2022年07月01日

"東京ヤクルト 4-6 横浜DeNA

B 120 110 001 6
S 012 010 000 4
●高梨(5-4)5,大西2,今野1,市川1−内山壮
オスナ9号@(今永)

▼データ
 ・市川:プロ初登板

◆ポイント
 ・4回表1死二塁ソト左安
 ・8回裏0死一二塁オスナ遊飛

4連勝でストップ。今日のマジック点灯はお預け。4月1日,6月1日そして7月1日と月初はいずれも黒星スタート(5月1日は雨天中止)という傾向も。

前夜延長12回を戦った広島から当日移動ゲーム。
前回完封から中7日高梨は,初回に佐野にソロ本塁打。2回にソトに2ラン本塁打を浴びるが,2回裏オスナがソロ本塁打返し。3回裏は2死一塁から山崎がライトフェンス直撃タイムリー三塁打と山田のタイムリーで同点に。神宮生ビール半額ナイター&DeNA戦ということで乱打戦の様相を呈していたが・・・

今日は取ったあとすぐ取られた高梨。その意味で流れを掴めなかった。4回表1死二塁からソトに勝ち越しタイムリー。5回表も1死二塁から大田泰示にタイムリーと,結局5回5失点で5回裏に打順が回りKO。
5回裏1死二三塁山崎はセンターへ微妙な飛球。それでも長岡激走で1点差に詰め寄り後半へ。

昨日はコールが2イニング。木澤・マクガフ・清水・田口それぞれ1イニングということで,無理をさせない継投。昨日投げていない大西と今野で3イニング賄い,1点差のまま9回表はプロ初登板となる高卒5年目市川悠太に託すという割り切った大胆な采配。

先頭の宮崎に二塁打。さらにはワイルドピッチ。そして四球と緊張からか制球定まらなかったが,プロ初アウトは代走神里を牽制で刺してのアウト。1死三塁から記録野選で1点は失ったが,嶺井を6−4−3併殺で1イニングを投げ切った。

8回裏2死二三塁という場面で壮真が三振に倒れたためビハインドでの登板だったが,ここでもし同点に追いついていたら誰を投入する予定だったのだろうか。
いわばお試し一軍公示。5月には寺島と鈴木裕太が昇格し,最初の試合でベンチに入ったが結局出番無いまま抹消となっていた。野手では交流戦の並木もそうだった。一方で先週の小澤,今日の市川と早速登板登板機会が巡ってくる。こればかりは試合展開に大きく左右されるわけだが,プロにはこういう星の巡りがあるわけで・・

2位巨人は3位広島に敗れたためゲーム差は変わらず。この広島さん。交流戦挟んでヤクルト以外のセ・リーグ相手にこれで1分挟んで9連勝(その間ヤクルトに6連敗)。明日もカープが勝利すれば巨人の勝率が.500となり,セ界の貯金を独占することになりますがさて。

マジック点灯条件は変わらず。明日ヤクルトが勝てばマジック「53」点灯です。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(サイスニード)ー横浜DeNA(濱口)11回戦 神宮 18:00
 ・6週間ぶりの土曜日ナイター
 【メモ】実況今湊アナ[1-1-0 .500]×高木解説員[2-0-0 1.00]
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:30 | 更新情報をチェックする

2022年06月30日

"東京ヤクルト 4-2 広島

S 001 000 000 102 4
C 000 001 000 100 2
石川6,木澤1,コール2,マクガフ1,○清水(4-1)1,S田口(1)1−内山壮
長岡5号@(アンダーソン)

▼データ
 ・貯金27 ※今世紀初
 ・月間19勝 ※2002年8月以来球団最多タイ
 ・月間貯金15(球団新)
 ・対広島戦引き分け挟んで9連勝
 ・マツダスタジアム負けなし6勝1分
 ・2位とのゲーム差最大12.5
 ・石川:3000投球回(史上28人目)(球団では金田正一,松岡弘に次ぎ3人目)
 ・ビジター30勝8敗1分 勝率.789
 ・西日本20勝5敗1分 勝率.800
 ・両リーグ最速50勝到達(1997年以来球団史上2度目)(74試合目での50勝は1995年の80試合を,6月30日での到達は1995年の7月22日をいずれも更新し球団史上最速)(6月での50勝到達は2003年阪神(6月29日)2005年ソフトバンク(6月25日)に次ぎ両リーグ3球団目)


◆ポイント
 ・10回表1死二三塁山田三ゴ(挟殺プレー川端三塁につかず塩見に優先権を与えようとする)
 ・12回表2死一二塁丸山和中2(丸山和村上の帰塁を確認し速度を緩める)

球団タイ月間19勝締めでマジック点灯に王手!

今日のポイントは走塁における意識の高さか。
3回表長岡の5号ソロで先制。6回表先頭石川の四球から1死満塁の好機を築くも村上坂口が連続三振に倒れ追加点ならず。三塁に釘づけだった石川。6回裏先頭に一発浴びて振り出しに。続く代打中村健にも二塁打。犠打で1死三塁とされたが,中村奨・菊池涼と打ち取り勝ち越しは許さず。

そのまま延長へ。
10回表。先頭代打川端が死球。塩見の打席でエンドラン決まって0死一三塁。山崎ファーストゴロ。これはスタート切れず1死一二塁。山田サードゴロ。ここで川端は完全に挟まれたが,川端は三塁ベースを踏まず自ら犠牲になる形を築いた。優先権は三走川端にあり,仮に三塁ベースに戻ると,二走塩見がアウトになるのがルール。走力を考えても塩見が残る方がベターなだけにこういう選択を出来るのだから強み。
ここで相手にミス。挟殺間に二塁を狙った山田を刺しに會澤翼がセカンド送球もこれが逸れ,あっという間に塩見が本塁生還。これが三走・川端だったらこうは行かなかった。

こうなればマクガフ。しかし先頭を出した日のマクガフというのは黄信号。自らの犠打悪送球で0死一二塁と傷口拡げ,犠打で1死二三塁。申告敬遠で満塁とし代打松山。3−0とボール先行からフルカウントまでもってきたが,ライト前に運ばれ再び同点。なお1死満塁だったが,上本を3−2−4の併殺。これがストッパー。追いつかれても勝ち越しは許さない。

そして最終回。
先頭塩見の痛烈な三塁への打球を矢野が捕球出来ず出塁。山崎送って1死二塁とするも山田が倒れ2死二塁。こうなれば当然村上申告敬遠で丸山和勝負。右中間破ってまず塩見生還。さらに村上も生還する訳だが,ここも走塁の妙。
一塁から長期ホームイン狙った村上。三塁を狙った丸山和。走力的には上回る丸山和。カットに入った菊池涼は三塁を選択していた。おそらくそのまま三塁滑り込めばタイミング的にアウト。村上の生還前に憤死していれば得点は認められない。丸山和は明らかにスライディングの前に村上の動きを確認し,走塁を緩めたように見えた。この瞬時の判断が野球センス。失礼だけど同じように走力ありながら打撃に課題のある並木や渡邉だったら猪突猛進三塁狙ってアウト。生還認められずということもあり得たのではないかと。

12回裏は2連投中の梅野・大西。今日昇格市川。昨日投げた今野を避け田口くん。リード2点にも守られ,3人で締め自身2年ぶりプロ通算3つ目のセーブをマーク!!!

村上は第4打席まで4打席連続三振。1試合4三振は2019年8月23日阪神戦(神宮),2021年11月1日広島戦(神宮)と並ぶ自己ワーストタイ記録。それでも勝つのだから,やはり野球は個人競技ではなく団体競技。

6月終えての順位表
順位チーム名試合勝利敗戦引分勝率勝差得点失点本塁盗塁打率防御率失策
1ヤクルト7450231.685-3382539052.2562.9934
2巨人7840380.51312.53123328537.2483.8349
3広島7635383.4792.52822883713.2563.4743
4DeNA7032380.4571.52482945325.2503.7637
5阪神7734412.4530.52622365160.2392.8642
6中日7331420.4252.02162923824.2483.8436

6月19勝4敗勝率.826。月間19勝は2002年8月以来で球団タイ記録だが,この月は19勝5敗2分だったため,月間勝ち越し「15」は球団新。その時歴史は動いた−それはまさに現在進行形なんです!

【改訂版】6月日付別に直近に勝利した年


7月版


■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高梨)ー横浜DeNA(今永)10回戦 神宮 18:00
 ・明日勝てば無条件で優勝へのマジックナンバーが点灯。巨人が広島に勝てば54,負ければ53。引き分けと負けの場合はマジック点灯無し
 【メモ】実況酒主アナ[1-4-0 .200]×五十嵐解説員[2-3-0 .400]そんな大事な試合で主催試合では唯一借金を背負っている酒主アナ担当試合
広島 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:49 | 更新情報をチェックする

2022年06月29日

"東京ヤクルト 9-2 広島

S 000 200 124 9
C 000 000 101 2
○原(6-3)6,H梅野1,今野1,大西1−中村
山田15号@(遠藤)村上28号A(菊池保)29号A(松本)

▼データ
 ・13カード連続勝ち越し(球団新)
 ・貯金26(1997年閉幕以来今世紀初)
 ・対広島戦引き分け挟んで8連勝
 ・マツダスタジアム負けなし5勝1分
 ・広島自力優勝可能性消滅
 ・2位とのゲーム差最大12.0

◆ポイント
 ・4回表0死一三塁中村中犠
 ・6回裏2死一二塁マクブルーム遊直

先発全員16安打9得点で快勝。13カード連続勝ち越しを決め,25年ぶりの貯金26。球団記録の月間19勝にリーチ!

終わってみれば圧勝だが,6回まではどちらに転んでも決しておかしくなかった。試合を分けたのは中継ぎの差といえばそれまで。

攻撃陣は実にそつがなかった。
先制こそ山田のソロ本塁打だったが,2点目は村上ヒット&盗塁坂口ヒットで0死一三塁から中村がキッチリ犠飛。3点目はヒット犠打で1死二塁として外野が前進したところで代打濱田がそこを深々と破るプロ初三塁打。

堅い守備陣。
初回2死一塁から菊池涼の盗塁を阻止した中村。2回裏1死一塁上本,3回裏0死一塁中村健いずれも併殺。4回裏0死一塁羽月の左中間落ちそうな飛球を塩見が追いつき,宇草の盗塁を今日2つめ盗塁阻止したムーチョ。6回裏2死一二塁マクブルームの強烈なレフト方向へのライナー打球をショート長岡がダイビングキャッチ。

樹理が唯一意地をみせたのは5回裏2死一二塁中村健を3球三振に斬ったシーンのみ。それでも6回92球7安打2奪三振無失点で6勝目。これで自己最多勝利数に肩を並べた。

8回以降はもう試合にならず。村上の3試合連発28号2ラン&2打席連発29号2ラン。月間14本塁打月間35打点ともう手が付けられない状態。

DeNAの勝利により6月中のマジック点灯可能性は消滅したが,7月1日からはDeNAと直接対決ということで,1965年南海の7月6日,2003年阪神の7月8日を上回る史上最速記録の可能性はかなり高まってきたかと!

■NEXT GAME
 広島(アンダーソン)ー東京ヤクルト(石川)12回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・2002年8月以来球団記録の月間19勝なるか
 ・明日はセ・リーグ2試合のみ=ズームアップ確定
 ・今季負けなしビジターBS1中継日宮本慎也解説員
広島 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:15 | 更新情報をチェックする

2022年06月28日

"東京ヤクルト 6-3 広島

S 000 004 110 6
C 000 300 000 3
○小川(5-3)5,H大西1,H梅野1,清水2/3,H田口1/3,Sマクガフ(23)1−中村
村上 27号B(床田)オスナ8号@(松本)

▼データ
 ・2001年9月2-4日以来貯金25
 ・対広島戦引き分け挟んで7連勝
 ・マツダスタジアム負けなし4勝1分
 ・村上:月間12本塁打(自身最多)
 ・マクガフ:10試合連続セーブ(自身最多)(00・03年高津臣吾,15年バーネットの12試合,06年高津臣吾の10試合に並び球団史上3人目)

◆ポイント
 ・4回表0死二塁村上申告敬遠
 ・6回表0死小川→代打宮本
 ・6回表1死一三塁村上左本

5回まで防御率2.44の床田の前に1安打。ビハインドは3点。数字上だともう厳しいはずなのに,なんとも鮮やかな逆転劇。1点でもリードを奪えばあとは盤石の投手陣。そして一切手を緩めない打撃陣。実に21年ぶり今世紀2度目となる貯金25という領域に突入しました。。2020年の借金が28。2017年の借金が51ですからどれほど凄いかよくわかりません

小川は立ち上がりからヒット死球と不安定。4回裏四球とヒットで0死一二塁。上本の打球を山崎が捕球出来ず先制点を献上。さらに1死二三塁から會澤翼にタイムリー二塁打。5回裏も2死無走者から連打でピンチを招いていた。
5回86球。6連戦頭の火曜日。来週火曜日は高橋奎二ということで中7日以上が確定している。総合的に判断してもう少し投げさせるのかどうするのかと思われた6回表先頭打者の打席。津監督は代打宮本を起用。ここから一気に試合が動いたのだから策士。

3回まで床田の前にノーヒット。4回1死から山崎がショートへの内野安打でノーノー阻止するのがやっとだった。その宮本が倒れ1死から塩見がエンタイトル二塁打。山崎四球で一二塁。山田がライト前。塩見が俊足飛ばして生還。山崎も三塁へ。
この一三塁で村上を迎えたというのも振り返ってみると肝だったかも。その前の村上の打席は4回表2死二塁で申告敬遠されていた。もうこうなると山田ももはや不用意に盗塁できないなぁと(苦笑)。初球のストレートをレフトスタンドへ。2試合連続の3ランで試合を決めた。

代打を送られた小川に勝ちの権利が転がり込んだというのも野球。先週のバンテリンは9回1失点でも勝利投手になれなかったのに,5回3失点で勝ちがつくのだから。

守備でのミスを取り返す山崎のタイムリーで中押し。広島大好きオスナさん。マツダスタジアムでは18打数11安打打率.389。

継投は6回大西ー7回梅野ー8回清水。今日のワンポイントさんは清水が招いた2死一二塁打者野間という場面。9回裏は左の宇草からということでイニング跨ぎも想定されたが,方程式通りマクガフ。マクガフも月間9セーブ目で自身のもつ月間10セーブ記録まであと1つに。

DeNAが勝利したため,6月中のマジック点灯はヤクルト○○or○△or△△かつDeNA●●の場合のみとなった。シーズン折り返しの72試合目で48勝23敗1分。後半もこのペースで勝ち続けてようやく96勝45敗2分ですからね。色んな意味で偉大だったなと。。

■NEXT GAME
 広島(遠藤)ー東京ヤクルト(原)11回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・明日勝てば広島の自力優勝可能性消滅&13カード連続勝ち越し&今世紀初の貯金26となりますがさて
広島 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:40 | 更新情報をチェックする

2022年06月26日

"東京ヤクルト 11-10 巨人

G 302 002 102 10
S 106 000 13x 11
スアレス20/3,小澤4,今野2/3,田口1/3,○清水(3-1)1,Sマクガフ(22)1−中村
長岡4号B(今村)村上26号B(平内)

▼データ
 ・11球団連続カード勝ち越し(プロ野球史上初)
 ・12カード連続カード勝ち越し(球団新)
 ・小澤:プロ初打席
 ・6月日曜日負けなし4連勝

◆ポイント     
 ・1回裏0死塩見(一邪を増田陸見失い捕球出来ず)四球
 ・3回表0死満塁吉川尚三直戸郷(スクイズ失敗)三振
 ・6回表小澤4イニング目
 ・8回裏0死一塁山崎投犠(平内悪送球)

最高気温36.2度。灼熱の神宮3連戦最終日今季LASTデーゲーム。両軍合わせて本塁打17本。67得点(ヤクルト32ー巨人35)の死闘を制して史上初となる全11球団連続勝ち越し!

今日も電光石火の先制攻撃から。先頭の増田陸のなんでもない小飛球。スアレスが中途半端に捕ろうとしたせいで接触をさけた村上が落球。ここから丸ヒット。ウォーカーヒットで増田陸生還。ここまでわずか4球。時間にして2分。
さらに岡本和もヒットで0死満塁。坂本犠飛で2点目。ポランコタイムリーでもう1点。それでも4点目は与えなかった。

その裏ヤクルトも同じような攻撃。先頭塩見はなんでもないファールフライ。しかしこれを一塁増田陸が見失い結果ファールで命拾いして四球で出塁。山崎進塁打。山田捕邪。本来ならばこれで3アウトだったはず。村上四球で2死一二塁から青木がタイムリー。まず1点返せた。

9番から始まる2回表は三者凡退で,尻上がりに立ち直ることに定評あるスアレスかと思われたが,2回裏1死一塁自らの犠打は最悪の併殺でチェンジ。そしてマウンドに上がった3回表先頭ウォーカーに二塁打。岡本和・坂本に連続四球で0死満塁からポランコ・大城に連続タイムリー。これで来日最短20/3回でKO。初体験の日本の酷暑デーゲームということで大目に見なければならない面もあろうが,正直白ける内容でしかなかった・・それでも何故か負けがつかないのがスアレスの七不思議だけは健在だった。

2番手に今日支配下登録即一軍登録の小澤にいきなり出番は0死満塁という過酷な状況。
小沢と支配下契約 プロ野球ヤクルト
 ヤクルトは26日、育成選手の小沢怜史投手(24)と支配下契約を結んだと発表した。背番号は70。静岡・日大三島高から2016年にドラフト2位でソフトバンクに入団した右腕。昨年にヤクルトの育成選手となった。[ 6/26(日) 14:25配信 時事通信 ]

70
 □石岡康三(1986-1992)→○清水千曲(1993-1995)→○上原茂行(1997-2007)→26河端龍(2008)→○デラクルス(2010)→34八木亮祐(2011-2016)→△近藤一樹(2016-2018)→○スアレス(2019)→71河田雄祐(2020)→014小澤怜史(2022-)

背番号「70」のユニホームは間に合わず「014」のユニフォームのまま登板。一軍登板はソフトバンク時代の2017年8月25日のロッテ戦以来1766日ぶり。最初の打者吉川尚をサードライナー。1死満塁で戸郷の3球目。スクイズ失敗を誘い出して三走坂本走塁死。これで2アウト。さらに2ストライクと追い込んで次の球でキッチリ三振。#小澤の10球で流れを引き寄せた。

3回裏先頭塩見ヒット。山崎進塁打。山田タイムリーでまず1点。レフトウォーカー転倒の間に二塁に進み村上の進塁打で三塁へ。2死三塁青木2打席連続タイムリーとなる二塁打。これで2点差。中村四球。オスナ深めに守っていたセンター丸の前にポトリと落ちて青木生還。これで1点差となり中4日の戸郷を75球でKO。
2番手今村への代わり端。長岡がライトスタンドへ4号3ラン。これで一挙に逆転。打者一巡で小澤にも打順が回った。これで小澤をもう2イニングという計算が立った。

4回表そして5回表と見事に抑え,6回表もマウンドへ。戸田で灼熱のマウンドには慣れているとはいえ,実質4イニング目はファームでも未経験だったか。なんでも無いような代打中田翔の本塁打。2死から丸にも本塁打。これで振り出しに。
6回から梅野という継投も考えられなくは無かったのだろうが,結果的に延長に備え3人の投手を残しておくという津監督の考えが正解だった。

3番手今野。今日もボール先行の苦しいピッチング。2死一二塁というピンチを招き,左の吉川尚を迎えた所で切り札田口くんへのスイッチ。原監督も代打に右の中島起用。2球で追い込んだが,3球目をセンター前に運ばれ7−8と勝ち越し点を許す。ここも継投代えの効かない左の大城の所でのスイッチという策も無しではなかったはず。一歩遅れた継投。尚2死一二塁で中田翔。それでもここを断って最少失点で食い止めてくれる切り札。

7回裏1死から青木が今日猛打賞となるヒットで出塁。代走に丸山和。中村悠平手首付近ヒヤッとする死球で一二塁。オスナライナー性の飛球をポランコ捕球出来ず1死満塁。長岡4−6−3併殺崩れ間に丸山和生還しまたまた同点。打の切り札川端起用も中田翔の好捕に遭い勝ち越しならず。

8回表は清水が久々登板ながらピシャリ。8回裏平内が先頭塩見にストレートの四球。山崎の犠打。平内二塁悪送球で一二塁。山田一ゴでセカンドフォースアウト。1死一三塁で村上を迎える。これがセカンドフォースアウトでなく,一塁アウトに行ったら(一塁空いて)村上との勝負は避けられたのか。このあたりも野球の深さ。あとはもう打った瞬間美しい軌道の放物線だった。

3点あれば十分かと思われたが,マクガフも2死一二塁から代打重信にタイムリー二塁打でまたまた1点差。それでも守護神たるものは何点とられようとリードを保てばそれで良し。冷静に締めて史上初11球団連続カード勝ち越しを決めた。同時に巨人の自力優勝可能性も消滅。巨人軍80年の歴史の中でこれまでの2003年6月27日よりも1日早く球団史上最速での自力優勝消滅となったとか。
これで阪神,中日,巨人と3球団の自力優勝可能性が消滅。残すは広島・DeNAとなり,広島に連勝し,DeNAの結果次第ではこれまたプロ野球史上最速となる6月29日にマジック点灯可能性。

決めたのは村上だけれど,塩見は5打席全打席出塁。山崎5タコもキッチリ進塁打。一塁を空けなかった山田。青木の2打点はいずれも失点直後の打点。チームを鼓舞してくれた。中村死球の影響ないとよいが。オスナ4安打固め打ち。長岡の一発。宮本の初球犠打。丸山和の走塁における際立つ打球判断。小澤田口清水マクガフ。一人相撲のスアレス以外全員野球で掴めた勝利。灼熱のデーゲームの疲労は想像を絶するはず。そしてまた広島に移動と本当に選手って過酷ですね。。

日曜日4連勝。試合前きょうのひとこと
Eたいとるほるだーから3れんたん。E→@CIKLNでしょうぶします
と宣言のつば九郎。春のG1最終安田記念は,田口くんがマウンドにあがると同時の出走。当然野球優先。で結果は・・1着Eタイトルホルダー2着Iヒシイグアス。ここまで完璧に的中!3着にNディープボンドをハナ差でFデアリングタクトがかわして見事ハズレ〜!ということでつば九郎ジンクスも無事継続。次のG1は10月2日スプリンターズSまでお預け。10月16日秋華賞・10月23日菊花賞・10月30日天皇賞とポストシーズンのカギを握るこちらも要注目!

■NEXT GAME
 広島(床田)ー東京ヤクルト(小川)10回戦 マツダスタジアム
 ・折り返しとなる72試合目
 ・ホーム・ビジター2周りして,火曜日から第3クール突入
 ・7勝1敗1分とカモにしつつある広島戦
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:59 | 更新情報をチェックする

2022年06月25日

"東京ヤクルト 5-19 巨人

G 411 015 304 19
S 000 202 011 5
●サイスニード(4-2)5,坂本2,木澤2−内山壮
青木3号A(シューメーカー)オスナ7号@(戸根)

▼データ
 ・4月16日以来土曜日黒星
 ・対巨人戦1試合6被本塁打(1984年7月4日の8本,1986年7月1日・1991年9月3日の6本に次いで31年ぶり4度目)

◆ポイント
 ・1回表0死一塁丸二安(山田グラブに当てるも)
 ・1回表2死二塁ポランコ三失

やはり球界の盟主巨人軍。自力優勝の可能性が消滅する一戦でタダでは終わらない。まさに「東京リベンジャー」された。昨日のお返しとばかりに初回に4点先制。6発19安打19得点の猛攻に遭い完敗。。

原監督の打順組み換えも的中。1番増田陸本塁打含む猛打賞。2番丸,3番ウォーカーに本塁打。4番岡本和は4安打4打点。6番ポランコ2発含む猛打賞4打点。7番大城2打点。

裏を返せば投壊。
まだ6月季節外れの酷暑。アラスカ出身サイスニードは昨年戸田で猛暑を経験しているはずだが,オリンピックブレイク期間であったこともあり,いわゆる一軍の実戦マウンドは来日初の経験。
その立ち上がり。2番丸の打球はセカンドへのハーフフライ。山田がグラブに当てたが捕球出来ず一二塁に。このプレーが明暗分けたか。ウォーカーピッチャーゴロで二三塁となり岡本にタイムリー。坂本は三振も,ポランコのバットに当たっただけのボテボテゴロを村上悪送球。チェンジと思った打球をエラーで気持ちもキレた部分もあったか。暴投で二三塁となり大城にタイムリーで初回4点。
もし山田が捕球していれば,岡本のヒットでも一三塁で坂本三振でチェンジだった計算になるし,何より初回から守りの時間が長くなってしまったから・・。
それでも2回以降はソロ本塁打による失点のみで最低限の5回までは投げ切るという役割は果たしてくれた。

高橋奎二を次回東京ドームでの初戦を託すべく抹消し,坂本を登録し,大西をベンチ外。この運用がある意味正解だった。
5点ビハインドの6回に登板。いきなり2本塁打浴びて,打者一巡の猛攻。イニング跨いで7回は岡本和に打点を,湯浅にプロ初本塁打をそれぞれ献上。2回を59球6安打3四球8失点。ブルペンの消費を最小限にすべくいわば騙し投げはもはや止む無しでしょう。

木澤を2イニング行かざるを得なくなり,その2イニング目につかまる悪循環。壮真にとってもフルイニング出場して自己ワーストの19失点と,初の壁にぶち当たったか。

それでも明日勝てば12カード勝ち越し&巨人自力優勝可能性消滅という状況には変わりない。

「立ち上がりのところはバッテリーだけじゃなくて色々反省するところはあると思いました。ゲームトータルしても反省の多いゲームだったんじゃないですかね」「今日の反省をまずしたい。考えることがたくさんあるので。まず今日のおさらいをしっかりして明日に臨まないといけないですね」とは津監督。気持ちの緩みを今一度引き締めて東京ダービーに決着をつけてくれるに違いない。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(スアレス)ー巨人(戸郷)12回戦 神宮 13:00
 ・今季最後の神宮デーゲーム
 ・火曜から中4日戸郷の影響や如何に
 ・3週間ぶりG1安田記念も
 【メモ】実況田淵アナ[2-3-0 .400]×斎藤雅解説員[昨季2-3-0 .400]
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 20:29 | 更新情報をチェックする

2022年06月24日

"東京ヤクルト 16-6 巨人

G 001 001 112 6
S 403 004 41x 16
○高橋(6-1)6,木澤1,コール1,大西1−中村,嶋
中村1号B(菅野)2号A(菅野)村上24号A(桜井)25号A(戸田)長岡3号@(鍵谷)

▼データ
 ・今季最多貯金24
 ・2位とのゲーム差今季最大11.0
 ・今季最多16得点
 ・昨年4/7-25日以来神宮8連勝
 ・村上:332試合連続先発四番出場(球団新記録)
 ・35試合連続連敗なし確定(球団新記録)

◆ポイント
 ・1回裏0死一塁山崎一安(塩見三進)
 ・1回裏2死一二塁中村左本
 ・3回裏2死一塁中村左本

先発野手全員の19安打。今季最多16得点の猛攻で巨人に圧勝。明日勝てば阪神・中日に続き巨人の自力優勝可能性を消滅させられます!

中村悠平は自身初2打席連続本塁打含む4安打5打点。背番号27の本塁打は2005年7月19日巨人戦(神宮)以来実に17年ぶりの出来事だった。村上は2試合連続24号25号で5打点荒稼ぎ。夏の山田も猛打賞3打点。

先発は菅野だった。初回先頭塩見がセンター前。山崎の打球は高く弾んで一塁中田翔グラブに当てるも捕球できず。それを逃さず塩見は一気に三塁へ。隙の無い走塁。1死一三塁で村上の二ゴロ。セカンド吉川尚は4−6−3を選択するも併殺崩れで早速先制。なお2死一塁で坂口がライト前。一二塁で中村悠平が初球をレフトスタンドへ今季1号ソロ。昨日に続いて今日も初回に4点先制。

あとは1点取られたら何倍にもして取り返すツバメ返し打線。

3回裏。先頭山崎二塁打からまず山田がタイムリー。その山田を置いて中村が2打席連発2号2ランで7−1。
6回裏。1死一塁から暴投間に塩見が一気三塁を陥れ,山田がレフトへ痛烈なタイムリー。村上2試合連発となる24号2ラン。坂口四球,中村4打席連続安打,川端タイムリー二塁打でこの回4点。
止まらないヤクルト打1000。7回裏も岡本和のエラーから,塩見タイムリー二塁打,山田タイムリー,村上2打席連発25号2ランでこの回も4点。8回裏は長岡に神宮初本塁打が飛び出し,計16点。
巨人投手陣が16失点したのは2009年5月19日日本ハム戦以来13年ぶりとのこと。この年の日本ハム優勝してますね。

ただ最終回岡本和に20号2ランを浴び3打点を献上してしまったことが明日以降にどう響くか・・
強い南風。明日明後日は関東内陸では最高気温37℃予報。気温の上昇とともに投手陣にへばりが来る頃。それに合わせたかのように打線が活発に。神宮で打てないスワローズももはや過去の話に。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(サイスニード)ー巨人(シューメーカー)11回戦 神宮 14:00
 ・プロ野球史上初直近全11球団カード連続勝ち越しにリーチ
 ・9連勝中の土曜日
 ・今季5戦5勝神宮デーゲーム
 【メモ】実況竹下アナ[2-0-0 1.00]×大矢解説員[1-1-0 .500]フジテレビローカルで地上波と副音声もあるようなので音声はスタジオからの臨場感無きオフチューブ放送か
東京 ☁ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:40 | 更新情報をチェックする