2019年05月21日

{東京ヤクルト 2-3 阪神

S 010 000 100 2
T 100 200 00x 3
●原(2-4)6,ハフ1,マクガフ1−中村
村上12号@(能見)

▼データ
 ・6連敗
 ・借金1
 ・2018年5月24日以来甲子園での黒星

◆ポイント
 ・2回表1死一三塁中村遊併
 ・4回裏1死二塁梅野左2(三塁ベース直撃)
 ・8回表1死一三塁山田三振雄平三振

6連敗で借金1。Bクラス転落・・

先発原は6回3失点。先発投手がQSをクリアしたのは5月7日阪神戦(神宮)の原以来10試合ぶり。しかし攻撃陣が1点及ばず。
ツキにも見放された。4回裏1死二塁。梅野はサードゴロかと思われたがベースを直撃し,村上の遥か頭上を越え転々。。これがいわゆる勝ち越し点。
さらに1死二塁からマルテにかすった死球を与え一二塁。木浪のライト前への打球。雄平の肩を考えれば制止してもおかしくないような打球だったが,雄平の捕球姿勢に一瞬隙があったことを三塁藤本敦士ベースコーチが見逃さなかった。
たらればになるがサードベース直撃が無ければ2死満塁で投手に回ったという局面。

攻撃陣は20イニングスタイムリー無し。
青柳対策でE太田G青木C山田H雄平D村上F坂口B川端A中村@原と青柳が苦手のバレを外し,左を6人並べた。
前回は太田のセーフティから一気に攻略に成功したが,今日も先頭太田がショートへの内野安打で出。揺さぶるチャンスだったが,続く青木が併殺で結局3人でチェンジ。

2回表は雄平村上の連打。坂口に犠打指示で1死二三塁。川端のファーストゴロをマルテが本塁送球。三走雄平と捕手梅野が交錯する形になったがこれは不可抗力でコリジョン適用外。なお1死一三塁で中村。今度はショートゴロ。ショート木浪が難しいバウンド捌いて6−4−3の併殺を選択。このあたりも落ち着いているというか,焦ってホームにでも投げてくれれば,仮にフォースアウトでも主砲原まで回った。

4回表も1死一塁から坂口が併殺。8回表は足も絡めてジョンソンの前に1死一三塁の好機を築くも3番4番が連続三振。最終回も1死一塁でとっておきの代打バレがバットを完全に折られた併殺でゲームセット。すなわち本日4併殺。

西浦抹消から6連敗。特に脇役で居なくなってその存在の大きさに気づく選手っているんですよね。。

■NEXT GAME
 阪神(岩田)−東京ヤクルト(高橋)11回戦 甲子園 18:00
 ・何を起爆剤とすればよいのやら。。
兵庫 ☁ | Comment(1) | SWALLOWS | at 21:59 | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

【閲覧注意】Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY” 【ネタバレアリ】

"Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸" はチケットを取ってもらえなかった(他人行儀)ため,"Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 "以来2年ぶり自身15回目となるMr.Children LIVE!

もちろん令和初となる東京ドーム。GIANTS PRIDE 2019( *`ω´)
DSC02738.JPG
所用でここ2年続けて何故か交流戦時期にヤクルト関係なくドームで野球観てましたが←,コンサートでのドームは"MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012"以来5年ぶり3回目。この時は恒例の燕市の田植えを放棄して来たんでしたっけね笑
DSC02744.JPG
DSC02740.JPG

まさに「平成」から「令和」へ歴史を跨ぐ形の今回のドームツアー。
4.20 - 4.21
福岡 福岡ヤフオク!ドーム
5.2
北海道 札幌ドーム
5.11 - 5.12
大阪 京セラドーム大阪
5.19 - 5.20
東京 東京ドーム
11公演中6公演目。東京で7公演終わり,

5.25 - 5.26
愛知 ナゴヤドーム
6.1 - 6.2
沖縄 沖縄コンベンションセンター 展示棟(追加公演)
と3公演残されていますので,以下はネタバレを嫌う方ご遠慮ください。



ネタバレ承知の上続きを読む
東京 ☁ | Comment(0) | Mr.Children | at 23:59 | 更新情報をチェックする

{東京ヤクルト 0-7 横浜DeNA

B 000 410 002 7
S 000 000 000 0
●高梨(4-3)5,風張12/3,中尾11/3,屋宜1−井野,西田

▼データ
 ・5連敗
 ・同一カード3連敗
 ・4月4日以来勝率.500

◆ポイント
 ・6〜8回表は無失点

コンサート終わって速報開いた時点で0-3でした。あとはお察しください。
最下位DeNAに同一カード3連敗,とうとう貯金を使い果たした。

濱口の前に2回から7回までパーフェクト。最終回8イニングぶりとなる西田のヒットから連続四球で1死満塁を作るも,結局2安打123球完封負け。

先発のあとを受け,連投となった中尾風張がそれぞれ2試合連続無失点と,中継ぎ崩壊に歯止めをかけた感がするのがせめてもの救いか。
2年ぶり一軍登板となった杉さまとの交換トレードの屋宜。その流れを継いで欲しかったが…

例年陥る5月病の時期なのか・・・。一週間勝ちなく終わったWEEK。。

■NEXT GAME
 阪神(青柳)−東京ヤクルト(原)10回戦 18:00 甲子園
 ・4廻り目突入
 ・今季初甲子園
東京 ☀ | Comment(1) | SWALLOWS | at 21:22 | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

{東京ヤクルト 6-11 横浜DeNA

B 102 030 500 11
S 000 300 300 6
●石川(1-2)41/3,五十嵐2/3,大下2,中尾1,風張1−中村
村上11号B(上茶谷)バレンティン9号A(エスコバー)

▼データ
 ・今季初4連敗

◆ポイント
 ・5回表1死一塁神里左安
 ・7回表2死満塁大和左安
 ・7回裏0死一二塁山田遊併

マツダショックから立ち直れない…。今季初の4連敗。上茶谷大河にプロ初安打&初勝利を献上。

SWALLOWS CREW DAY第2弾
DSC02667.JPG

25ねんめのだいだいべてらん
DSC02602.JPG
DSC02617.JPG
DSC02611.JPG
DSC02643.JPG

ゆにどーむすがたのつば九郎今日のひとこと
DSC02663.JPG
きょうとあすはくる〜で〜です。
ふだんははだかのつばくろうもゆにふぉーむきてます。
が。ずぼんはありません。ふしんしゃではありません!!
ぐらんどにへんなやつがいると110ばんはやめてください。
あおきくんがあと『3』で1500あんだです。
いまのちょうしだと、きょうあすにはきまりでしょうね。
ちなみにつばくろうよそう。あおきくん1500はれふとまえひっとに3000てん
DSC02678.JPG

スタメン
DSC02684.JPG
B坂口G青木C山田哲HバレンティンH雄平D村上A中村E太田@石川

石川の立ち上がり不運な打球からの失点。3回表は3−2からの一球がボールと判定されその直後にソトに被弾。それでも4回裏村上の本塁打で追いついた。
その直後5回表。正直紙一重の打球に見えた。1死から上茶谷大河のプロ初安打。これはまぁご愛嬌。そのあとの神里の打球。ショートの守備位置があと数歩左にずれていれば完全な併殺コースでチェンジ。無事5回を投げ切ったはず。それが三遊間を破り一二塁となり,五十嵐へのスイッチ。
五十嵐は連投。昨日が最終回(9回)で今日は5回とあまりにも極端すぎるというか・・。勝ち運に期待した部分もあったが,バレの頭を越され,クッション処理は足で蹴ってしまうという守備のマイナス側面もあった。

先発が長いイニングもたないが故,中継ぎへのしわ寄せ。さらに踏ん張りも効かなくなっている。
結果論になるが跨ぎの大下の7回表の5失点が無ければ,少なくとも石川五十嵐の自責分は追いつけた計算となる。大下はロングリリーフが出来るピッチャーだけに歯がゆい。

山田哲さんと雄平の打撃。気になる。。

最終スコア
DSC02721.JPG

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(高梨)―横浜DeNA(濱口)9回戦 神宮 18:00
DSC02709.JPG
 ・最下位DeNA相手に本拠地で同一カード3連敗は許されない
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:30 | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

{東京ヤクルト 3-4 横浜DeNA

B 003 100 000 4
S 000 100 200 3
●小川(1-5)7,ハフ1,五十嵐1−中村,井野
青木6号@(今永)

▼データ
 ・3連敗
 ・3位転落
 ・青木:NPB通算100号本塁打
青木が100本塁打=プロ野球・ヤクルト
 ヤクルトの青木宣親外野手は17日、DeNA7回戦(神宮)の四回に今永から6号ソロを放ち、通算100本塁打を達成した。プロ野球292人目。初本塁打は2005年4月6日の中日2回戦(神宮)で一回に落合から。米大リーグでは12〜17年にブルワーズなどで33本塁打を記録している。[ 5/17(金) 19:59配信 時事通信 ]


◆ポイント
 ・3回表2死二塁神里右2(雄平見失う)
 ・4回裏0死一二塁雄平三併
 ・7回裏2死満塁雄平三ゴ
飲み会で観られませんでした…
雄平DAYだったか…。坂口&バレ復帰。開幕と同じ金曜日で開幕メンバー9人中ショート太田を除く8名がスタメンに名を連ねた。グッチは公式戦神宮初出場。

リーグ防御率トップの今永との対戦。3回表。2死二塁神里の飛球。薄暮の神宮で打球を見失ってしまった雄平。ここからの3失点。今永相手にこの3点は大きいかと思われた。

それでも4回裏青木のNPB通算150号本塁打で1点返し,さらに7回裏。
1死から中村の三塁線を破る二塁打。小川の代打荒木のセンター前安打で1死一三塁。復帰の坂口はセカンドへの併殺コースのゴロも,守備固めに入った柴田がセカンド悪送球で中村生還。尚1死一三塁。青木がショートへの内野安打で1点差。これで今永をKO。

山田を迎えパットンにスイッチ。山田が四球で1死満塁。しかしバレがセカンドフライ。雄平がサードへのゴロ。リクエスト要求も判定通りで追いつけず。

最終回も山崎の前に2死一三塁。一打出れば逆転サヨナラの場面で雄平を迎えるも投ゴでゲームセット。今日5タコの雄平。薄暮で打球を見失っただけに汚名返上のプレッシャーが余計重く圧し掛かってしまったか・・。

最下位DeNAに3勝4敗と負け越し。混セを抜け出すには中日DeNAにいかに勝ち越すかが鍵となりなねないだけに,これ以上取りこぼせない。

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(石川)−横浜DeNA(上茶谷)8回戦 神宮 18:00
 ・令和初神宮現地観戦となります。昭和時代に1試合だけ観戦しているので3つの年号に跨っての神宮球場。これまた感慨深いものに。
東京 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 23:59 | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

{東京ヤクルト 7-9x 広島

S 201 001 300 0 7
C 010 010 014 2x9
スアレス1,H大下1,Hマクガフ3,Hハフ1,近藤1,五十嵐1,梅野1,●中尾1/3−中村

▼データ
 ・首位から1.0差に4チーム

◆ポイント
 ・9回裏1死一二塁三失

スアレス初回降板というアクシデントがありながらもブルペン陣がつないで,最終回4点差で守護神梅野につなぐも・・・
エラーから傷口が拡がり球場の雰囲気と究極に狭くなるストライクゾーン。石山も通った道。これも経験。

今日は投手陣。頼みのスアレスが立ち上がり0死一三塁のピンチを招くも無失点で立ち上がり,さぁという時に降板。。2回表1死一塁の打席で何かアクシデントがあったとしか思えない。

ほぼ準備も無くマウンドに上がった大下。ピッチャーに打たれてしまったが,2死満塁で菊池を打ち取って最少失点で乗り切った。
3回裏からマクガフ。そのマクガフが3イニングを投げてくれたことで,あとは近藤ハフ五十嵐梅野の4人で4イニングという計算が立った。6回裏はハフ。15球で3者凡退とリズムを作り,7回表のダメ押し点につながった。7回裏は近藤。

8回裏は亮太。先頭鈴木誠也にソロで1点こそ失ったが,2死一二塁で松山をピッチャーライナーに打ち取り梅野へ。もうベンチとしても策は打ち尽くした。

梅野で追いつかれ残された投手は中尾と風張のみ。延長に突入した時点で結末はある程度覚悟していた。。

本日の7得点を振り返ると
 ・1回表1死二三塁雄平右安
 ・1回表1死一三塁村上遊ゴ間
 ・3回表1死三塁雄平左犠
 ・6回表0死一二塁村上二失
 ・7回表0死満塁山田三ゴ間
 ・7回表1死二三塁雄平遊ゴ間
 ・7回表2死三塁村上遊安
いわゆる綺麗なタイムリーは初回の雄平のみ。
内野ゴロ間の得点が3つ。0死二塁の走者を外野フライ2つで還した得点が1つ。完全な併殺コースを名手菊池がトンネルによる得点が1つ。石井琢コーチの教えは浸透している。

両軍に言えることだが,エラーが点に結びついた。気分が悪いので寝ます( *`ω´)

■NEXT GAME
 東京ヤクルト(小川)−横浜DeNA(今永)7回戦 神宮 18:00
 ・今季最も安定している感のある今永
 ・小川どう修正してきたか
 ・坂口バレ復帰でリスタートと行きたい!

広島 ☁ | Comment(1) | SWALLOWS | at 22:36 | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

{東京ヤクルト 4-9 広島

S 002 200 000 4
C 102 040 11x 9
●原(2-3)42/3,ハフ1/3,大下11/3,中尾2/3,風張1−中村,松本直

▼データ
 ・マツダスタジアム初黒星

◆ポイント
 ・2回表2死一塁中村四球
 ・5回裏2死一三塁鈴木三失

やはり先月のカープとは大違い( *`ω´)最大7.0差離したカープととうとう1.0差に( *`ω´)

青木山田が復帰。E太田F青木C山田H雄平D村上B川端G山崎A中村@原。開幕スタメンメンバーは2人→5人となった。

球審吉本が投手を苦しめた。
2回表2死一塁から中村。3−2からの一球をボールの判定。ヤクルト的には打順調整で原まで回ると喜べたが,これがゾーンの始まりでもあった。ある意味これで集中力を切らした野村。3回2/3でのKOに成功した。
ただ3回表1死満塁川端二併,4回表2死満塁村上三振ともうひと押し出来なかったのも事実。

FRIDAY報道後初の登板となった樹理もまたピリッとせず。
毎回走者を出し,逆転してもらった直後バティに被弾し逆転を許し,最逆転してもらって勝利投手の権利まであと1死というところから,暴投と四球で一三塁。鈴木のサードゴロを村上が失策。

6回表先頭で打順が回る原にベンチは非情の交代を告げるも,ハフはどこか準備不足だったか?!最初の打者西川にストレートの四球で満塁としてしまうと,會澤にも連続四球で押し出し。さらに安部は追い込んでからタイムリーでもう2点。

エラーが無ければという展開ではあるが,いわゆる勝ちパターンとそうでない投手の差が大きいだけに,ビハインド試合で踏みとどまれなくなっている現状も浮き彫りに。
連戦の初戦で先発野手全員安打を献上。これが明日どう出るか分からないのも野球ではあるが。

そんな中で復帰後最終回5点ビハインドの状況で安打を放ち猛打賞をマークした青木はプロフェショナルだと思います。

■NEXT GAME
 広島(大瀬良)−東京ヤクルト(スアレス)8回戦 マツダスタジアム 18:00
 ・入団以来ヤクルト戦負けなし10勝0敗の大瀬良との対戦
 ・2連戦だけに連敗しなければOKと捉えスアさまに託す
広島 ☀ | Comment(0) | SWALLOWS | at 22:00 | 更新情報をチェックする