローは井野と藤井でしょうね。
井野さんは巨人時代の2013年9月21日以来となるスタメンマスク。初めて組んだブキャナンを巧みに操った。初回から中田翔に3球勝負を挑むなど,ブキャ様のテンポリズムを引き出した。

藤井は再三の好手。横っ飛びのライナー併殺あり,バット避けあり,お手玉も落ち着いて捌きもあり。
坂口も当然のプレーながらバレならどうだったかというシーンは今日も。

打ち勝てないなら,守り勝つ。そんなチームそのものの転換を感じずにはいられない連勝となっています。

最終スコア
14976976354413.jpg

■NEXT GAME
14976976040463.jpg
ヤクルト(石川)‐日本ハム(有原)最終戦 神宮 13:00
 ・石川中4日という鬼畜ローテ
 ・しかし明後日から4日間試合が無いので中継ぎ総動員は承知の上
 ・由規から始まった連勝×日曜日。前回を払拭しなきゃ!
 ・つば九郎プレゼンツ父の日イベントも楽しみ☆
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:04 | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

[東京ヤクルト 8-5 北海道日本ハム

F 010 110 020 5
S 010 020 05x 8
星5,Hギルメット1,H近藤1,○ルーキ(2-4)1,S秋吉(9)1−西田,井野
藤井2号@(高梨)グリーン2号A(高梨)荒木4号B(公文)

▼データ
 ・今季3度目3連勝
 ・荒木:自身初代打本塁打
 ・井野:楽天時代の2011年4月以来自身6年ぶり,移籍初安打

◆ポイント
 ・5回裏2死一塁星の代打グリーン中本
 ・8回裏2死二塁上田三塁レアード強襲内野安打,山田四球

リードした時間は僅か20分あまり。それでも勝てるんです!
先制され追いついて。引き離されて追いついて。勝ち越されて三度追いついて。最後は荒木の一振りで決めた!

ルーキーが2週連続で中5日と早速蟹工船状態の台所。今日は試合途中で捕手が井野に代わるというアクシデントも重なった。
4回表2死二塁,5回表2死二塁。いずれも2死からの失点はあわや本塁打という大きな当たりだった。それでもいずれのイニングも最少失点で留めた=それ以上の失点を与えなかったことで,自身に負けがつかなかった。

早めに勝負に出た真中監督。5回2死一塁で星の打席。ここで切り札とも言えるグリーンというカードを切った采配。ベンチには武内,荒木,廣岡,谷内,三輪,鵜久森とおり,まだ中盤でしかも2死一塁という状況を考えれば廣岡あるいは武内あたりでも良かったはず。ここでグリーンを起用し,そのグリーンが一発で試合を振り出しに戻してくれた。

西田の負傷交代で重苦しいムードを一気に変えてくれた本当に価値のある一発。今日の高梨の出来を考えても,ここで仕留めていなければそのままズルズルと行っていたような気がする。

星を受けた中継ぎ陣はギルギル近藤と1イニングずつピシャリ。同点のまま8回のルーキ。
先頭足の速い西川を出し早速盗塁まで決められ0死二塁のピンチ。それでも投球動作含め冷静だったと思う。中田をフォークで空振り三振。レアードは伊藤コーチ直々に捕手を座らせての敬遠指示。代打の切り札田中賢介には10球粘られたが,一番安心なインフィールドフライで2死一二塁。
そして代打矢野謙次。西川の三盗にせよ,2−2からのボール判定にせよ紙一重だった。フルカウントからの一球はレフトへ。中継プレーも間一髪逸れて致命的な2点。連敗中なら重くのしかかっていたことだろう。

でもベンチの雰囲気も明らかに違った。それはグリーンが醸し出してくれたもの。登板を終えたギルギル&ルーキとのトリオでベンチ最前で声や張り,さらには不思議な儀式でチームを鼓舞。そして自分の事以上に喜んでくれていた。
じゃあ果たしてバレンティンがベンチでこういう雰囲気を作れているかといったらそれはそれで疑問符も。

そして連敗中は俺が俺がと重荷を背負っていた打線も,上田が山田が後ろへ後ろへつなぐという気持ちで雄平まで回し,最後は大松の代打荒木が決めて見せた。
脇役が主ヤクへ。これがヤクルトスタイル。昨年の8月に見た下町スワローズ。そんな雰囲気になっていてすごく輝いて見える!!

緊急マスクとなった井野さん。楽天−巨人と渡り歩いて12年目。べてらんの味が光った。そして井野さんの1本のヒットから逆転劇が生まれたのだから!自身7年ぶりの一軍安打。井野さんが”煌めく瞬間”だった♪
ただ素人目に気になったのは捕球体勢での左手の置き方。癖なのか膝プロテクターの上に手を添えている。かつて古田はそこに直接ファールチップを受けて骨折したことがある。素手が剥き出しの状態で打球が当たったらと思うとぞっとする。

■NEXT GAME
 ヤクルト(ブキャナン)−日本ハム(メンドーサ)2回戦 神宮 14:00
 ・ブキャ様中4日→中5日で交流戦4試合目の先発
 ・西田の状態は(どうしても昨年の慎吾を想起させる打球の当たり方に見えて仕方ない。。)
 ・今季1勝4敗1分勝率.200の現地見聞LOGです!
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:52 | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

[東京ヤクルト 6-2 東北楽天

E 000 100 001 2
S 000 013 20x 6
○原樹理(2-3)9−西田

▼データ
 ・原樹理:プロ初完投勝利
 ・7カードぶり勝ち越し
 ・対東北楽天戦7年ぶり4度目の勝ち越し
 ・対東北楽天戦通算28勝24敗1分
 ・雄平:今季4試合目の1試合4安打

◆ポイント
 ・2回表2死無走者島内左飛
 ・2回裏0死一塁グリーン三振併殺
 ・4回表2死無走者銀次左飛
 ・5回裏0死一塁グリーン則本暴投雄平三進
 ・6回裏2死一三塁坂口二盗
 ・6回裏2死満塁雄平三邪が風に乗ってファールに直後中安

昨日の見聞LOGのラストを今一度。
案外こういうところで空気読まないのがヤクルトちゃんだと思ってますんで!
ヤっぱりね!言霊大事!!則本の9試合連続10桁奪三振の世界記録を阻止したスワローズ!!

楽天の則本、敗戦悔やむ=プロ野球
 プロ野球記録の連続2桁奪三振が8試合で止まった楽天の則本は「記録はいつか途切れる。それよりもチームを勝たせられなかったことが悔しい」と唇をかんだ。
 序盤は150キロ台の直球と落差のあるフォークで順調だったが、五回にフォークがワンバウンドして嶋捕手ののど付近に当たり、足立に代わってリズムが狂った。スクイズで追い付かれ、六回には球が真ん中に集まって3点を勝ち越された。
 7回7安打、8奪三振で6失点。4月12日以来の2敗目を喫し、連勝も7でストップした。[ 6/15(木) 21:46配信 時事通信 ]


そして2017年の交流戦は菊池雄星→涌井→則本というパ・リーグ各チームのエースとの投げ合いとなった原樹理。投げながら成長し,遂に自己最長の8回の壁をも乗り越え,プロ初完投勝利!!手放しに勝利を喜びましょう!!

ポイントは3つ。

@坂口の守備
2回表は島内の打球をフェンス際ジャンプ一番キャッチ。4回表はウィーラーに一発を浴び1点先制された直後島内の打球をスライディングキャッチ。いずれもファインプレー。
たらればになるが,これがもしバレンティンであればおそらくいずれも二塁打となっていたことだろう。となれば樹理の球数だって,バッテリーの攻めだって,打順の巡りだって変わってくる。バレの光と影の面を考えさせられたプレーが2つ。

A真中監督の仕掛け
伏線は2回裏。0死一塁からグリーンの打席でエンドランを掛けたが結果は最悪の三振併殺。しかしこれで消極的になることはなかった。
5回裏1死三塁で大引の打席。初球を平然と見送った直後のスクイズが見事なまでに決まった。

6回裏0死一塁。原樹理には犠打のサイン。しかし失敗で1死一塁。
次の坂口にヒットが出たため送っていればという展開。1死一三塁で上田。セーフティスクイズ要求も決められず。結果何も生まれないサードフライで2死一三塁。
山田の打席で一走坂口を走らせた。一塁が空いたことで山田への攻めも変わった気がする。

7回裏0死一塁でも西田の打席でエンドランを仕掛けていたため藤井は二塁に進めた。そこからダメ押しの2得点。

坂口,上田,山田,雄平,藤井というメンバーで足を絡める野球を展開できるようになった。個人任せの野球から何か変わった印象すら受けた。

Bグリーン

何かを起こすグリーン笑。打席で2つ。ネクストで1つ。魔空間が今日は3つ。いずれも得点に絡んだ。則本にとって嶋が変わったというのもリズムを大きく変えたのだから・・。
そしてお役御免で代走武内を起用し,早速守備で樹理を救う(7回表1死ウィーラー三ゴ)という循環の良さ。

■NEXT GAME
 ヤクルト(星)−日本ハム(高梨)1回戦 神宮 18:00
 ・交流戦最終カード
 ・由規樹理の投球は星にも刺激になったはず!
 ・若手先発陣の流れに続けーーーー!!
東京 ☀ | Comment(2) | SWALLOWS | at 22:40 | 更新情報をチェックする